CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!

番組内容

おバカなコーナー盛りだくさん!
ラジオの天才!バンバンが繰り広げるショータイムです!

  • 2020年9月30日(水) 19時10分 おたかのシネマDEトーク

    9月30日*おたかのシネマでトーク「ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男」

    *おたかのシネマでトーク

    今日は「 ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 」をご紹介しました。

    監督: P・デビッド・エバーソール/トッド・ヒューズ

    キャスト:ピエール・カルダン
         ジャン=ポール・ゴルチェ
         フィリップ・スターク
         ナオミ・キャンベル
         シャロン・ストーン
         ジャン=ミシェル・ジャール
         他

    私にとって、今までで一番身近なブランドと言えば“ピエール・カルダン”ではないだろうか?
    それこそトイレのタオル、バスマットからちょっとおしゃれなワンピースまで、結構身近にそのブランドはあった。
    それもその筈、なんと飛行機からタオルに至るまで、世界110か国で800点に及ぶライセンスビジネスをしているというから、身近に感じるのも当たり前かも。
    今や巨大なコングロマリットに呑みこまれてしまったブランドが多い中で、独自のやり方で創立者のカルダンがすべてをコントロールし、今年70周年を迎える伝説のファッションブランド。
    そのカルダンの人生を映像といろんな人々のインタビューも交えて綴るドキュメンタリー。

    1922年生まれというから御年98歳、未だお元気でご活躍中というのが、スゴイ!
    フランス人と思っている人が多いが、イタリアのヴェニス近郊の生まれ。ムッソリーニが現れ、ファシズムが台頭してきたので、一家でフランスへ。カルダンが2歳の時だった。
    子供のころから人形で遊ぶのが大好きだった彼はやがてパリのオートクチュールの世界に足を踏み入れ、ジャン・コクトーの映画「美女と野獣」の衣装や仮面の制作を担当。のちにバレエ、演劇、映画のコスチュームを多く手掛けるようになったのも、彼自身が舞台俳優を目指していたことも関係しているのかも。ハンサムでエレガントな彼の周りには同性愛のアーティスト達が集まり、それになんとあの「死刑台のエレベーター」で注目された女優ジャンヌ・モローとも、映画の衣装を担当したことがきっかけで公私にわたるパートナーだった時期もあり、男女を問わず華やかな関係が人生を彩った。

    初めてオートクチュールのコレクションを発表したのが1953年。1958年には紳士ブティックを開き、男性モード界にも進出。59年には女性のプレタポルテコレクションを発表。
    セレブだけでなく、誰もがデパートででも買える既製服プレタポルテを発売して、ファッションの民主化を図ったこと、
    メンズコレクションに進出したのは彼が初めてで、ビートルズも襟なしジャケットを着たこと、ショーには人種や肌の色をこえてモデルを起用し、日本人の松本弘子も活躍したこと、数多くのライセンス契約を導入したこと、1979年には社会主義国の中国で、1991年にはモスクワ“赤の広場”でファッションショーを開催したことなど、数々の偉業を成し遂げている。

    1970年には劇場を買収して、新人にデビューの場を提供したり、各国の伝統芸術を紹介して国際文化交流に貢献し、ジェラール・ドパルデューを見出したことでも有名。
    あのパリのレストランの老舗、マキシム・ド・パリに、ドレスコードで入店を断られたことから、1981年に店を丸ごと買収するなど、逸話には事欠かない。

    1958年初来日し、1か月にわたり東京で開いた立体裁断講座は、桂由美、森英恵、高田賢三らも受講するなど評判となり、以後何十回も来日している親日家。
    ナオミ・キャンベルやアリス・クーパーやシャロン・ストーンらのインタビューを挟み、数々の映像で綴るカルダンの生きざま。
    監督は、ゲイのカップル、P.デビッド・エバーソール&トッド・ヒューズ。映画を観たカルダンにすべて真実だとお墨付きをもらったのが、アカデミー賞を貰うより嬉しかったんだとか。

    若さの秘訣は仕事、働くこと、というピエール・カルダンのチャーミングでカラフルな人生ストーリー。
    人生を楽しく生きるヒントもいっぱいです!!

    ★おたか★

  • 2020年9月30日(水) 19時09分 OPトーク&プレゼント

    9月30日*知性の玉手箱:ジャズトランぺッターの広瀬未来さん

    *オープニングクイズ
    神戸市中央区のハーバーランド生まれの、偉大な推理小説作家ってだぁ~れだ?

