CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!

番組内容

おバカなコーナー盛りだくさん!
ラジオの天才!バンバンが繰り広げるショータイムです!

  • 2019年8月14日(水) 14時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『ロケットマン』(2019.8.14水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「ロケットマン」をご紹介しました。

    監督 デクスター・フレッチャー

    出演 タロン・エガートンジェイミー・ベル、ブライス・ダラス・ハワード、リチャード・マッデン

     

    グラミー賞を5度受賞、世界一売れたシングルの記録保持者であり、“僕の歌は君の歌”“クロコダイル・ロック”“恋のデュエット”“ロケット・マン”“キャンドル・イン・ザ・ウインド”“ライオン・キング”の主題歌”愛を感じて”など数多くのヒット曲を持つエルトン・ジョン。

    イギリス郊外の町で生まれ、決して幸せではなかった子供時代、天才的な音楽の才能を見出され国立音楽院に入学したレジナルド・ドワイト少年。
    寂しさを紛らわせるかのように傾倒していったロックの世界。やがて、自らの名前もバンドメンバーの名前からとって“エルトン・ジョン”と変え、レコード会社の公募広告を見て応募したのが20歳の時。そこでの17歳の作詞家バーニー・トービンと運命的な出会い。
    エルトン(タロン・エガートン)とバーニー(ジェイミー・ベル)は、一緒に曲作りを始め,朝の何気ない食卓で生まれた曲“ユア・ソング”がきっかけで、デビューが決まり、一気にスターダムを駆け上っていくことになる。

    奇抜で圧倒的なパフォーマンスで世界中を虜にしていく一方で、長年マネージャーとしてサポートし、エルトンの恋人でもあったジョン・リード(リチャード・マッデン)との関係、求めても得られない愛に傷つき、お酒や薬に逃げ込みどんどん追い詰められていく・・・。

    「ボヘミアン・ラプソディ」でフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレック。
    この「ロケットマン」でエルトン・ジョンを演じたタロン・エガートン。
    プロのミュージシャンではないのに、ビックリするほどの素晴らしい歌唱力で、見事にスクリーンに花開いたその存在力には、まさに脱帽。

    この映画の監督はデクスター・フレッチャー。あの「ボヘミアン・ラプソディ」に監督としてクレジットされているのはブライアン・シンガーだけど、最終的にあの作品の最後の数週間とポストプロダクションを引き受けて作品を完成させたのは、フレッチャーだった。
    そしてこの「ロケットマン」のプロデューサーの一人が、マシュー・ボーン。
    あの「キングスマン」シリーズの監督として、タロン・エガートンの才能を見出し、主演に抜擢した監督。
    2作目の「キングスマン:ゴールデン・サークル」では、エルトン・ジョンを本人の役で使い、ビックリの演出を見せた。
    他にも、実生活でエルトン・ジョンのパートナーとして、同性結婚もしているデヴィッド・ファーニッシュや、アダム・ボーリングらがプロデューサーに名を連ね、製作総指揮の一人には、エルトン・ジョン本人も関わっている。

    実在のしかもまだ現役バリバリで活躍中の人を描くのは、難しいに違いない。
    特にエルトンのようにスケールの大きい人生を描くには、ファンタジー的要素も取り入れなくては、表現できない部分もあるのだろうが、いきなりのファンタスティックなミュージカルシーンには、度胆を抜かれるかもしれない。
    でも本人から“ありのままの、エルトン・ジョンだ”と、お墨付きをもらったエガートンの演技と歌、名曲に彩られた楽しい音楽シーン。

    今や、サーの称号を持つエルトン・ジョンの若き日の成功と苦悩、きっと貴方も彼のことを、もっと好きになるに違いない・・・そんな映画です!

    ★おたか★

  • 2019年8月14日(水) 09時00分 OPトーク&プレゼント

    8月14日 ばんばひろふみ ラジオDEしょー★スタジオの様子をYouTube Liveで配信! (2019.8.14 水)

    8月14日ON AIR ★

    今日のばんばひろふみラジオDEしょー!は「お盆休みスペシャル企画 番組全部お見せします!」と題して、スタジオの様子をYouTube Liveで放送!!

