CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

三上公也の朝は恋人

番組内容

懐かしの名曲を中心に三上公也アナウンサーのセレクトで、月曜日から木曜日の朝のひとときを音楽で彩ります。
また、エンタメ、スポーツ、ライフスタイルなど、一日の始まりに入れておきたい情報もお伝えします。

  • 2022年12月8日(木) 03時52分 関西

    嵯峨野トロッコ列車と保津川下り日帰り旅へ②

    トロッコ列車を降りた後は湯の花温泉で食事と入浴を楽しみ、その後いよいよ保津川下りへ。

    定員30人の船に24人が乗船

    そこへ船頭が乗船。前2人、後ろ1人の3人一組で船をコントロール

    丹波国亀岡から嵯峨嵐山までの保津川の渓谷美を楽しむ全長約16kmのコースを下っていきます。

    水流が穏やかなところもあれば荒々しい場面も

    トロッコ列車が走ってきました

    今度は船から手を振って挨拶

    川には色々な鳥が生息しています。

    マガモや合鴨をはじめサギなど船に慣れた水鳥たちがいます。

    渓流にはいくつかの形状の違う橋が架かっています。

    亀岡から折り返してきたトロッコ列車


    船頭さんが400年もの間、竿で同じ所を突く場所があるそう。見事にその岩の穴を捉えて拍手を浴びていました。

    この日は水量が少なく時間にして1時間50分の乗船。水流が多いときには乗船時間が1時間以内の時もあるそうです。


    JR保津峡駅に普通列車が停車

    保津川橋りょうそして清滝トンネル。1899年(明治32年)に完成。元々は私鉄「京都鉄道」の路線。その後買収され国鉄山陰線の路線でしたが、新路線が敷かれ旧路線はトロッコ列車の観光路線になっています。

    木々は葉を落とし紅葉シーズンは終わろうとしています。

    それでも一部の木々はまだ葉を残し最後の紅葉が楽しめました。

    最後のJR橋りょうの下を通過

    オットセイ岩

    桂川の嵐山近くの木々はまだ色づいたまま

    到着直前に売店の船が近づいてきました。

    しばし併走しおでんやいか焼き、甘酒などを販売
    小腹が空いたのでみらたし団子を購入(3本400円)
    食べ終えた頃に嵐山の船着き場に到着

    2時間弱の川下りを終えた船

    船はこのあとどこに行くのか

    渡月橋には多くの若い人の姿がありました。

    橋を渡った先でこんな光景を見ました。川を下った船をクレーンで持ち上げているではありませんか!

    そしてトラックに積まれて運ばれていきました。

    なるほどこうして船は川下りを繰り返しているのですね。
    保津川下りの乗船料金は4,100円。秋の紅葉シーズンをはじめ春の花見のシーズンは多くの人で賑わうそうですが、船頭さんの話では木々の葉の新芽が出そろうゴールデンウィーク明け頃がオススメとのこと。観光客も一段落した頃なので落ち着いて川下りが楽しめるそう。冬場の暖房船での雪景色の川下りも風情があるそうですよ。
    詳しくは公式サイトをご覧ください。

  • 2022年12月6日(火) 03時35分 関西

    嵯峨野トロッコ列車と保津川下り日帰り旅へ①

    紅葉のピークは過ぎていましたが渓谷美を楽しもうと京都の保津峡へ。トロッコ列車と川下りを楽しみました。

    嵯峨野トロッコ列車の嵯峨駅改札口

    山陰本線の旧線を活用した観光列車で、トロッコ嵯峨駅からトロッコ嵐山駅、トロッコ保津峡駅、そしてトロッコ亀岡駅までの7.3キロメートルを23分で結んでいます。乗車料金は乗車区間にかかわらず大人片道880円(こども440円)

    5両編成のトロッコ列車を牽引するDE10形ディーゼル機関車

    降車が済み次第乗車

    5号車は窓の無い開放的な「リッチ号」。より自然を満喫できそう。

    この日は満席。私が乗ったのは隣の通常の4号車でした。

    トロッコ保津峡駅には多くの狸がお出迎え。この時期はサンタ仕様に。

    紅葉の見頃は過ぎていましたが渓谷美を楽しめました。

    所々色づいた木々が残っていました。

    眼下に保津川下りの船が見えました。手を振って挨拶!

    2018年9月の台風21号の影響で山の斜面が崩れた場所


    川下りするボート

    水流の穏やかな場所ではカヌーも

    まだ葉を落としていない木々もわずかにありました。

    終点のトロッコ亀岡駅に到着

    このあとは湯の花温泉で昼食と入浴後に保津川下りを楽しみます。
    つづきは後日。

  • 2022年12月5日(月) 04時05分 関西

    今年も「神鉄クリスマス列車」走行中!

    神戸電鉄で今年も12月1日から「クリスマス列車」が走り出しました。

    運転席にいるマスコットキャラクターのしんちゃんもサンタ姿に!

    後ろ姿

    先頭車両にはヘッドマークが掲げられています。

    車内の窓はデザインシールで装飾

    しんちゃん&てつくんのデザインシールも

    そして車内には沿線の幼稚園や保育園などに通う子供たちが書いたサンタクロースへの願い事やメッセージが書かれたポスターが掲示されています。

    立体的なこんなデザインポスターも

    今月25日まで走ります。

    「クリスマス列車」のダイヤは神戸電鉄の公式サイトに掲載されています。

  • 2022年12月4日(日) 04時37分 関西

    小寄公園で「なつかしの神戸市電展」開かれる

    神戸市東灘区にある小寄(こより)公園で「なつかしの神戸市電展」が開かれました。小寄公園は以前は「本山交通公園」と呼ばれ、神戸市が運営する施設として自動車教習所のような練習コースがありました。2009年にはグラウンドやランニングコースが整備され災害時の緊急避難場所にもなっています。この公園には神戸市電の車両が設置されていて市電を囲んでの撮影会が行われました。

    神戸市電愛好会のメンバーが企画し、この車両を管理する神戸市建設局に許可を取って初めて開催。

    収集された車両部品や備品、当時の広告看板なども展示されていました。

    この車両は1150形1155号車で、神戸市電最後の形式車両として当時の姿のまま保存されている貴重な車両です。

    この車両の製造年月が1956年(昭和31年)10月。私と同い年!(2ヶ月お兄ちゃん)

    系統番号を「2」に

    そして「臨時」に

    1
    系統は板宿から兵庫区の浜側通って神戸駅を経由し兵庫区の山側から板宿に向かう周回路線だったのですね。

    水族館前行に

    車内に立ち入ることは出来ませんが窓越しに許可を得て内部撮影

    シートなどは外されボロボロの状態

    外装は神戸市によって塗り直しされ綺麗になっているので次は内部の補修・再生を是非お願いしたいですね。
    神戸市電車両は神戸市営地下鉄名谷車両基地に保存されているほか、兵庫区の御崎公園に保存されています。
    なお小寄公園内には蒸気機関車もあるんですよ。そのブログ記事はこちら
    そして神戸市電車両2両が今も広島市内を走っています。
    その様子のブログ記事①はこちら
    ブログ記事②はこちら