    毎週冒頭で出題される、兵庫県にまつわるオープニングクイズの答えを送ってくださった方の中から
    お1人の方に神戸ハーバーランドから出航するクルーズ船「神戸船の旅 コンチェルト」の
    ペアチケットをプレゼントします! (当選者の発表は来週です)⇒メールフォーム

    *知性の玉手箱
    ゲストは、
    ジャズトランぺッターの広瀬未来さん

    火曜日18時~の「KOBE JAZZ-PHONIC RADIO」でもパーソナリティーをしている広瀬未来さん。
    10月20日(火)は「KOBE HIGHSCHOOL JAZZ-RALLY」の特番が放送されます!⇒番組詳細

    広瀬さんの経歴や神戸のジャズについてなどお聞きしました。

    ニューアルバム「THE GOLDEN MASK」トレーラーはこちら⇒アルバムを聴く

    \LIVE情報/
    MIKI HIROSE JAZZ ORCHESTRA
    日時:10月18日(日) 開場18時 開演19時
    会場:ロイヤルホース

    タイムフリーでもお楽しみ頂けます。

    *ばんばんの歯医者さんに聞いてみました
    尼崎市の永井歯科 歯科医師の永井康照先生に、
    ちゃんと噛める歯になるために大切なことや、
    まだ日本ではあまり知られていない“こんな治療があったんだ!”という治療の紹介。
    気になる治療費のことまでお聴きするコーナーです。

    “芸人は仕事無い日が休みです”
    私の師匠の若い頃の川柳です。
    晩年入退院を繰り返して仕事がこなくなりました。
    師匠が入院中のベッドで私にまっ白のスケジュール帳を見せて
    「仕事あらへん」と言いはりました。
    「師匠、病気が治ったら仕事なんかなんぼでもきまっせ」と
    言った時はツラかったです。
    師匠、先の見えない長い休みですが
    絶対この休みを無駄にはしません。

    露の吉次

  • 2020年9月23日(水) 21時18分 おたかのシネマDEトーク

    9月23日*おたかのシネマでトーク「TENET テネット」

    *おたかのシネマでトーク

    今日は「 TENET テネット 」をご紹介しました。

    監督: クリストファー・ノーラン

    キャスト:ジョン・デヴィッド・ワシントン
         ロバート・パティンソン
         エリザベス・デビッキ
         ディンプル・カパディア
         マイケル・ケイン
         他

    時間って何?
    時間は普遍的でありながら、時間の捉え方は、人によって違う。
    1分は60秒、1時間は60分、1日は24時間・・・、人間に与えられた時間は平等だけど、感覚的にはあっという間だったり、延々と持て余すほど時間が経つのが遅かったりと、人それぞれ、場面によっても違うという不思議なモノ。
    しかも、時間は過去から未来に向けての一方向にしか進まない。一度放ってしまった矢は戻ってくる事がないという例えで“時間の矢”と呼ばれていて、何故、時間は過去の方向に進まないかは物理学の未解決問題の一つと言われている。

    それでも、タイムトラベルものでは、時代を遡って過去の世界に行けたり、遠い未来に行けたりと、自由に時間の壁を越えていけるのだ。
    でもそれにも限度があって、時間を飛び越えて行き来するのは、タイムマシンを使ったり、いろいろと大変。
    そしてこの「テネット」のように、何度も何度も時制が行ったり来たりすると、もうなんだか訳が分からなくなってしまう。
    そう、この作品を一度観て、すべて理解できたという人がいたら、お目にかかりたいぐらい複雑なのだ。
    確かにこの映画、何度か観ないと分からない。理解できない。
    セイター役のケネス・ブラナーも、”理解しようとするのではなく、感じてほしい“と言っているが、こう何度も行ったり来たりだとすると、今はいつ?という始末。

    名もなき男(ジョン・デイビッド・ワシントン)は、米海兵隊特殊部隊出身で、格闘、武器の扱いにも長け、人類を救う極秘ミッションを与えられたスパイ。
    ニール(ロバート・パティンソン)は、共に戦う部下。
    現代人を殲滅する為、時間を逆行してくる未来からの脅威と闘うということで、ロシアの武器商人で現在と未来の仲介人のセイター(ケネス・ブラナー)と、その妻キャット(エリザベス・デビッキ)と出会う。
    回転ドアのような時間を行き来する装置を使い攻撃を仕掛けてくる未来人の目的“アルゴリズム”とは???

    監督・脚本・製作はクリストファー・ノーラン。
    2000年の「メメント」で、妻を殺害され自身も傷を負い、10分間しか記憶を保持できない記憶障害になった男の復讐を、犯人を射殺するシーンから始まり、時系列を遡っていくシーンはカラーで、時系列順はモノクロでという画期的な手法で描き話題を呼んだが、今考えるとあれはまだわかりやすかったと言えるのかも?!

    2008年の「ダークナイト」から使い始めた、IMAXカメラ。デジタルカメラでの撮影が主流の現在にあって、IMAXカメラとフィルムによる撮影にこだわり、しかも、今作はエストニア・イタリア・インド・デンマーク・ノルウェー・イギリス・アメリカと各地で撮影が行われ、特にエストニアは、冒頭のキエフのオペラハウスのテロ事件のシーンや首都タリンの高速道路での大チェイスシーンで、3週間も道路を封鎖して撮影が行われるなど、とにかく徹底的にこだわりぬいて作り上げるクリストファー・ノーラン監督の7年がかりの企画。

    “映画に何ができて、どこへ連れて行ってくれるか、その可能性を感じてもらいたい”という監督の言葉。
    難解だけど、何回も観たい・・・、映画の持つ無限の可能性を感じた2時間半だった。

    ★おたか★

  • 2020年9月23日(水) 21時16分 OPトーク&プレゼント

    9月23日*知性の玉手箱:シンガーソングライターの中西圭三さん

    *オープニングクイズ
    兵庫県宝塚市にある、聖徳太子が建立した、安産祈願で有名なお寺ってどぉ~こだ?

