CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオDEしょー!

番組内容

おバカなコーナー盛りだくさん!
ラジオの天才!バンバンが繰り広げるショータイムです!

  • 2018年9月26日(水) 12時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『裸足で散歩』(2018.9.26水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「裸足で散歩」をご紹介しました。 

    監督 ジーン・サックス

    原作・脚本 ニール・サイモン

    出演 ロバート・レッドフォード、ジェーン・フォンダ、シャルル・ボワイエ、ミルドレッド・ナトウィック、ハーブ・エデルマン、メイベル・アルバートソン、フリッツ・フェルド、ジェームズ・F・ストーン、テッド・ハートリー

     

    今月のおたかのシネマクラシックは1967年のアメリカ映画「裸足で散歩」

    劇作家で脚本家、「おかしな二人」「グッバイガール」「カリフォルニア・スィート」「第2章」「ビロクシー・ブルース」「ヨンカーズ物語」等々、数多くの戯曲を書き、多くの作品が映画やTVになり、トニー賞やゴールデングローブ賞ピューリッツァー賞など多くの賞に輝き、1983年には彼の名前を冠した“ニール・サイモン劇場”がブロードウェイにオープンするなど、アメリカを代表する喜劇作家のニール・サイモンの戯曲を、彼自身が脚本を書いて、ジーン・サックスが監督した作品。
    826日、91歳で亡くなったニール・サイモンを偲びながら、輝くばかりに若くて美しい主演の2人、ロバート・レッドフォードとジェーン・フォンダの初々しい新婚カップルぶりも微笑ましく楽しめる作品。

    R・レッドフォードはこの後1969年のアメリカンニューシネマの傑作「明日に向かって撃て!」で大ブレイクを果たし、70年代はハリウッド屈指の美男俳優として多くの映画に出演し、1980年には「普通の人々」でアカデミーの監督賞を受賞。1981年には、ユタ州に“サンダンス・インスティテュート”を設立し、映画祭も開いて、若い才能を伸ばすために製作者としても活躍し、ハリウッドで初めて演技と製作の両方で地位を確立した映画人として活躍を続けてきた。

    一方の、ジェーン・フォンダ。父がヘンリー・フォンダ、弟がピーター・フォンダ、姪のブリジット・フォンダも女優という一家に生まれ、モデルから1950年代後半に舞台でのキャリアをスタートさせ、1960年に映画デビューの後は、1971年「コール・ガール」1978年「帰郷」で、アカデミーの主演女優賞に輝くなど、さすがの活躍ぶり。
    同時に1970年代には、ベトナム戦争の反戦運動でビラ撒きなどで逮捕されたり、実父のヘンリー・フォンダとの長年の確執など、私生活でも話題をまいた。
    1982年には、ブロードウェイで人気を博した「黄昏」の映画化権を獲り、主人公を父のヘンリーが、母親役をキャサリン・ヘップバーンが演じ、共にアカデミー賞の主演男優と女優賞に輝いている。
    娘の役で共演したジェーンにとって、この映画は父への最高のプレゼントだったし、これが遺作となった父との家族としてのわだかまりが本当に解けた作品ともなったようだ。

    “家族”を描いた映画は多いけど、家族になったばかりの2人の新婚生活を描いたのが「裸足で散歩」。
    式を挙げ、馬車でプラザホテルにやって来て、6日間のハネムーンを楽しみ、ニューヨークのアパートに帰ってきた生真面目な弁護士のポール(ロバート・レッドフォード)と新妻のコリー(ジェーン・フォンダ)。
    なんとそのアパートは、エレベーターなしの6階。おまけに真冬なのにヒーターが効かず、天窓には穴。
    住人もユニークで、特に隣人のベラスコ氏(シャルル・ボワイエ)は胡散臭い。

    コリーの母親エセル(ミルドレッド・ナドウィック)も交えて4人で食事をしたあと、意見がぶつかった新婚夫婦はなんと大ゲンカし、ポールは冬の公園で一夜を明かす羽目に。
    何でも楽しむ自由人の妻と几帳面な堅物夫。
    今見ると、ちょっと古い感は否めないけど、エピソードを積み重ねてユーモアたっぷりに描くニール・サイモンの職人技、とくとお楽しみあれ!

    ★おたか★

    過去ログ…9月19日 放送 おたかのシネマでトーク「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」

                   9月12日 放送 おたかのシネマでトーク「プーと大人になった僕」

                   9月5日 放送 おたかのシネマでトーク「ブレス しあわせの呼吸」

                   8月29日 放送 おたかのシネマでトーク「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」

                   8月22日 放送 おたかのシネマでトーク「カメラを止めるな!」

  • 2018年9月26日(水) 10時35分 OPトーク&プレゼント

    9月26日★ラジオDEしょー!スタート★ (2018.9.26水)

    9月26日 ON AIR ★

    ばんばん「10月6、7、8日の3日間、神戸メリケンパークで開催される、外国の国に関するイベントってなんだー!!!

