CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

  • 2018年7月30日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(7月27日)

    7月27日のお題は朝顔」「雑詠でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「朝顔の一花の白し四疊半」
    「朝顔やあと二勝して甲子園」
    「百周年の予選の球児に鰻の日」

    妙音新聞からは
    「朝顔にみ陀佛やさし笑み給ふ」(志摩市 仲谷陽子さん)
    「朝顔の明日は五つの蕾みかな」(五條市 馬場廣道さん)
    「朝顔や夢を追ふのかつるの先」(奈良市 堀内敬子さん)
    「朝顔の襞深きなり地震の痕」(柏原市 永味啓子さん)

    今週の上田秋成の句は
    「朝顔に島原ものの茶の湯哉」(無腸)
    「朝顔に起た心の深雪かな」(漁焉)
    「(朝顏ノ絵)や紺に染めても地がよわい」
    「あさがほや数寄屋にこぼちて野らなるに」

    続いてに出演者のみなさんの句をご紹介します。

    寺谷さんの句は、
    「朝顔の器も涼し北新地」
    「船渡御を特等席でゆるゆると」

    アッキンの句は、
    「懐かしの観察日記 朝顔よ」
    「生き返る さっと掻き込む氷水」

    コメンテーターの西村さんの句は、
    「朝顔の数を数えて友を待つ」
    「陰求め歩き疲れて蝉時雨」

    今週は、リスナーの皆さんからたくさんの句をいただきました!

    「早起きし朝顔の花 数えけり」(泉南郡 団塊の世代さん)
    「今朝も又 朝顔みて散歩する」(神戸市西区 髪の黒い老人さん)
    「酷暑とて朝顔涼し夏の朝」(大阪市東淀川区 ルピナスの丘さん)
    「朝顔の葉っぱちぎりし笛を吹く」(堺市 堺のかわちさん)
    「朝霧に潤う夏のあさがおよ」神戸市北区 たけしさん)
    「幼い日 朝顔凡せん花ラッパ」神戸市北区 マーブルさん)
    「朝顔や空き家の留守を守ってる」泉南郡 さくらんぼさん)
    「朝顔や たたき染めにて残しけり」奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「朝顔のパラソル数え開花待つ」守口市 守口のタヌキさん)
    「朝顔も眺めているか明けの月」大阪市城東区 つきあかりさん)
    「空に青ささげ朝顔しおれけり」(交野市 星のブランコさん)
    「お迎えの朝顔一輪お茶室へ」篠山市 まさ・あっこさん)
    「夏休み宿題にした成長記」大阪市淀川区 蒼龍さん)
    「朝顔を日陰にいれたい午後3時」大阪市天王寺区 オムライスさん)
    「粘り腰 見習おうぜぇ朝顔に」三田市 ジャイケルさん)
    「朝顔よ この暑き夏 忘れずに」淡路市 お散歩おじさん)
    「朝顔の花を数えて笑顔咲く」(松原市 コットンパールさん)
    「朝顔に遅れをとりし寝ぼけ顔」(池田市 揚げまんじゅうさん)
    「お迎えの朝顔一輪お茶室へ」(篠山市 いちごみるくさん)
    「朝顔の緑のカーテン花いっぱい」(赤穂市 アンちゃんさん)
    「蓄音機 耳を澄ませる朝顔に」(大阪市平野区 くずれ荘の管理人さん)
    「あさがおの揃いの浴衣 二人連れ」(神戸市垂水区 ちょい丸オヤジさん)
    「朝顔に話しかけてた少年期」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)

    「宵の空ひびく天神 花火玉」(守口市 守口のタヌキさん)
    「氷菓子まずは額を冷やしおり」(大阪市城東区 つきあかりさん)
    「赤絵の具 多き園児の夏景色」(交野市 星のブランコさん)
    「孫踊るスターマインの音に乗り」(たつの市 悪魔の囁きさん)
    「次世代へ つなげつづけ原爆忌」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「脳も溶け体温越える酷暑なり」(大阪市淀川区 蒼龍さん)
    「ほうきぐさ まりものように とびはねる」(奈良県高市郡 ぽっぽりさん)
    「体温と気温が競う夏の陣」(淡路市 お散歩おじさん)
    「猛暑です打ち水ほどの雨ほしい」(豊岡市 ほないくえさん)

    それでは出演者の皆さんが選んだ句をご紹介します。

    寺谷さんが選んだ句は、
    「せみしぐれ我もなきたい この暑さ」(赤穂市 みるくさん)

    アッキンが選んだ句は
    「アサガオの水やり日課 孫の朝」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「老夫婦 海辺の散歩 夕涼み」(神戸市垂水区 ますきさん)

    コメンテーターの西村さんが選んだ句は、
    「あさがおの花を数えて日々記す」(赤穂市 みるくさん)
    「蟬の声 夏の日ざしと心地よく」(神戸市北区 たけしさん)

    大森さんが選んだ句は
    「観察の朝顔の世話 祖母がして」(姫路市 みよこさん)
    「打ち水を遠くへ飛ばす園児達」(堺市 堺のかわちさん)
    「酷暑中 被災地の人 笑顔消え」(姫路市 みよこさん)
    「夏疾風 兄も聴きたし甲子園」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「団扇もち舞妓軽やか だらり帯」(池田氏 イチゴミルクさん)

    今週の特選句は、

    「朝顔の大輪咲くや孫の笑み」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「朝顔の花の数だけ折る色紙」(神戸市西区 揚げまんじゅうさん)
    「夕立や夕焼け映す水たまり」(たつの市 悪魔の囁きさん)
    「盆月のしつらえ初めの庭掃除」(篠山市 まさ・あっこさん)

    でした!

    次回のお題は相撲」「雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    1954年、 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
    1960年得度、1965年辯天宗婦人部総裁に就任。
    文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など辯天宗文化部の発展に寄与。
    1995年、 大和礼法弁才御流興隆。
    1996年、大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    1997年茨木西ロータリークラブ会長。
    2009〜2010年RI2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

    コーナー提供