    視聴はYouTubeのラジオ関西チャンネルから!!!YouTubeラジオ関西チャンネル 

    10時台の放送 ★

    11時台の放送 ★

    12時台の放送 ★

    ※権利上の都合で、楽曲や一部放送内をカット、または変更してお送りします。ご了承ください。

    —————————————————★

    ★毎週冒頭で出題される、兵庫県にまつわるOPクイズの答えを送ってくださった方の中から1名様に神戸ハーバーランドから出航するクルーズ船「神戸船の旅 コンチェルト」のペアチケットをプレゼントします! (当選者の発表は来週です) メールフォーム

    おたよりをお寄せいただいた方の中から3名様に東急ハンズのグッズをプレゼント。どんなグッズかは、吉次師匠がオープニングで紹介します。

    —————————————————★

    五郎への道!!!

    「蛇足」(だそく)

    中国の事故で余計な事、不必要なことの例え。

    昔の中国の楚の国で蛇の絵を早く描く競争をした時、最初に描き上げた者が

    つい足まで描いてしまったので負けた。

    珍解釈編

    「蛇はニョロニョロして遅いイメージですが、実は逃げ足が早い。ただでさえ早いのに、その蛇に足があったら、もっとスピードアップしてターボ化する。つまりありえない。

    又、蛇に足がはえると、トカゲになってしまう。つまりありえないことから、この言葉はできた。(解説・秋野こぎく)」

    (By 露の吉次)

    —————————————————★

    知性の玉手箱!ゲストは4月に『事典にない大阪弁 増補改訂版―絶滅危惧種の大阪ことば』を出版された、旭堂南陵さん。

    『第172回 南陵会』 此花千鳥亭(此花区)

    日時:8月16日(金)午後6時45分開演 

    料金:前売1500円 当日2000円

    『第173回 南陵一門会』弟子が師匠の古希を祝う会

    会場:文楽劇場小ホール 

    日時:9月14日(土)午後1時開演

    料金:前売3000円 当日3500円 

    —————————————————★

    ばんばんの法則

    どうして!どうしてこうなるの!あなたにおこる不幸な出来事は、あなた自身が選んでいるのです。知らず知らずのうちにひきよせた不思議な出来事を披露して頂き、ここに新しい「ばんばんの法則」をつくっていきましょう!法則職人のみなさんの、ばんばんの法則を紹介します。大草原が出た方には、図書カードをプレゼントします。そしてばんばさんが鳥取県の「若桜鉄道広報大使」に就任し「春から春へ」が、鳥取県 若桜鉄道の観光列車「昭和」のイメージソングになったということで、特別にばんばさんの「若桜鉄道広報大使」の名刺ももれなく一緒にプレゼントしています。

    魅力満載!海峡通信

    明石海峡を挟んだ明石と淡路には、瀬戸内海の風光明媚な景観と海や自然に恵まれた特産品が満載!温暖な気候だからこそはぐくまれる、果物や野菜、新鮮なお魚そして自然の魅力をお伝えするコーナー。

    ばんばんの歯医者さんに聞いてみました (毎週水曜12時台に放送中)

    尼崎市の永井歯科 歯科医師の永井康照先生に、ちゃんと噛める歯になるために大切なことや、まだ日本ではあまり知られていない“こんな治療があったんだ!”という治療の紹介。気になる治療費のことまでお聴きするコーナーです。

    クイズ 単勝で候

    吉次師匠が出題する難問にばんばん&お孝さんが答えます!どちらが正解するのか投票してくれた方の中から、正解した方に投票してくれたあなたに3000円プレゼント★ ⇒ メールフォーム

    —————————————————★

    お知らせ★

    ばんばんが加藤登紀子さんの番組に出演します!

