CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く

三上公也の朝は恋人

番組内容

懐かしの名曲を中心に三上公也アナウンサーのセレクトで、月曜日から木曜日の朝のひとときを音楽で彩ります。
また、エンタメ、スポーツ、ライフスタイルなど、一日の始まりに入れておきたい情報もお伝えします。

  • 2024年5月20日(月) 03時15分 バス

    横浜みなと散策~港クルーズで見かけた船そして車~オランダの帆船「スタッド・アムステルダム」は今日神戸港へ!

    横浜駅からJRで桜木町に移動

    東神奈川駅と八王子駅間を走るE233系車両。横浜駅を経由して根岸線に直通、大船駅まで乗り入れています。

    テレビはいよいよ電車に進出ですか!

    馬車道から赤レンガ倉庫方面へ

    「あかいくつ」という名の横浜周遊バスが走っていました。

    足元近くに何かが近づいてくると思ったらムクドリでした。

    ハトは日向ぼっこ

    横浜みなとみらいクルーズが楽しめる観光船「マリーンルージュ」

    出港時刻に間に合い乗船

    60分のアフタヌーンクルーズ。乗船料金は大人2,400円でした。

    御船印は300円

    14時30分離岸

    快晴のクルーズ日和!

    水陸両用船「スカイダック」。気持ちよさそう。

    横浜ベイブリッジに差し掛かりました

    橋の下をくぐります

    夜景を楽しむナイトクルーズは綺麗なことでしょう

    神戸港にも似た光景

    羽田空港を離陸したJAL機

    こちらはエアドゥ機

    神戸港でも見かける自動車運搬船

    岸壁にはずらりと並んだ乗用車が

    トラクタやクレーン車なども待機

    南極観測船「しらせ」が停泊していました。海上自衛隊での正式船名は「砕氷艦 しらせ」。4月には船内が一般公開されたようです。

    横浜港は「さとうのふるさと」だったのですね。

    神戸港に比べると横浜港はやはりスケールが大きいと感じます。神戸港にはない風力発電施設がありました。

    横浜海上保安部の巡視船「おおすみ」

    海上保安庁の基地があります。巡視船「いず」(手前)と消防船「ひりゅう」

    その先に外国帆船が停泊していました。初寄港したオランダの帆船「スタッド・アムステルダム」。19世紀の高速帆船を忠実に復元した船で、今日20日(月)午後3時半には神戸港第1突堤に入港予定です。

    新港ふ頭にある「ハンマーヘッドクレーン」。金槌に似たフォルムからそう呼ばれています。大正時代に造られた歴史あるクレーンで、日本にはここ横浜とあとは長崎の三菱長崎造船所、佐世保重工佐世保造船所の3カ所に現存しています。長崎屋佐世保は横浜より大きい「ジャイアントカンチレバークレーン」と呼ばれるクレーンが残っています。

    赤レンガ倉庫前と横浜駅東口を結ぶシーバス。出港していきました。

    もう一隻青いシーバス船がありました。

    下船後赤レンガ倉庫前を通るとこんな車が停まっていました。

    最大傾斜45度の急坂を車で登る体験が出来る設備を積んだ三菱自動車の車両でした。

    この土日に開催された「ル・ボラン カーズ・ミート2024」という車イベントの事前準備が行われていました。

    海外の高級車や

    国内車メーカーの車両が並んでいました。

    準備だけ見てこの場をあとにしました。

  • 2024年5月19日(日) 07時18分 バス

    早起きは三文の徳!神戸から羽田まで早朝フライト~神戸空港ではなんとポケモンジェットを3機見かけました!

    快晴の天気の下、神戸空港発の一番機で短い空の旅を楽しみました。

    機体はエアバスA320neo(JA212A)

    そういえば神戸空港の駐車料金が500以上値上がりしていました。こんなところにも値上げの波が・・・

    ボーディングブリッジを通って機内に乗り込み

    座席にはTVモニターが付いていて機体前方や下方のライブカメラ映像を見ることが出来ます。出発前の前方カメラにはトーイングカーが大映しに!

    雲ひとつない空。羽田まで1時間15分のフライトです。

    「ピカチュウジェットBC2」 (ボーイング B737-800 JA73NG)が神戸に駐留中でした

    なんと「ピカチュウジェットBC1」(ボーイングB737-800 JA73AB)もいたではありませんか!

    そしてもう一機。こちらはポケモンでもソラシドエアの「ナッシージェット宮崎」(ボーイングB737-800 JA803X)
    ナッシーとアローラナッシーが機体に描かれています。

    色で目立つ赤い機体のフジドリームエアラインズのエンブラエルE170(JA01FJ)も駐機中でした。

    地上係員に見送られて滑走路へ移動開始

    定刻に離陸

    眼下に淡路島にあるラジオ関西の送信塔が見えました(写真中央の2本のアンテナ)