    毎週冒頭で出題される、兵庫県にまつわるオープニングクイズの答えを送ってくださった方の中から
    お1人の方に神戸ハーバーランドから出航するクルーズ船「神戸船の旅 コンチェルト」の
    ペアチケットをプレゼントします! (当選者の発表は来週です)⇒メールフォーム

    *オープニングナンバー
    だけど会いたい/Bitter&Sweet
    Kiroro書下ろしによる限りなく切ないラブバラード

    11月11日(水)リリースされます!
    Bitter&Sweetについて詳しくは⇒ホームページ

    *知性の玉手箱
    ゲストは、
    シンガーソングライターの中西圭三さん

    9月9日に発売されたニューシングル「流れ星」についてなどお聞きしました。

    購入方法など詳しくは、中西圭三さんのホームページをご覧ください⇒ホームページ

    タイムフリーでもお楽しみ頂けます。

    *ばんばんの歯医者さんに聞いてみました
    尼崎市の永井歯科 歯科医師の永井康照先生に、
    ちゃんと噛める歯になるために大切なことや、
    まだ日本ではあまり知られていない“こんな治療があったんだ!”という治療の紹介。
    気になる治療費のことまでお聴きするコーナーです。

    病院に定期検診に行って、
    先生の話を聞いている時に私の携帯が鳴りました。

    私のガラケーを見た先生が、
    「君もガラケーか!!」
    その先生もガラケーらしく、
    親近感を持ったのか、
    やたら饒舌になりはりました。

    「ガラケーやったらみんなにイジられるやろ」
    「スマホはパカパカできへんよな。
    二台持ちはポケットがパンパンになるしな」

    「昔は着メロが寅さんやったや。ストラップも色んなんつけたで」

    病気の話はそっちのけで
    「君はいつまでスマホやなしにガラケでいくの?僕がガラケーが良えわ」

    「けどあと数年でなくなりますよ」と僕が言うと先生が一言。

    「延びるよ」

    この先生で私の病気は大丈夫かなと思いました。

    露の吉次

  • 2020年9月16日(水) 17時15分 おたかのシネマDEトーク

    9月16日*おたかのシネマでトーク「スペシャルズ!」

    *おたかのシネマでトーク

    今日は「 スペシャルズ! 」をご紹介しました。

    監督:エリック・トレダノ/オリビエ・ナカシュ

    キャスト:ヴァンサン・カッセル
         レダ・カテブ
         エレーヌ・ヴァンサン
         他

    私たちは何を知っているのだろうか?
    自助、公助というけれど、どう考えても自分たち家族の力だけでは支えきれない現実があり、その時、公の助けは?
    決して行き届いているとは言い難い福祉のサービスからこぼれ落ちたというよりは、助けを求めて伸ばした手を受け止めてさえもらえない人たちを、何としてでも助けたい。
    そんな2人の男たちの活動を追った実話に基づく物語。

    ブリュノ(ヴァンサン・カッセル)は、自閉スペクトラム症の青少年を支援する団体“正義の声”を運営。
    手厚いケアをしようとすると、多くのスタッフが必要なのに、無認可で、ずっと赤字。
    マリク(レダ・カテブ)は、社会からドロップアウトした若者たちの就労支援団体“寄港”を運営していて、ここで育てた人材が、ブリュノの施設で働くという風に、2人は手を組み、助け合って頑張っている。
    常にトラブル続き、問題がてんこ盛りの綱渡りのような日常に、ある日、大きな問題が発生。
    社会問題総合監査局(IGAS)の調査が入るというのだ。もし、不適切な組織だとジャッジされれば、閉鎖を命じられるという。
    さあ、どうする???

    2011年の東京国際映画祭で、東京サクラグランプリに輝いた「最強のふたり」というフランス映画。
    頚髄損傷で体の自由がきかない大富豪と、その介護人になった貧困層の移民の若者との交流をコミカルさも含めて描いた実話に基づくドラマ。
    本国フランスで、大ヒットし、介護人ドリス役のオマール・シーは、ここからスターへの階段を昇って行った。
    その「最強のふたり」の監督、エリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュの最新作がこの映画だ。

    フランスで公開されるや動員数200万人を突破。スペインのサンセバスチャン映画祭で観客賞を受賞し、セザール賞では9部門ノミネートなど、ヨーロッパ各地で熱狂的に愛された作品。
    今回もステファン・ベナムとダーウド・タトウという実在の二人の男が主人公。
    26年前、まだ駆け出しの監督だったトレダノとナカシュが出会って深い感銘を受け、いつの日か必ず映画にすると心に誓っていたのだとか。

    ジョゼフ役を演じたベンジャミン・ルシューをはじめ、実際の自閉症の若者や子供たちの存在感もすごい。
    長い邦題「スペシャルズ!政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話」は、まんまこの映画を表していて、なるほどと納得のネーミング!

    ★おたか★