    ラジオ関西「加藤登紀子の地球に乾杯!」

    出演 加藤登紀子さん yaeさん

    ゲスト ばんばひろふみさん

    ON AIR 19日(月)19:00~

    加藤登紀子の地球に乾杯! ブログ

    —————————————————★

    円山コンサート2019 フォークコンサート 京の旅人again

    【日程】2019年10月12日(土)

    【開場】14:30 /【開演】15:15

    【会場】円山公園音楽堂(京都府京都市東山区円山町 円山公園内)

    【出演】京の旅人 呼びかけ人 杉田二郎 / ばんばひろふみもんたよしのり / 相曽晴日 / 中村あゆみ / Bread&Butter(ブレッド&バター) / 鈴木康博 / Bitter & Sweet / 西村ケント

    【料金】フォーク一日券一般 前売:3,900円 / 当日:4,400円学生 前売:1,500円 / 当日:2,000円 ※学生=小学・中学・高校生 当日身分のわかるものを携帯フォーク(10/12)&カントリー(10/13)二日通し券前売のみ:5,100円

    ※全席自由※入場はチケット記載の整理番号順(開場時刻を過ぎると整理番号順にはご入場いただけません)※ご来場のお客様へチケット右下部に整理番号を記載しています。開場時刻までに整理番号順にお並びいただき、順にご入場ください。開場してからの割込はできませんのでご了承ください。また、近隣の皆様へのご迷惑となりますので、早い時間からの整列はご遠慮ください。

    【チケット】発売日:2019年7月6日(土)10:00~・

    電子チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード 155-718・

    ローソンチケット 0570-084-005(Lコード 57018 

    フォーク&カントリー二日通し券 Lコード57043・

    【お問い合わせ】京都いつでもコール 075-661-3755

    —————————————————★

    第54回 あみだ池寄席

    2019年9月8日(日) 午後2時開演

    出演者 笑福亭学光 露の吉次 桂文鹿

    あみだ池 和光寺 本堂1階

    (地下鉄千日前線「西長堀」駅5号出口東へ徒歩2分 地下鉄長堀鶴見緑地線「西長堀」駅2号出口東へ徒歩5分)

    前売1,500円 当日2,000円

    ℡・fax 06-6491-3554(露の吉次)

    県美亭ワンコイン寄席「上手な噺家は オチツイテます」

    2019年9月22日 午後2時開演

    兵庫県立美術館 レクチャールーム

    料金 500円(当日午後1時から発売)

    お問合せ:078-262-0908

  • 2019年8月7日(水) 14時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『ライオン・キング』(2019.8.7水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「ライオン・キング」をご紹介しました。

    監督 ジョン・ファブロー

    声の出演 ドナルド・グローヴァービヨンセ・ノウルズ=カーター、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ビリー・アイクナー、セス・ローゲン

     

    1994年のアニメ版は、「アナと雪の女王」を抜いて、アニメ史上No.1の大ヒット作。
    1997年には、ブロードウェイでミュージカルの舞台が幕を開け、大ヒットし、エンタメ史上最高の興収をあげている「ライオン・キング」。
    今回は実写版という噂が流れて、一体どんな映画になるのか、動物をどうやって調教するのか?と思っていたら、なんと実写もアニメも超えた“超実写版”での登場と相成った。
    “超実写”って何?って、すごい疑問。なんでも、バーチャルのスタジオを作り、VRのヘッドギアをつけてそこに入り、世界観を共有するだけでなく、その世界の中でロケハンをして、照明やカメラアングルを決め・・・と、最新鋭のバーチャル・リアリティ・ツールを駆使して生み出すという、すごく不思議な作り方なんだそう。

    すべてCGなんだけど、誰もがアニメとは思わない、でも実写ではありえないような新しいビジュアルの世界が広がっていて、アーティスト、技術専門家、実写撮影のプロ、最先端アニメーターなど、それぞれの世界の一流のプロが集まって、チームを組んですごい仕事をやりました!って感じの新しい映像体験。
    なんてったって監督があの「アイアンマン」シリーズや、2016年の「ジャングル・ブック」を撮ったジョン・ファブローなのだから、ある意味、納得。

