CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

三上公也の朝は恋人

  • 2022年12月4日(日) 04時37分 関西

    小寄公園で「なつかしの神戸市電展」開かれる

    神戸市東灘区にある小寄(こより)公園で「なつかしの神戸市電展」が開かれました。小寄公園は以前は「本山交通公園」と呼ばれ、神戸市が運営する施設として自動車教習所のような練習コースがありました。2009年にはグラウンドやランニングコースが整備され災害時の緊急避難場所にもなっています。この公園には神戸市電の車両が設置されていて市電を囲んでの撮影会が行われました。

    神戸市電愛好会のメンバーが企画し、この車両を管理する神戸市建設局に許可を取って初めて開催。

    収集された車両部品や備品、当時の広告看板なども展示されていました。

    この車両は1150形1155号車で、神戸市電最後の形式車両として当時の姿のまま保存されている貴重な車両です。

    この車両の製造年月が1956年(昭和31年)10月。私と同い年!(2ヶ月お兄ちゃん)

    系統番号を「2」に

    そして「臨時」に

    1
    系統は板宿から兵庫区の浜側通って神戸駅を経由し兵庫区の山側から板宿に向かう周回路線だったのですね。

    水族館前行に

    車内に立ち入ることは出来ませんが窓越しに許可を得て内部撮影

    シートなどは外されボロボロの状態

    外装は神戸市によって塗り直しされ綺麗になっているので次は内部の補修・再生を是非お願いしたいですね。
    神戸市電車両は神戸市営地下鉄名谷車両基地に保存されているほか、兵庫区の御崎公園に保存されています。
    なお小寄公園内には蒸気機関車もあるんですよ。そのブログ記事はこちら
    そして神戸市電車両2両が今も広島市内を走っています。
    その様子のブログ記事①はこちら
    ブログ記事②はこちら