CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオDEしょー!

番組内容

おバカなコーナー盛りだくさん!
ラジオの天才!バンバンが繰り広げるショータイムです!

  • 2019年1月30日(水) 12時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『あん』(2019.1.30水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「あん」をご紹介しました。

    監督 河瀬直美

    出演 樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀

     

    今年も、最終週は懐かしの映画を紹介する“オタシネ クラシックス”をお届けしようと思います。

    で、今月は、この112日に82歳で亡くなった市原悦子さんと、昨年915日に75歳で亡くなった樹木希林さんの、最初で最後の共演作品、2015年の「あん」を取り上げました。
    作家で詩人で歌手で道化師でもあるという、ドリアン助川さんの原作を、河瀨直美監督が映画化。
    書こうと思い立って20年ぐらい、書き始めてからも78年をかけ、12回も書き直したという原稿、出版に際しても大手の出版社にはことごとく断られ、2013年にやっとポプラ社から世に出たというこの小説。
    でも、その後はとんとん拍子で、フランス、ドイツ、イタリア、イギリスなど12の国で出版され、映画になって2016年、カンヌ国際映画祭の“ある視点部門”のオープニング上映で絶賛され、その後世界45か国で公開されるなど、大いに話題をまいた作品になったのです。

    満開の桜で始まり、満開の桜で終わるこの映画、桜には死の匂いが付きまとう、とは河瀬監督の弁。
    小さなどら焼き屋“どら春”の雇われ店長千太郎(永瀬正敏)が出したアルバイト募集の張り紙を見てやってきた年配の女性、徳江(樹木希林)。
    高齢者にはちょっときつい肉体労働だからと断っても、手作りの餡を持って再びやって来た彼女の、お手製の餡のあまりの美味しさに、餡作りに来てもらうことになり、その美味しさが評判を呼び、行列の出来る人気店に。

    カナリアだけが友達という中学生ワカナ(内田伽羅)にも慕われ、餡作りだけでなく、接客もし、生き生きと働く徳江だったが、ある日オーナー(浅田美代子)がやって来て彼女に辞めてもらってほしいと伝える・・・。
    ある噂が広まり、店の客足もぱったりと途絶えていた。

    思い悩み、酒に溺れる千太郎を見かね、自ら身を引き仕事を辞めた徳江を訪ねて行った千太郎とワカナ。
    迎えたのは、徳江と彼女の親友の佳子(市原悦子)。ハンセン病の療養所に住む徳江にとって、外の世界で、しかも働くということが、どんなに生きがいになっていたかを知り、心を痛める二人。
    実際、感染力も弱く、95%の人が免疫を持っていると言われるハンセン病なのに、患者は長い間、根強い偏見や差別に苦しめられ、なんと”らい予防法”が廃止されたのは1996年だったということを知った時には、本当に愕然とした。

    人は何の為に生まれてきたのか? どのように生きることが、幸福なのか?
    “私たちはこの世を見るために、聞くために、生まれてきた。だとすれば、何かになれなくても、私たちには生きる意味があるのよ”という徳江の言葉は、ズシリと胸に響く。

    樹木希林が監督に推薦して実現したという市原悦子との共演も見ものだし、ワカナ役の内田伽羅との実の祖母と孫の共演も見もの!

    満開の桜の下、死を乗り越えた先にある、新たな希望の出発。
    永瀬正敏の笑顔に救われ、心に春がやって来るのです!

    ★おたか★

    過去ログ…1月23日 放送 おたかのシネマでトーク「マスカレード・ホテル

                   1月16日 放送 おたかのシネマでトーク「天才作家の妻 40年目の真実

                   1月9日 放送 おたかのシネマでトーク「ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー

                  12月26日 放送 おたかのシネマでトーク「今年1年を振り返って

                   12月19日 放送 おたかのシネマでトーク「アリー/ スター誕生

  • 2019年1月30日(水) 10時10分 OPトーク&プレゼント

    1月30日 ばんばひろふみ ラジオDEしょー★むごれ!はごはれ!★ (2019.1.30水)

    1月30日 ON AIR ★

    ばんばん「2月の土曜・日曜・祝日に、神戸市垂水区のマリンピア神戸 さかなの学校で体験できる、食べ物作りってなんだーー!!!」

    ばんばん「芸能人だからマスクをしているんじゃなくて、風邪予防なんです・・・」

    ラジオDEしょー!今日も3時までお送りしますよ~!!

     (ポッドキャストは随時更新中!) 

    ラジオ関西で毎週土曜 27時30分から放送中のマグナム石井さんの番組「サイケトリップストリート」が1500回をむかえました!1500回スペシャルゲストにばんばさんが出演しました!

    —————————————————★

    ★ブラザーズ5 セカンドシングルリリース!

    ブラザーズ5、待望のセカンドシングルが2019年2月6日発売されます!