    アフリカのサバンナを舞台に、ライオンの王ムサファの息子として生まれたシンバが、王位を狙う叔父のスカーの陰謀で、ヌーの暴走に巻き込まれ、それを助けようとして父が命を落とした時、自分の責任だと思い込み、一人王国を去る。
    過酷な旅で死にそうになった時、イボイノシシのプンヴァと、ミーアキャットのティモンに救われ、“ハクナ・マタタ”(嫌なことは忘れて、クヨクヨするな!)の生き方を教えられ・・・というおなじみのあのストーリー。

    自然界の命は、大きな環でつながっている。その“サークル・オブ・ライフ”、つながりの中でそれぞれが果たすべき役割や生きる意味とは?と、考えさせられることも多いのだけれど、何てったって画と音楽が素晴らしいので、ただボーっと観ているだけでも、メチャ楽しい。

    ティム・ライス作詞、エルトン・ジョン作曲の“愛を感じて”は第67回アカデミー賞歌曲賞、そして第52回ゴールデングローブ賞主題歌賞をW受賞した名曲だし、“サークル・オブ・ライフ”“ハクナ・マタタ”と3曲がアカデミー賞にノミネートされるという快挙を成し遂げたことからも、ミュージカルとしての質の高さも分かろうというもの。
    字幕版なら、チャイルディッシュ・ガンビーノ名義で2019年のグラミー賞を総なめにしたドナルド・グローヴァーと、世界の歌姫ビヨンセのデュエットで“愛を感じて”が聴けるし、吹き替え版なら、シンバの賀来賢人、スカーの江口洋介、プンヴァの佐藤二朗、ティモンの漫才コンビ“ミキ”の亜生、ナラの門山葉子など、ハマリ役のキャスティングで楽しめる。

    今までの「ライオン・キング」のファンにも、初めて観る人にも、ミュージカルファンの方にも、超実写版のこの映画、文句なく楽しめる仕上がりになっていますぞ!

    ★おたか★

  • 2019年8月7日(水) 13時00分 OPトーク&プレゼント

    8月7日 ばんばひろふみ ラジオDEしょー★ おーみんのワイン大楽は氷を入れても美味しい3Dラベルスパークリング「プラ・デル・レ プロセッコ ミレジマート ブリュット」を紹介 (2019.8.7 水)

    8月7日ON AIR ★

    ばんばん「8月21日まで、神戸ハーバーランドのumieモザイク海側高浜岸壁で開催されるエンターテイメントショーってなんだーーーー!!!!」

    ★毎週冒頭で出題される、兵庫県にまつわるOPクイズの答えを送ってくださった方の中から1名様に神戸ハーバーランドから出航するクルーズ船「神戸船の旅 コンチェルト」のペアチケットをプレゼントします! (当選者の発表は来週です) メールフォーム

    おたよりをお寄せいただいた方の中から3名様に東急ハンズのグッズをプレゼント。どんなグッズかは、吉次師匠がオープニングで紹介します。

    来週8月14日のばんばひろふみラジオDEしょー!は「お盆休みスペシャル企画 番組全部お見せします!」と題して、スタジオの様子をYouTube Liveで同時放送します!!視聴はYouTubeのラジオ関西チャンネルから!!!

    YouTubeラジオ関西チャンネル 

    —————————————————★

    「おーみんのワイン大楽」のコーナー おーみん楽長こと大西威之さん!

    日本一わかりやすい「ワインの楽しさ」を知っていただくコーナーです!! 

    今日は氷を入れても美味しい3Dラベルスパークリング「プラ・デル・レ プロセッコ ミレジマート ブリュット」をご紹介しました!

     



     

    今日は「プラ・デル・レ プロセッコ ミレジマート ブリュット」をおひとりの方にプレゼントしますよ♪希望の方は番組まで「ワインほしい!」とメールを送ってくださいね。⇒ メールフォーム  

    またおーみんプロデュースのサイトからも購入することが出来ます!⇒ LEMON TAGE

    「無茶ぶりマリア―ジュ」のコーナーにも、まだまだおーみん楽長への無茶ぶりな質問受付中!お楽しみに!!

