CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオDEしょー!

番組内容

おバカなコーナー盛りだくさん!
ラジオの天才!バンバンが繰り広げるショータイムです!

  • 2018年8月1日(水) 12時00分 お孝さん

    おたかのシネマでトーク『オーシャンズ8』(2018.8.1水)

    ーーーおたかのシネマでトーク

    今日は「オーシャンズ8」をご紹介しました。 

    監督 ゲイリー・ロス

    出演 サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ミンディ・カリング、サラ・ポールソン

     

    8月の幕開けは「オーシャンズ8」!
    あのダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)率いるオーシャンズの、鮮やかな手口での盗みっぷりに、世界中がアッと驚き、大ヒットしたシリーズ3作。

    そのダニー亡き後、その事業(?)を引き継いだのが、妹のデビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)。
    なんと5年間の塀の中暮らしで、綿密に練り上げたプランを胸に、出所してまず訪ねたのが、かつての右腕ルー(ケイト・ブランシェット)。今はクラブを経営していて、一見カタギっぽい生活をしているものの、デビーに声をかけられれば、即チーム入り。

    デビーが狙うのは、なんと、カルティエ秘蔵のダイヤモンドのネックレス。
    ニューヨークのメトロポリタン美術館で行われる“メットガラ”と呼ばれる年に一度のチャリティイベント。
    超セレブたちが、その年のテーマに沿ったドレスコードの自慢のドレスと、自慢の宝石を身に纏って集うこのパーティ、毎年、PRや盛り上げ役としてホストが選ばれていて、 “ヨーロッパの王室”がテーマのこの年のホスト役はまさにプリンセスのようなハリウッド女優のダフネ・クルーガー(アン・ハサウェイ)。

    そして、彼女が身に着ける、1億5000万ドルの、カルティエの唯一無二の“トゥーサン”と名づけられたダイヤモンドネックレスを、まんまと頂いてしまおう!というのが、今回のプラン。

    成功させるには、凄腕のその道のプロフェッショナルを集めて、犯罪のドリームチームを結成しなくてはならず、
    まず、白羽の矢が立ったのが、デザイナーのローズワイル(ヘレナ・ボナム・カーター)。
    かつてはセレブ御用達の売れっ子デザイナーだった彼女も、今や落ち目。しかも、莫大な借金を抱える身としては、報酬目当てに、ダフネのドレスをデザインし、カルティエから“トゥーサン”を借りだす役目を、しっかりと担うことになる。

    その他、ジュエリー職人のアミータ(ミンディ・カリング)、主婦なのに盗品売買のプロのタミー(サラ・ポールソン)、凄腕スリのコンスタンス(オークワフィナ)、天才ハッカーのナインボール(リアーナ)と仲間を増やし、万全のチームを結成。
    とここまでで7人。え?あと一人は???

    はてさて、厳戒態勢のセキュリティを突破して、見事“トゥーサン”をゲットできるのか?

    チーム全員が女性。憧れの絢爛豪華なメットガラが舞台。
    しかも今回、メットの全面協力で、夜間だけとはいえ2週間のロケが敢行されたり、カルティエも、あのマンハッタンにある主要ブティックをホリデーシーズンのかき入れ時なのに2日間もクローズしてロケを許してくれたり、超有名デザイナーたちがドレスを製作してくれたりと、すべて本物が登場するのも魅力の一つ。

    女性ファンにとっては魅力満載の新しいオーシャンズ。監督は「ハンガー・ゲーム」のゲイリー・ロス。
    これはきっと、シリーズになりそうな予感! 楽しみ~!!

    ★おたか★

    過去ログ…7月25日 放送 おたかのシネマでトーク「砂の器」

                   7月18日 放送 おたかのシネマでトーク「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」

                   7月11日 放送 おたかのシネマでトーク「ジュラシック・ワールド/炎の王国」

         7月4日 放送 おたかのシネマでトーク「パンク侍、斬られて候」

                   6月27日 放送 おたかのシネマでトーク「ジュラシック・ワールド」

  • 2018年8月1日(水) 10時40分 プレゼント

    8月1日★ラジオDEしょー!スタート★ (2018.8.1水)

    8月1日 ON AIR ★

    ばんばん「8月11、12日の2日間、神戸サンボーホールで開催される、災害救助をテーマにしたコンテストってなんだーーーーー!!!」

    8月になりました♪ みなさん昨日は火星を見ることができましたか?? ラジオDEしょー!★ 今日も3時まで元気に放送しますよ!台風の影響で、おうちの倉庫が壊れてしまったばんばさん。猛暑と台風…はやく過ごしやすい天気になってほしい!

