CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

番組内容

ナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

  • 2020年7月7日(火) 10時00分 防災マッカセナサイ!

    熱中症への注意と対策

    まだまだ梅雨は明けませんが、ジメジメした暑い日が続いていますね。

    そこで気を付けないといけないのが「熱中症」です。

    熱中症とは、

    「高温多湿な環境で、体内の水分や塩分のバランスが崩れて、体内に熱がこもった状態」

     を言います。

    その結果、

    ・めまい、立ちくらみや手足がしびれる。

    ・吐き気や倦怠感などの症状が現れる。

    ・時には意識障害など重症になることも。

    といった症状が出ます。

    消防庁の調査では、実際に、救急搬送された方の約4割は入院が必要でした。        

     

    熱中症にならないようにするには、次のことに注意しましょう。

    屋外・室内に関係なく、こまめに水分と塩分の補給を!

    4割の事例が、住居で発生しています。屋内にいるからと言って、油断してはいけません。

     

    扇風機やエアコンなどで、部屋の温度調整を!

    特に高齢者は、暑さを感じにくく、汗もかきにくいなど、体の感覚機能が弱くなっており判断が遅れがちです。 周りの人も気を配ってあげましょう。

     

    外出時には、日傘や帽子を使いましょう!

    移動中は日陰を利用したり、こまめに休憩を取りましょう。

     

    マスクの着用は適切に!

    新型コロナウイルス対策でマスクをつけて外出する機会が多いと思いますが、マスクによる熱中症のリスクにも気をつけないといけません。

    屋外で人と十分な距離、少なくとも2メートル以上が確保できる場合はマスクを外すようにしましょう。

     

    もしも熱中症が疑われる人を見かけたら、

    1,涼しい場所へ避難させる

    2,体を冷やす

    3,水分・塩分を補給する

    といった応急処置をしましょう。

    そして、自力で水が飲めない、意識がない、痙攣を起こしている、といった症状が見られたら、ためらわずに救急車を呼びましょう。

  • 2020年6月29日(月) 15時00分 防災マッカセナサイ!

    家庭内備蓄のススメ

    今年は、新型コロナウイルス感染症に、日本中が大きな影響を受けていますが、併せてもう一つ疎かに出来ないのが、地震や風水害などの「自然災害」です。

    近い将来に発生が予想されている「南海トラフ巨大地震」や、近年全国で多発している豪雨災害では、生活や交通のインフラ、流通網が長期間マヒする恐れがあります。

    この間、自分の身は自分で守るしかありません。

    そこで、いざという時のために、「家庭内備蓄」の準備をしておくことが大切です。

    ①食料・飲料・生活必需品を備えましょう。

    災害発生直後は、水道・ガスは使えないことが予想されるので、飲料水や保存の効く食料などを家族の人数分、できれば1週間分は用意しておきましょう。

    またレトルト食品など比較的消費期限の短い食料を定期的に食べて、食べた分を買い足し、常に家庭に備蓄しておく方法も有効です。

    さらに飲料水とは別に、生活用水を確保するために「水の入ったポリタンクを用意する」「普段からお風呂の水を張っておく」などの備えをしましょう。

    ②非常用持ち出しバッグを準備しましょう。

    自宅が被災した場合は、避難所などの安全な場所で避難生活を送ることになります。

    そこで、飲料水や非常食、現金・預金通帳・印鑑などの貴重品や救急用品、ヘルメット・軍手・マスクや、懐中電灯、携帯ラジオ、衣類や下着など、避難生活で必要になるものを、あらかじめリュックサックなどに詰めておいて、いつでもすぐに持ち出せるようにしておきましょう。

    家族に乳児のいる場合は、ミルク・紙おむつ・哺乳瓶なども必要です。

    高齢者がいる場合は、お粥などやわらかい食料品や常備薬も用意しましょう。

    食物アレルギーのある方は、アレルギーに配慮した食料を用意しておく必要があります。

    余裕があれば、カセットコンロやポータブルトイレなども準備しておくといいでしょう。

    さらに、靴や服装も、災害時に動きやすいものを準備しておきましょう。

     

    普段からのしっかりした準備で、災害の発生に備えておきましょう。

  • 2020年6月16日(火) 10時00分 防災マッカセナサイ!

