CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

三上公也の朝は恋人

  • 2022年4月19日(火) 03時57分 神戸

    就航した新造船「フェリーたかちほ」の船内レポート!

    神戸と宮崎を結ぶ宮崎カーフェリーの新造船「フェリーたかちほ」(14,006総トン)がこのほど就航。船内をぐるっと見てきました。

    船の全長は194m、全幅27.6m。車両積載台数はトラック163台、乗用車81台、旅客定員は576人。

    これまでの「みやざきエキスプレス」より船体がひとまわり大きくなりトラックの積載台数も増えましたが旅客定員は減りました。ただその分個室の数を増やすなど多様なニーズに応える客室が増えました。供用スペースも充実させています。
    航路は大阪湾から紀伊水道、四国沖を通って宮崎港を結ぶルート。

    3階エントランス

    ビューラウンジ

    船内は一般客ゾーンとドライバーゾーンに分かれています。
    3階客室の「プレミアムトリプル」(4階にはプレミアムツインもあります)

    ドライバーシングル室

    昔の大部屋にあたる「ツーリスト」。定員15人で2室あります。

    ペットを連れて過ごせる「ウイズペットルーム」(4人部屋)

    2人部屋もあります

    部屋にはケージが置かれています。

    ペットルームも完備

    キッズスペース

    ゲームコーナー。スロットマシンもありました。

    レストラン

    冷蔵コインロッカーもありました。

    土産に要冷蔵ものを買っても安心です。

    テーブルに大きめの卵形したものがありました。固定されていて手すり代わりになるもののようです。

    屋上デッキ

    煙突にはトンビの絵が描かれています。このマークは宮崎カーフェリーの前身である日本カーフェリー時代のデザインを復刻したものだそう。

    1階・2階はトラックスペース

    トラックの積載台数は前船の「みやざきエキスプレス」より3割ほど増えました。

    乗用車は地下1階・2階の前方にスペースが設けられています。

    船の移動時間も楽しみながらの旅。楽しみたくなりました。

    運行情報や予約、乗船料金など詳しくは宮崎カーフェリーの公式サイトをご覧ください。