     

    ばんばさん曰く「変態スニーカー」の、マネージャー・ガッテン氏(※5月23日の放送 参照)今日はこんなスニーカー。

    かかと

     

    ★OPクイズの答えを送ってくださった方の中から1名様に神戸ハーバーランドから出航するクルーズ船「神戸船の旅 コンチェルト」のペアチケットをプレゼントします! (当選者の発表は来週です) 

    ★そして、おたよりをお寄せいただいた方の中から3名様に東急ハンズのグッズをプレゼント。今週は「 東急ハンズ限定!ソルトアイピロー 」どんなグッズかは、吉次師匠がオープニングで紹介します。

    ⇒ メールフォーム  

     

    みなさんもメールを送って番組に参加してくださいね★

    ーーー露の吉次Presents 五郎への道

    10時40分頃から放送。

    ーーーおたかのシネマでトーク

    11時台に放送。「オーシャンズ8」をご紹介します。

    過去ログ…7月25日 放送 おたかのシネマでトーク「砂の器」

    ーーーばんばんの法則

    今日も法則職人のみなさんの、秀逸なばんばんの法則を紹介しますよ!大草原が出た方には、図書カードをプレゼントします。

    ーーーばんじいの知恵袋

    今日のお悩みは「娘に“ハゲ丸”というあだ名をつけられ、娘を叱ったことがなく、やめさせたいのですが、なんと言ったらいいかわかりません。

    番組冒頭で紹介する、お悩みに対するアドバイスを送ってください。いただいたおたよりは、12時50分頃にご紹介。お悩みも随時募集中!採用された方には、図書カードをプレゼントします。

    ーーークイズ 単勝で候

    吉次師匠が出題する難問にばんばさん&お孝さんが答えます!ばんばさん、お孝さん、どちらが正解するのか投票してくれた方の中から、正解した方に投票してくれたあなたに3000円プレゼント★コーナーは13時15分頃。

    ⇒ メールフォーム  

    ーーー「大吉次・はるかの

         ベストセラーを読む!

    放送で紹介した本は2名様にプレゼントしています。今日は島本理生さんの「ファーストラヴ」をご紹介します。過去ログ… 7月25日 放送 ベストセラーを読む「LIFE アンドレス・イニエスタ自伝」

    今日の晩ごはんも送ってください♪たくさんのメールお待ちしてます!

    (スタッフ K)

  • 2018年7月25日(水) 15時50分 はるか吉次のベストセラーを読む!

    ベストセラーを読む「LIFE アンドレス・イニエスタ自伝」(2018.7.25水)

    露の吉次Presents 五郎への道

    私の五才の娘の名前は風子です。

    “風子 風の子 元気な子”という願いを込めて私がつけました。夏休み、親戚の子に自己紹介するときに

    「私は高橋風子です。名前は、風の子で風子ゆうねんけど、いつも風邪ばっかりひいてんねん」

    只今は虚弱体質の我が娘の風子でした。なんとか滋養強壮、そして栄養補給をして欲しいと思います。

    (露の吉次)

    ——————————————————

    吉次・はるかのベストセラーを読む!今日は「LIFE アンドレス・イニエスタ自伝」をご紹介しました。📷

    吉次さんすごい

    遥さんもすごい

    遥さん「メガネがあるからね」

    Jリーグ史上最大の大物、神戸に新加入したスペイン代表MFイニエスタ。

    良え人全開の、スペインの至宝、イニエスタ。

    神戸での活躍に大期待です。

    (露の吉次)

    ——————————————————

    放送で紹介した本は2名様にプレゼントします!来週もお楽しみに!!

    過去ログ… 7月18日 放送 ベストセラーを読む「未来」

                      7月11日 放送 ベストセラーを読む「宇喜多の楽土」

          7月4日 放送 ベストセラーを読む「じっと手を見る」

                   6月27日 放送 ベストセラーを読む「ディス・イズ・ザ・デイ」

                      6月20日 放送 ベストセラーを読む「しらべる・くらべる・おぼえるチカラが身につく! うんこ図鑑」

     

    吉次師匠 出演情報

    2018年 7月27日(金)神戸新開地・喜楽館

    14:00 開演(13:30開場)

    月亭天使、林家染太 、笑福亭達瓶、露の吉次(がまの油)、桂九雀〜仲入〜桂米裕 、来世楽〈ラセラ〉(三味線)、桂福団治

    喜楽館のHPはこちら ⇒ 神戸新開地・喜楽館

    お問い合わせは TEL:078-335-7088

    2018年 9月15日(土)天満天神繁昌亭

    2回目14時30分

    新会長ご挨拶・抽選会/桂三金/笑福亭銀瓶/露の吉次(がまの油)/露の都/桂春団治/仲入/桂文福(歌謡笑)/桂小枝/笑福亭仁智

    天満天神繁昌亭のHPはこちら ⇒ 天満天神繁昌亭

    お問い合わせは TEL: 06-6352-4874

     

     

  • 2018年7月25日(水) 14時00分

    知性の玉手箱★小説家 木下昌輝さん (2018.7.25水)

    今日のALL TIME BANBA HIROFUMI はアルバム“今はまだDreamer”から 「愛は風の中に」をお送りしました。

     

