CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く

三上公也の朝は恋人

番組内容

懐かしの名曲を中心に三上公也アナウンサーのセレクトで、月曜日から木曜日の朝のひとときを音楽で彩ります。
また、エンタメ、スポーツ、ライフスタイルなど、一日の始まりに入れておきたい情報もお伝えします。

  • 2024年3月15日(金) 05時39分 バス

    「朝は恋人」番組情報

    今月も早や半ば。ようやく日中の気温が上がりだしましたね。
    日の出時刻も早まって日中の時間が長くなりつつあり、本格的な春の到来時期を迎えているようです。
    ただし急激に気温が上がるとその変化に身体がついていけず思わぬ眠気を誘ったり、体調を崩したりということもあるようです。
    生活環境が変わる人は特に注意が要りますね。

    さて来週の特集コーナーは・・・

    3月18日(月)
    8時台の洋楽特集は、9時台の邦楽特集とも
    「トリオ・3人組」アーティスト特集①

    3月19日(火)
    8時台の洋楽特集は前日に続き
    「トリオ・3人組」アーティスト特集②

    9時台はゲストにボイスパーカッションアーティストのKAZZ(カズ)さんを迎えてお送りします。

    3月20日(水)
    8時台の洋楽特集、9時台の邦楽特集とも神戸ポートピア’81の開幕日に寄せて
    「1981年」特集

    3月21日(木)
    8時台の洋楽特集は前日に続いて
    「1981年」ソング集②

    9時台は歌手の多田周子さんを迎えてお送りします。

    リクエストやメッセージをお待ちしています。
    番組メールアドレスは↓
    asa@jocr.jp

    ※予告なく放送内容を変更する場合があります。ご了承ください。

    「ひよこちゃんバス」我が家に納車

  • 2024年3月14日(木) 03時15分 カメラ

    神戸阪急で「ミニチュアライフ展 田中達也 見立ての世界」始まる

    リニューアルを記念して昨日から神戸三宮の神戸阪急本館9階催場で「MINIATURE LIFE(ミニチュアライフ)展 田中達也 見立ての世界」が始まりました。4月1日(月)まで開かれています。

    国内外で210万人以上が来場する「MINIATURE LIFE展」がついに兵庫県にやってきました!ミニチュア写真家・見立て作家の田中達也氏が手掛けた、ミニチュアの視点で身近な日用品とジオラマ用人形を組み合わせることで別のものに見立て、ユーモアあふれる世界を作りだしている作品展です。会場内を9つのゾーンに分け、写真作品約100点、実物作品約50点が展示されています。

    今回の展覧会のチラシやポスターに使われている作品「新パン線」

    コッペパンを新幹線に見立てた作品

    神戸の作品に仕上げられていますが、この「新パン線」はなんとレールの上を走るのですよ!


    会場内の作品はすべて写真撮影OKでSNS投稿も出来ます。

    なので会場内にはフォトスポットも設けられています。

    自分がミニチュアの世界に入り込んだような写真撮影が可能(写真モデルは田中達也さん自身)

    視点を変えた面白さもですが、その発想や表現、作品名も楽しいのです。

    作品名「田舎ぶらし」

    作品名「チャーフィン」

    チャーハンの中に「チャーファー」(サーファー)がいました!

    作品名「ひと泡吹かされ中」

    これも作品

    思わずスイッチを触りたくなりました。

    作品名「園芸がしゅげい(手芸)」

    作品名「着火オーライ」

    作品名「ここから先は若い二人の長い道」

    鑑賞方法としてはまず額縁の作品写真を見て実物作品を見て、それから作品タイトルを見る。そして再び実物作品をじっくりと見るのがおススメ。作品には必ず人形が登場しますが、田中氏曰く「人形の視点を介することによって、日常の見え方を変えることが出来るから」だそう。
    また作品名についてよく「ダジャレ」といわれるがダジャレというよりは「言葉の見立て」であるとのこと。おせち料理でいえば鯛は「めでたい」、昆布は「よろこぶ」といういうように、「言葉の見立て」で作品をより心象深く覚えてもらえればとコメント。