    そして富士山も拝めました

    上空やや霞んでいましたが見ることが出来ました。

    千葉上空を旋回ののち羽田空港に着陸しますが眼下にも着陸態勢に入るANA機発見!羽田空港はA~Dまで4本の滑走路を運用中。ゆえにこんな光景が見られるのですね。

    定刻に羽田空港に着陸

    ここまでは良かったのですが、ボーディングブリッジの付いた空港ゲートではなく703スポットに到着

    ここからターミナルまではバスで移動。やや時間がかかりました。旅客機の離着陸はひっきりなしで、人の動きはコロナ禍前の状態にほぼ戻っているようでした。

    羽田空港からは京急空港バスで横浜へ移動。高速道を使って約30分の距離。車窓からも富士山が見えました。

    今回は横浜から鎌倉&江の島観光、そして江ノ電に乗ってあの人気のカフェ?にも行ってきました。
    旅レポートつづく・・・

  • 2024年5月14日(火) 03時14分 鉄道

    ミニSLの館「やずミニSL博物館」へ

    鳥取県八頭町の船岡竹林公園内にある「やずぽっぽ! やずミニSL博物館」に行って来ました。

    平成29年4月に開館した施設です。

    入館料は200円

    ここにはすべてが動く18両のミニSLが展示されています
    精巧にできたD51やC11などのお馴染みの蒸気機関車がずらり

    転車台も設置されています

    英国国鉄統合前のCタンク機関車も

    許可を得てC12にまたがり記念撮影

    若桜鉄道の車両で使われていた座席(休憩できます)

    車両以外にも様々な鉄道グッズや写真・資料が展示されています

    旧国鉄倉吉線のプレート

    こんなSLにまつわる資料もありました。

    補修を行うための工作室

    HOゲージやNゲージの模型コーナー

    グッズ販売コーナー

    この日はあいにくの雨風強い日で乗車体験は出来ず

    客車類は出番なし

    竹林公園内には貨車の「ワフ29000」が展示されていました


    70年前の貨車です

    日本車輛製造で100両造られたうちの1両です。

    八頭でしっかり鉄分補給出来ました。
    「やずミニSL博物館」公式サイトはこちら

  • 2024年5月11日(土) 04時17分 関西

    祝!神戸ー大阪間鉄道開業150周年でイベント開催

    今日5月11日、神戸-大阪間に鉄道が開業して150周年を迎えました。JR神戸駅周辺では様々な記念イベントが予定されています。
    すでに行われているのが150年の歴史を振り返るパネル展示。

    神戸駅南通路では「鉄道とまちの歴史パネル展」

    ハーバーランドのことも出ています。今は歩道になっていますが、元々は「運河のまち」をイメージして歩道脇に水が流れていました。

    駅構内の足元に案内表示があります

    また山側バスターミナルのサンポルタ広場では投稿募集で集まった「思い出の神戸駅」の写真パネル展が開かれています。

    2030年の神戸駅前広場リノベーション後の予想図も絵で紹介

    また駅構内改札横のスペースには近くの湊小学校3年生の子どもたちから寄せられたメッセージカードが展示されています。

    128枚のカードが掲載されています

    湊小学校はかつての神戸駅構内にあるのですね。

    幟が目印

    神戸駅舎ですが窓が白っぽく見えました。

    中を見ると白いボードが取り付けられていました。

    ドアのガラスにも

    これは今日11日と明日12日の2日間行われる「KOBE-OSAKA150年クロニクル 神戸駅プロジェクションマッピング」のためのもの。
    両日とも午後8時から9時半まで15分間隔で街と鉄道の歴史が投影されるそうです。

    また神戸駅の南東側にあるD51広場では今日正午から「芝生でごろんの日」という催しがあります(11日のみ)

    D51×モトコー「7つの駅の秘密」なる催しも(12日まで)

    なお神戸駅では今日午前10時10分から記念式典が行われ、式典の後に記念列車が出発するそうですよ。

  • 2024年5月7日(火) 03時14分 バス

    離島巡りの旅~対馬・壱岐ツアーレポート⑥ お船江跡・対馬博物館見学そして壱岐へ移動

    対馬グランドホテルでの昼食後お船江跡へ。

    お船江跡(おふねえあと)とは、対馬藩の御用船を係留した船溜まりのこと。

    江戸時代の貴重な遺構がそのまま残っているのです。

    この頃、外は雨の降り様が激しさを増していました。見学もそこそこに対馬博物館へ移動。

    対馬市役所の北向いにある博物館で、自然、歴史、文化、芸術を扱う総合博物館です。様々な資料を通して朝鮮半島など大陸の国々や日本本土と活発な交流をしている対馬のあゆみが紹介されています。


    厳原(いづはら)の街中で、博物館の近くには韓国人観光客向けの観光物産館がありました。

    ここに来れば日本各地の名産が手に入るようです。

    こんなご当地ガチャがありました。限定ものには弱い私ですがこれは手を出しませんでした(笑)

    厳原港からは「フェリーきずな」で壱岐へ移動。

    15時25分発の便に乗船

    壱岐の郷ノ浦港には定刻17時19分到着予定

    ジェットフォイルなら約1時間の距離ですが、フェリーだと約2時間の船旅です。

    2等船室に乗船

    カラフルな座席は優先座席となっています。

    靴を脱いでくつろげるスペースも

    このフェリーも案内所で御船印が販売されていました。

    乗船記念に購入しました。

    そうこうしているうちに郷ノ浦港へ

    小雨降る中着岸


    3階部分にボーディングブリッジがセットされます。

    下船

    春先に吹く南寄りの強い風のことを「春一番」といいますが、この言葉は壱岐が発祥の地だそう。
    安政6年(1859年)にこの強い風を受けて多くの地元漁師が遭難しました。以来自然の怖さを忘れないようにと慰霊碑とともに「春一番の塔」が建てられているそうです。

    壱岐・郷ノ浦港ターミナルに到着

    ここからは迎えの玄海交通のバスで宿泊先の壱岐島荘へ直行します。

    対馬・壱岐旅レポートつづく・・・