    ブラザーズ5 2nd.Sg君に会えて・・・会えてよかった/吹く風まかせ~Going My Way

    【初回生産限定盤】DVD付き(EPCE-2045~6) ¥1,667+税【通常盤】(EPCE-2047) ¥1,111+税

    ブラザーズ5 HP

    —————————————————★

    みなさんもメールを送って番組に参加してくださいね★

    ★OPクイズの答えを送ってくださった方の中から1名様に神戸ハーバーランドから出航するクルーズ船「神戸船の旅 コンチェルト」のペアチケットをプレゼントします! (当選者の発表は来週です) 

    おたよりをお寄せいただいた方の中から3名様に東急ハンズのグッズをプレゼント。今週は「きみのおうちのコウペンちゃんのソファ」です。どんなグッズかは、吉次師匠がオープニングで紹介します。

    ⇒ メールフォーム  

    露の吉次Presents 五郎への道

    10時40分頃から放送。吉次師匠の落語会情報もブログでご紹介します。

    おたかのシネマでトーク

    11時台に放送。 過去ログ…1月23日 放送 おたかのシネマでトーク「マスカレード・ホテル

    クイズ 単勝で候

    吉次師匠が出題する難問にばんばさん&お孝さんが答えます!ばんばさん、お孝さん、どちらが正解するのか投票してくれた方の中から、正解した方に投票してくれたあなたに3000円プレゼント★ コーナーは11時45分頃。⇒ メールフォーム  

    ばんばんの法則

    今日も法則職人のみなさんの秀逸な、ばんばんの法則を紹介しますよ!大草原が出た方には、図書カードをプレゼントします。ばんばさんが鳥取県の「若桜鉄道広報大使」に就任し「春から春へ」が、鳥取県 若桜鉄道の観光列車「昭和」のイメージソングになったということで、特別にばんばさんの「若桜鉄道広報大使」の名刺ももれなく一緒にプレゼントしています。(11月14日 放送)

    ばんじいの知恵袋

    番組冒頭で紹介する、お悩みをみんなで解決しよう!ということで、アドバイスを送ってください。いただいたおたよりは、12時50分頃にご紹介。お悩みも大大募集中!採用された方には、図書カードをプレゼントします。

    大吉次・はるかのベストセラーを読む!

    放送で紹介した本は2名様にプレゼントしています。

    過去ログ… 1月23日 放送 ベストセラーを読む「一切なりゆき 樹木希林のことば」

    (スタッフ K)

  • 2019年1月23日(水) 15時30分 はるか吉次のベストセラーを読む!

    ベストセラーを読む「一切なりゆき 樹木希林のことば」★(2019.1.23水)

    「露の吉次 Presents 五郎への道」

    子育ては、もう一度、子供時代を生きさせてくれる。

    「負うた子に教えられて浅瀬を渡る」を実感する毎日です。

    自転車の補助輪を取って、うまく乗れず倉庫でほこりをかぶっていた自転車。

    お正月に宮崎に帰省した時に、お姉ちゃんに教えてもらって、乗れるようになった。

    もう自転車に乗るのが楽しくてしょうがない。

    這えば立て立てば歩めで小さな成長が世界を広げてくれる。

    私も一喜一憂して人生を謳歌していこうとあたらめて思います。

    (by 露の吉次)

    —————————————————★

    吉次・はるかのベストセラーを読む!」今日は「一切なりゆき 樹木希林のことば」をご紹介しました。

    女優 樹木希林さんが活字で遺したことば “自分で一番 トクしたなと思うのはね、不器量というか 不細工だったことなんですよ” は私の心に残りました。

    生き方がポジティブで、おごらず他人と比べない。

    何事も面白がってユーモアを添えたことばの数々、そのことばは借り物でなく説得力を持つ。

    (by 露の吉次)

    —————————————————★

    放送で紹介した本は2名様にプレゼントします!来週もお楽しみに!!来週は「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」をご紹介します。

    過去ログ… 1月16日 放送 ベストセラーを読む「幕末まらそん侍」

                      1月9日 放送 ベストセラーを読む「図説 明智光秀

                      12月26日 放送 ベストセラーを読む「ある男」

                    12月19日 放送 ベストセラーを読む「レプリカたちの夜」

    —————————————————★

    吉次師匠 出演情報

     

    2019年2月3日(日)「第52回 あみだ池寄席」

    11月18日 午後2時開演(1時半開場)

    笑福亭仁福/桂文昇/露の吉次(二席)

    前売り1,500円 当日2,000円

    場所:あみだ池 和光寺 本堂1階 全席椅子席(大阪メトロ千日前線「西長堀」5号出口東へ徒歩2分/長堀鶴見緑地線「西長堀」2号出口より東へ徒歩5分)

    お問い合わせ 06-6491-3554(露の吉次)

  • 2019年1月23日(水) 14時00分 知性の玉手箱

    知性の玉手箱★兵庫県薬剤師会 副会長 西田英之さん 兵庫県病院薬剤師会 顧問 平井みどりさん (2019.1.23水)