    今日もラジオDEしょースタート!今日はオープニングでばんばんの法則をお送りしました♪

    10月7日は「第23回 ラジオ関西まつりハーバーボンバー」を神戸ハーバーランドumieのmosaicそば高浜岸壁一帯で10時から開催します。もちろん、ラジオDEショーチームも参加しますよ。タイムスケジュールは随時更新します。

    ★OPクイズの答えを送ってくださった方の中から1名様に神戸ハーバーランドから出航するクルーズ船「神戸船の旅 コンチェルト」のペアチケットをプレゼントします! (当選者の発表は来週です) 

    ★そして、おたよりをお寄せいただいた方の中から3名様に東急ハンズのグッズをプレゼント。今週は「アカパックン」です。どんなグッズかは、吉次師匠がオープニングで紹介します。

    ⇒ メールフォーム  

    みなさんもメールを送って番組に参加してくださいね★

    露の吉次Presents 五郎への道

    10時40分頃から放送。吉次師匠の落語会情報もブログでご紹介します。

    おたかのシネマでトーク

    11時台に放送。

    過去ログ…9月19日 放送 おたかのシネマでトーク「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」

    ばんばんの法則

    今日も法則職人のみなさんの、秀逸なばんばんの法則を紹介しますよ!大草原が出た方には、図書カードをプレゼントします。

    ばんじいの知恵袋

    今日のお悩みはビビるくんから「最近付き合いはじめた彼女がホラー映画が大好きなのですが、僕は苦手で困っています。ホラー映画を楽しくみるコツを教えてください。」というお悩み。

    番組冒頭で紹介する、お悩みに対するアドバイスを送ってください。いただいたおたよりは、12時50分頃にご紹介。お悩みも大大募集中!採用された方には、図書カードをプレゼントします。

    クイズ 単勝で候

    吉次師匠が出題する難問にばんばさん&お孝さんが答えます!ばんばさん、お孝さん、どちらが正解するのか投票してくれた方の中から、正解した方に投票してくれたあなたに3000円プレゼント★コーナーは13時15分頃。⇒ メールフォーム  

    大吉次・はるかのベストセラーを読む!

    放送で紹介した本は2名様にプレゼントしています。過去ログ… 9月19日 放送 ベストセラーを読む「おいぼれハムレット」

    今日の晩ごはんも送ってください♪たくさんのメールお待ちしてます!

    (スタッフ K)

  • 2018年9月19日(水) 16時30分 知性の玉手箱

    知性の玉手箱★Ch.igai Takaha ワイナリーオーナーの杉本隆英さんと美代子さん (2018.9.19水)

    ALL TIME BANBA HIROFUMI はアルバム“メイドイン京都”から2005年リリース「のんびりとゆっくりと」をお送りしました。

    —————————————————★

    知性の玉手箱は Ch.igai Takaha(シャトー・イガイタカハ) ワイナリーオーナーの杉本隆英さんと美代子さん。

    西脇市生まれのお2人は中学3年生の時に出会われたご夫婦。

    44歳までワインを飲んだことがなかったという杉本隆英さんが、2005年にカリフォルニアで趣味で造り始めたというワインが、今ではJAL国際線ファーストクラスや、高級ホテル・旅館、ミシュランのレストランなどでオンリストされています。

    ワイナリー名の「Ch.igai Takaha」は家紋である「丸に違い鷹羽」の文字をシャトー・イガイタカハと読ませたもの。

    家紋ワイン、『神の雫』にも取り上げられた漢字シリーズ、ハワイ出身ミュージシャンのジェイク・シマブクロ氏とコラボした『Crossed Wing』のほか、黒いラベルの「黒家紋」シリーズなどがあります。

    今日はスタジオに、「いちご白書をもう一度」の“いちご”にちなんで2015年の高級ワイン「ドラゴンビューティ」を持ってきて頂きました。

    著書『幸せになりたければワインを飲みなさい』は自由国民社から発売中。

    HPはこちら⇒ Ch.igai Takaha

    —————————————————★

    ミスター“ボンズ”の大リーグ話!”ボンズ”こと、栃尾健太さん。番組が終わったあとには丹波市にラジオカー中継に行きました。

     

    単勝で候のコーナーでは、ビールの生産地のクイズで、見事正解したお孝さん♪ ダブルピース頂きました♪ 美味しいワインを飲んでご機嫌♪

     

     

  • 2018年9月19日(水) 16時00分 はるか吉次のベストセラーを読む!

    ベストセラーを読む「おいぼれハムレット」(2018.9.19水)

    「露の吉次Presents 五郎への道」

    スポーツ界ではパワハラ・セクハラで色んな協会が話題になってしまっている。

    テニスの大坂なおみ選手の全米オープンでの快挙が一服の清涼剤になってくれました。

    話題だった精神面の波をドイツ人コーチとともに克服。

    覚えたのは「我慢」で好機をうかがう忍耐力を養ったそうです。

    我が師匠に修業とは我慢だと教えていただいた。

    私は果たして「我慢」を身につける事ができたのだろうか。

    まだまだ修行中の私です。

    (by 露の吉次)

    —————————————————★

    吉次・はるかのベストセラーを読む!今日は 橋本治さんの「おいぼれハムレット」をご紹介しました。📷 

    シェークスピアの四大悲劇のひとつ「ハムレット」

    デンマークの王子ハムレットは父王を毒殺した叔父と不倫の母への復讐を父の亡霊に誓う。

    恋人を棄て苦悩の末に、復讐をとげて死ぬ。

    知の巨人が本気でふざけると落語になる?