    「土砂災害防止月間」のお知らせ

    雨が多く降るこれからの時期、「土砂災害」発生の危険度が高くなります。

    「土砂災害」には、「土石流」「地すべり」「がけ崩れ」などがあります。

    兵庫県にはこうした「土砂災害」の発生するおそれがある場所について、「土砂災害警戒区域」、「土砂災害特別警戒区域」に指定して、その情報を先週もご紹介しました兵庫県の防災情報サイト「兵庫県CGハザードマップ」で公開しています。

    こうした、「土砂災害」から身を守るための防災知識の普及や警戒避難体制の整備を進め、土砂災害の防止と被害の軽減を目的に、国土交通省と各都道府県では毎年6月を「土砂災害防止月間」として、啓発活動に取り組んでいます。

    「土砂災害」への備えとして私たちにできることは、先週の放送でご紹介しました「集中豪雨への備え」と同じです。

    まずは「日頃の備え」です。

    ・お住まいの場所が「土砂災害警戒区域」などに当たるかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。

    ・そして懐中電灯やラジオ、非常持ち出し品などを準備しておきましょう。

    次に大切なことは、「気象情報の確認」です。

    「土砂災害警戒区域」にお住まいの方は、雨が降り出したら、避難行動を確認して、いつでも避難できるように準備しておきましょう。

    そして最後に「早めの避難」です。

    ・高齢者など、避難に時間がかかる方は、早めに避難行動を開始しましょう。

    ・大雨による土砂災害の危険度が高まると、「土砂災害警戒情報」が発表されます。この時は、速やかに安全な場所へ避難しましょう。

    ・避難場所への避難が必要であるが、避難が難しいときは、近くの頑丈な建物の2階以上に緊急避難してください。

    それも難しいときは、家の中で可能な限り安全な場所、例えばがけと反対側の2階などへ避難してください。

    また、避難情報が出ていなくても、

    「山から地鳴りが聞こえる」

    「湧き水が濁る」、

    「崖から小石が、ぱらぱら落ちてくる」

    などの土砂災害の前兆とされる現象を見たら、早めに避難しましょう。

  • 2020年6月9日(火) 10時00分 防災マッカセナサイ!

    集中豪雨への備え

    6月は梅雨の季節。これからの時期、注意すべきは、「集中豪雨」の被害です。

    「集中豪雨」とは、激しい雨が数時間にわたって降り続き、特定の地域に数百mmの雨量をもたらす雨のことです。

    この大雨によって、河川の増水や土砂災害が起こりやすくなり、周辺地域が危険な状況になることがあります。

    こうした「集中豪雨」による被害から生命を守るために、次の事を心がけて下さい。

    1,日頃から災害に備えておきましょう。

    ・お住まいの地域には、どのような危険があるのか?

    ・いざという時の避難場所は、どこなのか?

    といった情報を調べておき、どのような状況になれば避難するべきなのかを確認しておきましょう。

    兵庫県の防災情報サイト「CGハザードマップ」では、洪水などの身の回りの危険箇所についての情報を確認することが出来ます。

    詳しくは、

    またひょうご防災ネットに登録しておけば、自分が登録した市町(しまち)からの避難に関する情報や気象情報が配信されます。

    スマートフォン向けアプリもありますので、この機会に、ぜひアプリをインストールして、登録してみてくだい。

    また避難時の非常持ち出し用の荷物も、事前に準備しておきましょう。

    2,最新の情報を入手できるようにしておきましょう。

    テレビやラジオ、WEBサイトなどの気象情報を、こまめにチェックしましょう。

    3,避難勧告や避難指示(緊急)が出たら、すみやかに避難しましょう。

    たとえ避難情報が出ていなくても、危険な場所にいる場合や避難に時間がかかる場合は、早めに安全な場所へ自主的に避難をしてください。

  • 2020年6月2日(火) 10時00分 防災マッカセナサイ!

    豊かな むらを災害から守る月間

    いよいよ6月。梅雨のシーズンも間近になってきました。

    ここ数年は、毎年のように全国各地で豪雨災害による被害が発生しています。

    兵庫県は、

    県全体に占める森林の割合は67%

    農業用ため池の数は約2万4千箇所! これは全国1位!

    それだけに、大雨が降ると、山の近くでは、「土石流」「山崩れ」「地すべり」が、ため池では「大雨による決壊」「水難事故」が起きる恐れがあるので注意が必要です。

    兵庫県では、毎年6月を「豊かなむらを災害から守る月間」と定めて、こうした災害リスクの啓発と対策に取り組んでいます。

     ラジオをお聞きの皆さんも、ぜひ、ご家庭や学校・職場などで、

    「どこが、どのように危険なのか?」

    「避難場所は、どこにあるのか?」

    「災害発生の恐れがある時に、どう行動すればいいか?」

    などの情報について、確認や共有をしておきましょう。

     

    身近にある危険箇所や避難場所を確認するには、先週の、このコーナーでご紹介しました兵庫県の災害情報サイト「CGハザードマップ」が便利です。

    また、このコーナーでご紹介しました「ひょうご防災ネット」アプリ版があれば、こうした災害についての情報を、お手元のスマホで簡単にチェックすることが出来ます。

    この「豊かなむらを災害から守る月間」運動をきっかけに、皆さんも身近で出来る災害対策について、しっかり考えてみましょう。