    知性の玉手箱ゲストは兵庫県薬剤師会 副会長 西田英之さん兵庫県病院薬剤師会 顧問 平井みどりさん

    一般的に、高齢者では、加齢とともに多くの疾患を併発します。高齢化の進展に伴い、高齢者の薬物治療・健康が問題になっています。近年、多剤服用や多剤併用を意味する「ポリファーマシー」が注目されています。複数の医薬品が処方されることは、様々な疾患を抱えている高齢者などにおいて少なくありませんが、ポリファーマシーとは何か?なぜ今、ポリファーマシーが注目されているのか、お話頂きました。

    —————————————————★

    「魅力満載!海峡通信」のコーナー!!! 明石海峡をはさんだ明石と淡路の、風光明媚な景観や、海と自然が生み出した特産物・イベントなど、明石と淡路島の魅力を存分にお伝えするコーナーです。今日は、淡路島の銘酒と甘ものをご紹介しました。

    都美人酒造 清酒 淡路人形浄瑠璃

    千年一酒造 國生みの雫

    もっちりわらび芋ようかん

  • 2019年1月23日(水) 12時00分 おたかのシネマDEトーク

    おたかのシネマでトーク『マスカレード・ホテル』(2019.1.23水)

    おたかのシネマでトーク

    今日は「マスカレード・ホテル」をご紹介しました。

    監督 鈴木雅之

    出演 木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、松たか子、梶原善、泉澤祐希

     

    原作は、2011年に出版された東野圭吾の小説。シリーズで3作目まで出版されていて、累計で350万部が売れているという人気シリーズの1作目の映画化。

    今まで、検事や総理大臣、天才外科医など様々な役柄を演じてきた木村拓哉が、初めて挑む刑事役。
    原作者の東野圭吾が、キムタクをイメージして書いたというだけあって、期待以上のハマリ役。

    連続殺人事件の次の現場と目されている、ホテル・コルテシア東京。
    事件を未然に防ぎ、犯人を逮捕する為潜入捜査をするということになり、帰国子女で英語が堪能だからという理由で、フロント担当を命じられた捜査1課の刑事、新田浩介(木村拓哉)。
    ボサボサ頭で、眼光鋭く、コーヒーを手に、飲みながらやって来た彼が、超真面目なフロントクラーク山岸尚美(長澤まさみ)の厳しい指導を受けながら、やがて立派なホテルマンに変身し、事件の解決に当たるというサスペンスミステリー。

    初めは水と油のように反発しあいながら、やがて絶妙なバディのような関係で事件を追うことになる新田と尚美役の木村拓哉と長澤まさみは、これが初共演とは思えないぐらい、息もピッタリ。

    二人を囲む共演者も豪華メンバー。濱田岳、笹野高史、松たか子、生瀬勝久、高嶋政宏、前田敦子、勝地涼、菜々緒、橋本マナミなどのお客、ホテル総支配人の石橋凌、鶴見慎吾、東根作寿英らのホテルスタッフ、渡部篤郎、篠井英介、梶原善、泉澤祐希そして小日向文世らの警察側。
    いずれ劣らぬ曲者揃いで、大いに個性を発揮し、出番が少ない人も強烈な印象を残し、観る者をワクワクさせてくれる。

    ホテルという非日常の空間では、来る人はお客様という仮面を被っている。
    その“仮面”を剥がそうとする刑事新田と、お客様の安全が第一優先でその“仮面”を守ろうとする尚美をはじめホテル側のスタッフ。
    どんな理不尽な要求にも誠心誠意応えようとするホテルマンたちのプロ意識に、少しずつ理解を示す新田と、彼が毅然と、まさにホテルマンのお手本のような対応でお客様とのトラブルを収めたのをみて信頼を寄せるようになる尚美の微妙な関係。

    ドラマの“ロング・バケーション”から、映画ではあの2本の「ヒーロー」も手がけた鈴木雅之監督は、木村拓哉と何度も仕事をしてきた中で、今回、刑事なんだけどホテルマン、でも刑事の雰囲気も残しつつ・・・という難しい役どころで、又彼の違った顔を引き出すことに成功している。

    仮面舞踏会のシーンまで登場してくる夢のホテル“コルテシア東京”。
    勿論セットを組んで撮影され、実在しないホテルなんだけど、日本橋のロイヤルパークホテルをイメージして書かれたことは有名な話。
    今度東京に行ったら泊まってみたいホテルが、また一つ増えました!

    ★おたか★

    過去ログ…1月16日 放送 おたかのシネマでトーク「天才作家の妻 40年目の真実

                   1月9日 放送 おたかのシネマでトーク「ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー

                  12月26日 放送 おたかのシネマでトーク「今年1年を振り返って

                   12月19日 放送 おたかのシネマでトーク「アリー/ スター誕生

                   12月12日 放送 おたかのシネマでトーク「彼が愛したケーキ職人