    (by 露の吉次)

    —————————————————★

    放送で紹介した本は2名様にプレゼントします!来週もお楽しみに!!

    過去ログ… 9月12日 放送 ベストセラーを読む「150冊執筆売れっ子ライターのもう恥をかかない文章術」

                      9月5日 放送 ベストセラーを読む「無限の玄/風下の朱」

                      8月29日 放送 ベストセラーを読む「10年後の仕事図鑑」

                      8月22日 放送 ベストセラーを読む「夏空白花」

                      8月15日 放送 ベストセラーを読む「下町ロケット ゴースト」

            

    吉次師匠 出演情報

    ★神戸新開地・喜楽館

    9月25日 (火)、9月27日 (木)、9月29日 (土)、10月2日 (火)、10月4日 (木)

    喜楽館のHP ⇒ 神戸新開地・喜楽館 

    お問い合わせは TEL:078-335-7088

  • 2018年9月19日(水) 12時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』(2018.9.19水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」をご紹介しました。 

    監督 ヤヌス・メッツ

    出演 シャイア・ラブーフ、スベリル・グドナソン、ステラン・スカルスガルド、ツヴァ・ノヴォトニー、デヴィッド・バンバー、レオ・ボルグ、ロバート・エムズ

     

    日本人初のグランドスラムシングル優勝者として一躍時の人となった、大坂なおみ。
    力強いプレイとチャーミングなインタビューでの受け答えが、落差があって可愛いと大人気。
    またまた、日本でも何回目かのテニスブームが巻き起こっているが、その先駆け的なブームのスターといえば、やっぱり、この二人。
    スウェーデンのビヨン・ボルグとアメリカのジョン・マッケンロー。

    198075日のウィンブルドン、3時間55分に及ぶ死闘を制して、5連覇を達成したボルグ。
    翌年はボルグが破れ、6連覇はならなかったのだが、数々の記録を打ち立て、19831月に当時のトーナメントのスケジュールの過密さに反抗し、26歳で引退してしまったボルグは、1987年に国際テニスの殿堂入りし、その後、現役復帰を考えたこともあったようだが果たせず、表舞台からは去ってしまったまま。

    でも、息子のレオ・ボルグは3歳からテニスを始め、いろんな大会でいい成績を残し、これからも期待されている上、演技のセンスもあって、TVシリーズにゲスト出演をしたり、なんとこの映画ではボルグの9歳から13歳までの子供時代を演じていて、話題になっている。

    氷の男と呼ばれ、長髪をなびかせてクールに決めるボルグを演じているのは、スウェーデンの人気俳優のスベリル・グドナソン。
    来年公開のスウェーデンのベストセラーミステリー“ミレニアム”シリーズの映画化“ドラゴン・タトゥーの女”シリーズの最新作で、これまでダニエル・クレイグが演じていたミカエル役に抜擢され、注目を浴びている。
    テニスも結構練習したようで、この映画でみる彼は、ボルグそのもの!

    一方、悪童ジョン・マッケンローを演じたのは“トランスフォーマー”の主演でブレイクしたシャイア・ラブーフ。
    マッケンローそのものという程は似ていないけれど、それでもすぐキレる悪童ぶりに、面影が重なる。

    監督が戦場ドキュメンタリー「アルマジロ」で注目されたヤヌス・メッツで、これがドラマ映画のデビュー作。
    まるでドキュメンタリーのように、1980年のウィンブルドンでの対戦を追いながら、子供時代のエピソードを散りばめ、2人の人間性をも浮き彫りにし、テニスを知らない人にも、人間ドラマとして見ごたえのあるものに仕上げているのはさすが!

    こどもの頃、カッとなりやすい性格だったというボルグが、コーチのレナート・ベルゲリン(ステラン・スカルスガルド)から自制することを学び、妻のマリアナ(ツヴァ・ノヴォトニー)の支えもあり、アイスマンと呼ばれる沈着冷静なプレイが出来る選手になったというのは意外だったが、子供のように感情の全てを大声で吐き出し、悪態をつくマッケンローのことを理解し、やがて親友になっていったのは、自らの子供時代と重なる部分があったからなのかと納得。

    孤高の存在の2人が、どのようにお互いを理解していったのか?
    人間ドラマとしての見どころもいっぱいの秀作です!

    ★おたか★

    過去ログ…9月12日 放送 おたかのシネマでトーク「プーと大人になった僕」

                   9月5日 放送 おたかのシネマでトーク「ブレス しあわせの呼吸」

                   8月29日 放送 おたかのシネマでトーク「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」

                   8月22日 放送 おたかのシネマでトーク「カメラを止めるな!」

                  8月15日 放送 おたかのシネマでトーク「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」