    それと作品写真が展示されている壁の何カ所かに田中氏の直筆イラストがあります。

    新パン線も描かれています。

    そして今回の神戸開催のための新作も展示されています。
    作品名「おかしな神戸」

    田中氏からの来場御礼メッセージも

    田中達也氏の作品といえばブロッコリーもよく登場しますが会場内にもありました。

    そしてこんなブロッコリーも

    神戸空港の屋上に展示されている巨大ブロッコリーの1/7スケールの試作模型だそう。

    神戸空港の常設ミュージアムのブログはこちら

    「MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界」
    3月13日(水)~4月1日(月)
    午前10時~午後8時※催し最終日は午後5時終了 ※入場は終了時間の60分前まで

    神戸阪急 本館9階 催場
    入場当日券:一般1,100円 中・高校生600円
    会場では展覧会限定のオリジナルグッズの販売もありますよ。

  • 2024年3月13日(水) 03時13分

    山陽電車公式キャラクター「ろっくん」ヘッドマーク付き車両と「2代目ホワイトエンジェル」車両

    先日のこと、山陽電車の公式キャラクター「ろっくん」のヘッドマーク付き車両に出会いました。

    新星の如く現れた「ろっくん」は2017年7月2日にWebサイトで誕生していましたが、コロナ禍もあり着ぐるみ「ろっくん」がこのほどこっそりと誕生。3月7日には公式サイトがオープンしましたよ。
    「ろっくん」とは山陽電車最新の6000系車両のボディに大きな目とピンクの頬っぺたがトレードマークの公式キャラクター。今後いろいろなイベントで会えることでしょう。

    そして山陽電車話題といえば白化粧した「2代目ホワイトエンジェル」にも出会えました!

    初代は2022年5月5日でその役目を終えました。初代は鋼製車両に塗装を施した3619車両でしたが、2代目はアルミ車体の3072編成がリフレッシュ工事されたのに伴い車体に白色塗装が施されました(姫路方面の車両ナンバーは3641)

    LED照明で明るくなった車内

    車内の照明は蛍光灯のようでLED照明

    行先表示板などもLED化されています。

    シート地は最新の6000系と同じ兵庫県の花である「のじぎく」をあしらったデザインのシート地

    色違いのプライオリティシートものじぎく仕様

    1983年生まれの3050系3072編成。レジェンド車両としてしっかり走り続けて欲しいものです。

  • 2024年3月6日(水) 03時16分 関西

    大阪・天神橋筋商店街に忍者が出現!?

    日本一長いアーケード商店街として有名な大阪市北区の天神橋筋商店街

    南北2.6kmほどある長い商店街です。

    ここを歩いているとあちこちに忍者がいるではありませんか!

    黒や赤

    水色

    頭上より低い位置にも

    子供忍者?

    ピンク

    黄色

    今週の土曜日3月9日にこの商店街で「伊賀上野 NINJYA フェスタ」が開催されるのですね。

    三重県伊賀市で開催される「伊賀上野NINJAフェスタ」のPRの一環としてスタートした地域友好コラボイベントで、今年11回目を迎える忍者体験イベントだそう。

    イベントは3月9日(土)10時30分~16時00分開催
    詳しくは「伊賀上野 NINJYA フェスタ in 天神橋筋商店街公式サイト」をご覧ください。

  • 2024年3月5日(火) 03時13分 関西

    JR125系電車茶箱に入った香ばしい黒豆茶 その名も「鉄茶ん」

    神戸の元町商店街でみつけた電車茶箱に入った黒豆茶。その名も「鉄茶ん(てっちゃん)」!

    兵庫県加古川市にある創業72年の長谷川商店の商品

    パッケージはJR加古川線を走る125系をモチーフにしたデザイン

    本物の電車写真はこちら

    コートしたダンボール地でしっかりした造りの電車茶箱

    行先表示は「谷川」

    反対側は「加古川」

    箱の中の内袋にテトラ型のティーバッグが15袋入っていて、香ばしく焙煎された特産品の丹波黒大豆茶が美味しく味わえます。黒豆茶なら鉄分補給も出来そう。一箱900円(税込)

    私が買い求めたのは元町通4丁目にある薬局「大王漢方」。10時30分~18時30分営業で毎週水曜定休とのこと。

    長谷川商店のサイトでも通販で購入可能のようです。