    知性の玉手箱ゲストは小説家 木下昌輝 さん

    2014年に刊行した「宇喜多の捨て嫁」で直木賞候補となり、歴史時代作家クラブ賞舟橋聖一文学賞、高校生直木賞を受賞。「宇喜多の楽土」は天第159回の直木賞候補作となりました。7月5日に最新作「絵金、闇を塗る」を出版されました。

     

    そして、ゲスト ジャズボーカリスト 山添ゆか さん

    2015年 神戸新開地ジャズヴォーカルコンテストでグランプリを受賞された山添さん。2018年 2枚組のセカンドアルバム「EAST Color」「WEST Color」をリリースされました。

    山添ゆかさん公式webサイト

     

    なぜか出演前に遥さんにピアノを習っている、ばんばん侍 コメンテーター 西谷文和さん 。

     

  • 2018年7月25日(水) 12時00分 お孝さん

    おたかのシネマでトーク『砂の器』(2018.7.25水)

    ーーーおたかのシネマでトーク

    今日は「砂の器」をご紹介しました。 

    監督 野村芳太郎

    出演 丹波哲郎、森田健作、加藤剛、春田和秀、加藤嘉、山口果林

     

    7月の“おたシネ・クラシックス”は、719日に100歳で亡くなった脚本家の橋本忍さん、そして618日に80歳で亡くなった加藤剛さんを偲んで「砂の器」を取り上げました。

    黒澤明監督の「羅生門」で脚本家デビューをして、その後「生きる」「七人の侍」「蜘蛛巣城」などで、素晴らしいコンビネーションを発揮してきた橋本忍。
    1973年に、それまで配給会社主導で行われていた映画制作の新しい可能性に挑戦する為“橋本プロダクション”を設立。
    その1作目として、松本清張の原作を、山田洋次と共同で脚本を書き、野村芳太郎監督で製作したのが、1974年に公開され、その年の邦画興収3位の大ヒットとなった「砂の器」。
    国内では第29回毎日映画コンクール大賞を始め多くの賞に輝き、海外ではモスクワ国際映画祭で、審査員特別賞、作曲家同盟賞に輝いています。

    一方、昭和を代表する俳優の一人、加藤剛。
    TVと映画の両方で活躍した名優で、TVでは30年間時代劇「大岡越前」で国民的スターとしてみんなに愛され、映画ではこの「砂の器」が代表作。この映画は加藤剛の代表作であるとともに、日本映画を代表する傑作としても、多くの人々の心に残っている作品です。

    昭和46年、身元不明の男の死体が東京の国鉄の蒲田操車場で発見されるところから始まる殺人事件。
    捜査に当たるベテランの警視庁の今西(丹波哲郎)と若手の西蒲田署の吉村(森田健作)。

    東北訛りと類似した訛りが、遠く離れた島根県の出雲地方にあることが判明したことがきっかけで、やがて捜査線上に浮かぶ一人の男。
    当時はまだ非科学的な偏見と差別が残っていたハンセン病が物語の鍵となるところなど、非常に重い題材をも扱っていて、単なる犯罪ドラマを超えた社会性のある物語としても、評価されました。

    今売り出し中の、新進気鋭の作曲家であり、ピアニストの和賀英亮(加藤剛)。
    彼こそが、かつてハンセン病を発症した父(加藤嘉)と共に、お遍路姿で放浪の旅を続けていた少年。
    その和賀の作曲したピアノ協奏曲“宿命”が、東京交響楽団との共演で初めてお披露目される晴れの日。
    映画のクライマックス、コンサート会場、捜査会議が行われている部屋、そして和賀の脳裏をよぎる過去の回想シーン、お遍路の父と子が日本の四季を壮絶に旅する姿が“宿命”の曲に乗せて並行して描かれるシーンは圧巻で、原作者の松本清張も、映像でなければ描けないと大絶賛したらしい。

    菅野光亮の作曲になるこの曲は、本当に素晴らしく、彼が44歳で早世してしまったのは残念ながら、今流行りの“シネマ・コンサート”という、映画のセリフや効果音はそのままに、音楽部分だけをフルオーケストラが生演奏をするというライブエンターテインメントでも取り上げられ、今年春の東京と大阪の公演でも大好評を博しています。

    “宿命とは、この世に生まれてきたことと、生きているということである・・・” 
    なんとも、深い台詞と共に、いつまでも心に残る映画です!

    ★おたか★

    過去ログ…7月18日 放送 おたかのシネマでトーク「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」

                   7月11日 放送 おたかのシネマでトーク「ジュラシック・ワールド/炎の王国」

         7月4日 放送 おたかのシネマでトーク「パンク侍、斬られて候」

                   6月27日 放送 おたかのシネマでトーク「ジュラシック・ワールド」

                   6月20日 放送 おたかのシネマでトーク「オンリー・ザ・ブレイブ」