    大西タカユキのワイン大楽

    —————————————————★

    「露の吉次 Presents 五郎への道」

    ママ友の家族と京都へ行った時の話。

    ママ友の旦那さんが「私、霊感強いんです。恐い夢もよくみるんです」

    「へーッ」

    「昨日も私は死んで棺桶の中に入ってるんです。それを上から見てるんです」

    「へーッ」

    「それで棺桶に身体を残して遊びに行くんです。」

    「どこへ行ったんですか?」

    「女のとこやろ!」

    と突っ込んだ奥さんの顔が私には一番恐かったです。

    (by 露の吉次)

    —————————————————★

    ばんばんの法則

    どうして!どうしてこうなるの!あなたにおこる不幸な出来事は、あなた自身が選んでいるのです。知らず知らずのうちにひきよせた不思議な出来事を披露して頂き、ここに新しい「ばんばんの法則」をつくっていきましょう!法則職人のみなさんの、ばんばんの法則を紹介します。大草原が出た方には、図書カードをプレゼントします。そしてばんばさんが鳥取県の「若桜鉄道広報大使」に就任し「春から春へ」が、鳥取県 若桜鉄道の観光列車「昭和」のイメージソングになったということで、特別にばんばさんの「若桜鉄道広報大使」の名刺ももれなく一緒にプレゼントしています。

    魅力満載!海峡通信

    明石海峡を挟んだ明石と淡路には、瀬戸内海の風光明媚な景観と海や自然に恵まれた特産品が満載!温暖な気候だからこそはぐくまれる、果物や野菜、新鮮なお魚そして自然の魅力をお伝えするコーナー。

    ばんばんの歯医者さんに聞いてみました (毎週水曜12時台に放送中)

    尼崎市の永井歯科 歯科医師の永井康照先生に、ちゃんと噛める歯になるために大切なことや、まだ日本ではあまり知られていない“こんな治療があったんだ!”という治療の紹介。気になる治療費のことまでお聴きするコーナーです。

    クイズ 単勝で候

    吉次師匠が出題する難問にばんばん&お孝さんが答えます!どちらが正解するのか投票してくれた方の中から、正解した方に投票してくれたあなたに3000円プレゼント★ ⇒ メールフォーム

    —————————————————★

    お知らせ★

    ばんばんが加藤登紀子さんの番組に出演します!

    ラジオ関西「加藤登紀子の地球に乾杯!」

    出演 加藤登紀子さん yaeさん

    ゲスト ばんばひろふみさん

    ON AIR 8月12日(月)、19日(月)19:00~

    加藤登紀子の地球に乾杯! ブログ

    —————————————————★

    円山コンサート2019 フォークコンサート 京の旅人again

    【日程】2019年10月12日(土)

    【開場】14:30 /【開演】15:15

    【会場】円山公園音楽堂(京都府京都市東山区円山町 円山公園内)

    【出演】京の旅人 呼びかけ人 杉田二郎 / ばんばひろふみもんたよしのり / 相曽晴日 / 中村あゆみ / Bread&Butter(ブレッド&バター) / 鈴木康博 / Bitter & Sweet / 西村ケント

    【料金】フォーク一日券一般 前売:3,900円 / 当日:4,400円学生 前売:1,500円 / 当日:2,000円 ※学生=小学・中学・高校生 当日身分のわかるものを携帯フォーク(10/12)&カントリー(10/13)二日通し券前売のみ:5,100円

    ※全席自由※入場はチケット記載の整理番号順(開場時刻を過ぎると整理番号順にはご入場いただけません)※ご来場のお客様へチケット右下部に整理番号を記載しています。開場時刻までに整理番号順にお並びいただき、順にご入場ください。開場してからの割込はできませんのでご了承ください。また、近隣の皆様へのご迷惑となりますので、早い時間からの整列はご遠慮ください。

    【チケット】発売日:2019年7月6日(土)10:00~・

    電子チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード 155-718・

    ローソンチケット 0570-084-005(Lコード 57018 

    フォーク&カントリー二日通し券 Lコード57043・

    【お問い合わせ】京都いつでもコール 075-661-3755

    —————————————————★

    第54回 あみだ池寄席

    2019年9月8日(日) 午後2時開演

    出演者 笑福亭学光 露の吉次 桂文鹿

    あみだ池 和光寺 本堂1階

    (地下鉄千日前線「西長堀」駅5号出口東へ徒歩2分 地下鉄長堀鶴見緑地線「西長堀」駅2号出口東へ徒歩5分)

