CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

三上公也の朝は恋人

番組内容

懐かしの名曲を中心に三上公也アナウンサーのセレクトで、月曜日から木曜日の朝のひとときを音楽で彩ります。
また、エンタメ、スポーツ、ライフスタイルなど、一日の始まりに入れておきたい情報もお伝えします。

  • 2022年9月29日(木) 03時43分 関西

    兵庫テロワール旅弁当「ひょうご日和」と「ひょうご玉手箱弁当」

    来年夏に開催される大型観光キャンペーン「兵庫デスティネーションキャンペーン」のプレキャンペーンとしてこの夏登場した「兵庫テロワール旅」弁当2種。テロワールとは土地の個性の意で、兵庫県の食文化がまるごと味わえるお弁当です。
    まずは神戸に本社を置く淡路屋の「ひょうご日和」

    蓋を開けるとお品書きが!

    六甲山に見立てた兵庫米三角おにぎりや明石ダコの旨煮、いかなごくぎ煮、丹波の黒豆煮、神戸牛の和風コロッケなど地域の特産をふんだんに取り入れたお弁当です(税込1,250円)

    もう一つは姫路に本社を置くまねき食品の「ひょうご玉手箱弁当」

    こちらも蓋を開けるとお品書きが現われました。

    ご飯は但馬牛めしと瀬戸内真蛸のちらし寿司の2種。揖保乃糸素麺サラダバジル風味や相生産の椎茸のカレーパン粉焼き、淡路玉葱の素焼きや淡路鶏の味噌焼きなどこちらも兵庫の食材が沢山詰まっています。この椎茸のカレーパン粉焼きはあと2つ3つ食べたいと思いました(^^)

    税込1,280円
    新神戸駅、新大阪駅、大阪駅、京都駅の『旅弁当』各店舗及び、淡路屋・まねき食品の直営店で販売中。

  • 2022年9月26日(月) 03時49分 関西

    秋の交通安全週間につき「兵庫県警版ひっぱりだこ飯」を食べました(^^)

    お弁当の淡路屋が兵庫県警とコラボして販売中の「兵庫県警版ひっぱりだこ飯」。秋の全国交通安全運動期間を前に9月15日に販売を開始した人気の「ひっぱりだこ飯」です。先週ようやく入手出来ました。

    ひっぱりだこ飯の陶器が兵庫県警のパトカーを模した白と黒の特別仕様に仕上げられています。

    そしてゴムと掛け紙で赤色灯を演出と細やかなデザイン。掛け紙を外し蓋を開けると・・・

    中身は定評ある真ダコの旨煮や穴子煮、醤油飯などが盛りつけられています。

    発売当初はすぐに売り切れてしまっていましたが、21日からは各店舗の取り扱い数量が少し増えたようです。それでも開店して程なくして売り切れてしまうそうです。限定1万2,000食で1個1480円(税込)

    掛け紙のデザインは全部で3種類あるそうですよ。

    取り扱い店舗
    淡路屋各店(新神⼾、神⼾、⻄明⽯、鶴橋、垂⽔駅、神⼾阪急、神⼾⼤丸、⻄神中央、芦屋⼤丸、阪神梅⽥、⼤阪⾼島屋、⾼槻阪急、川⻄阪急、宝塚阪急、⻄宮阪急、川⻄阪急、オンラインストア(https://all.awajiya.co.jp/)、旅弁当(京都駅・新⼤阪駅・⼤阪駅構内の⼀部店舗)、近鉄⼤阪難波駅構内「箱夢」、東京駅「駅弁屋 祭 グランスタ東京」他
    ※売り切れ次第終了。⼀部店舗は、販売期間が異なります。

  • 2022年9月25日(日) 05時55分 関西

    淡路の海でウミホタル鑑賞

    伊弉諾神宮から車で数分のところにある多賀の浜へ。夏場は海水浴場として人気の場所です。
    ここでウミホタル鑑賞会がありました。海水面に青白く光っているのがウミホタル。

    ウミホタルは甲殻類の生き物でエビやカニの仲間でヤコウチュウとは全く別の種類です。米粒のように見えるのがウミホタル。

    夜行性で刺激を与えると威嚇の意味で青く発光。容器に入ったウミホタルを水際にまいて灯りを消すと・・・

    青く光を放ちました。

    春から秋にかけて夜になるとみられるそうです。

  • 2022年9月24日(土) 12時52分 芸能文化

    伊弉諾神宮で今年も「神楽祭」開催!