    前売1,500円 当日2,000円

    ℡・fax 06-6491-3554(露の吉次)

    県美亭ワンコイン寄席「上手な噺家は オチツイテます」

    2019年9月22日 午後2時開演

    兵庫県立美術館 レクチャールーム

    料金 500円(当日午後1時から発売)

    お問合せ:078-262-0908

  • 2019年7月31日(水) 14時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『聲の形』(2019.7.31水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「聲の形」をご紹介しました。

    監督 山田尚子

    声の出演 入野自由、早見沙織、悠木碧、小野賢章、金子有希

     

    718日の京都アニメーションの放火事件では、35人にも及ぶ優秀なアニメーターの方々の命が失われ、日本のアニメ界にとって、その損失は計り知れない。なんと言ったらいいのか、言葉が見つからないぐらいの衝撃で、心からのお悔やみと、一日も早い復活を願わずにはいられない。
    何でも東京集中の時代にあって、関西の京都で、素晴らしい上質の作品を沢山世に送り出してきている“京アニ”の存在は、誇らしい。

    今月の“オタシネ”は、ハーバーランドの満員の映画館で観た、京アニの思い出の映画「聲の形」を取り上げた。
    20169月、少ない公開劇場でスタートしたが、口コミで評判を呼び、なんと興行収入は23億円を突破し、2016年度の日本映画全体の興収ランキングで10位に入った。8月に、追いかけるように公開された新海誠監督の「君の名は。」の大ヒットは記憶に新しいけれど、この「聲の形」も、素晴らしい記録と記憶を残した作品。
    40回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、第26回日本映画批評家大賞アニメーション部門作品賞、第20回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞などを受賞。
    原作は大今良時による漫画。監督は京アニの山田尚子。彼女にとってこれはTVシリーズを挟まない初の映画監督作品だった。

    高校3年生の石田将也は、アルバイトを辞め、自分の家財一式を売り払い、そのお金を眠っている母親の枕元に置き、家を出て、橋から身を投げようとする。けれど、飛び降りることは出来なかった・・・。

    6年前のある日、小学校6年生の将也のクラスに転入してきたのが、先天性の聴覚障害を持つ西宮硝子。
    筆談用ノートでコミュニケーションをとろうとする硝子を、やがてうざいといじめ出すクラスメート達。
    硝子の補聴器が何度も捨てられたり壊されたりしたことで、犯人とされた将也の母は170万円ものお金を、将也を責めることもなく弁償していた。けれどそんなことがあって、今度は将也もクラスメートからいじめられる立場になり、硝子も転校してしまい、益々彼は孤立してしまうことになる。

    中学になっても友達は出来ず、自分のしてきたことの結果として今の自分の状況があることに絶望し心を閉ざした将也は、やがて自殺を考えるようになる。
    そして、硝子の通う手話サークルを訪れ、彼女に謝ろうとするが・・・。
    学校では、ひょんなことから永束くんという友達が出来、いい方向に向かうかと思われたが、昔のいじめ事件は尾を引いていて、再び孤立してしまう将也。
    硝子一家と花火大会を見に行った将也は、その夜、ベランダから飛び降りようとする硝子の手を掴み、助けようとするが、逆に、彼が転落してしまう・・・。

    何ともやりきれないような、でも、もしかしたらどこにでもあるのかもしれない物語の展開に、だからこそ、この映画を観て元気づけられたり勇気を貰ったりという人が多いのだろうし、今回の惨事に対しても、京アニの作品で救われたという人が沢山弔意を表したり、献花に訪れてらっしゃるのも納得だし、犠牲者の方の中に、この作品に関わった方が何人もいらっしゃるようで、失われたものの大きさを思う時、本当にどうしようもなく辛く悔しい。
    ただ、会社のサーバーが無傷で残ったというのは、せめてもの幸いだし、こうやってDVDBDで又作品に出会うことが出来るというのも、せめてもの救いなのかも・・・。

    ★おたか★