    9月23日(国生みの日)の昨日、兵庫県淡路市にある伊弉諾神宮で『第15回神楽祭(かぐらまつり)』が開催されました。伊弉諾神宮といえば祭神は国生み神話などに登場する伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)です。その神話のふるさとに淡路・出雲・高千穂の3つの神楽が集結。三大神話の神楽が華やかに競演されました。

    午後4時に開場。

    昼過ぎまで降っていた雨は上がりました。

    特設舞台で国生み太鼓の演奏が始まりました。

    午後4時半過ぎから「淡路神楽」が始まりました。

    題目は「黄泉かえり(よみかえり)」神楽ーワタシの還るー

    単なる神話の再現ではなく、音楽に合わせて伊弉諾尊と伊弉冉尊が舞を披露。生きる尊さや喜びを表現。

    この頃になると上空の雲は取れ青空が広がってきました。台風はどこへやら。風も無く穏やかな神楽鑑賞日和。15回目となる「神楽祭」ですが、主催関係者の話では過去4回当日に雨が降ったことがあるもののいずれも開演までには雨は止み中止になったことは無いそうです。今回もしかり。伊弉諾さんの力は偉大なのです。

    続いては島根県の「出雲神楽」。題目はおなじみの「八岐大蛇(やまたのおろち)」

    大蛇は4匹登場し暴れまくります

    素戔嗚尊(すさのおのみこと)」が大蛇を退治するシーンは圧巻!

    口から火を放つ大蛇

    最後には各大蛇の首を取り退治。見応えがありました。

    午後6時半頃から休憩に。全席指定の入場料にはお弁当が付いていてこの時間を利用して食事タイム。午後7時過ぎにはかがり火が焚かれました。

    そして宮崎県の「高千穂夜神楽」が始まりました。秋の実りに対する感謝と翌年の豊穣を祈願し毎年11月末から翌年の2月にかけて各地区で奉納されるものだそう。天照大御神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸(あめのいわと)に隠れる様子が主題となっています。
    この日は3つの舞が演じられました。まずは「手力雄の舞(たぢからおのまい)」

    次に「鈿女の舞(うずめのまい)」

    そして最後は「戸取りの舞(ととりのまい)」

    いよいよ最後は淡路「国生み創世神話」

    伊弉諾尊と伊弉冉尊がそれぞれ矛とサヤを持ち舞います

    そして淡路や四国、九州、壱岐、佐渡島、本州が現われます。

    演者は淡路の高校生から下は5歳の子まで。

    コロナ禍の中で練習を重ね本番を迎えたとのこと。休憩挟んで4時間半楽しませてもらいました。

    毎年9月23日に開催される「三大神話 神楽祭」来年も楽しみです。
    神楽祭は昨日だけでしたが、伊弉諾神宮では24日・25日の2日間「淡路伝統芸能祭」、「国生み神話ゆかりの地物産展」「よみがへる神話の驛」が開催されています。

  • 2022年9月20日(火) 03時29分 関西

    「神戸市(こうべいち)」に沢山の方にお越しいただきありがとうございました!

    台風の影響は如何だったでしょうか?近畿地方からは遠ざかりつつあり、この時間の神戸は北側からの風が吹く以外は静まりかえっています。まだ但馬や播磨北西部には大雨や暴風、波浪、洪水などの警報が出されていますので今しばらくは警戒して下さい。また各地には雨や風に関する注意報も出されています。
    JRなど交通機関は始発からの運行に影響の出る線区があり、引き続き運転の取りやめ取り止めや運転再開後も列車本数を減らしての運転となるようです。連休明けの通勤通学時間帯のダイヤの乱れもありそうですから各交通機関のサイトを確認の上ゆとりを持ってお出掛け下さい。
    さて、昨日まで大丸神戸店9階で開かれていた「神戸市(こうべいち)」。台風の接近で午後3時までの営業となりましたが最終日も足元不安の中お越しいただきありがとうございました。私も午前11時半頃から2時間ほど会場に顔を出しました。

    普段は広告バナーがある建物の外壁ですがすべて外されていました。

    大丸前は祝日の午後とは思えない街風景

    JR元町駅改札前の貼紙

    阪神元町駅の運行情報掲示板。他社線への運行情報が出ていました。

    ホームも閑散としていました。

    JR神戸駅の地下街デュオこうべも店舗は休業。祝日なら多くの人で賑わっていますがここも閑散としていました。

    今日は普段通りの光景に戻るでしょうか。