CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

番組内容

ナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

  • 2019年7月15日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(7月12日)

    7月12日のお題は真瓜」「雑詠でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「農園は今年で終了真瓜かな」
    「このところズッキーニにはまりをり」
    「戦後なれ真桑一つに皆寄って」
    「碇巻き 知盛凄惨 夏歌舞伎」

    妙音新聞からは
    「瓜の香が幸のひとつと半世紀」(練馬区 北星 関子さん)
    「母許の子等が並んで真桑瓜」(藤井寺市 竹村 智巳さん)
    「この夏の無病祈らんきゅうり加持」(富山市 國見由利子さん)

    今週は、向井去来と松尾芭蕉の句をご紹介します
    「夏かけて眞瓜も見えずあつさ哉」(去来)
    「柿買いや見ればぬいたる真桑瓜」(去来)
    「朝露によごれてすずし瓜の泥」(芭蕉)
    「柳骨折かた荷はすずし初眞桑
    (芭蕉)

    今週の寺谷さんの句は、
    「美酒美肴 シメはうり漬けパリパリと」
    「松島屋 鬼気迫る夏の大歌舞伎」

    あっきんの句は、
    「真瓜 私の顔と瓜二つ」
    「爆笑の色気噺に夏歌舞伎」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。
    「懐かしきマクワウリ食べ祖父思う」(東大阪市 やすよさん)
    「それがいい淡泊な味 瓜のうり」(兵庫県赤穂市 アンちゃんさん)
    「甜瓜 葉っぱの陰で かくれんぼ」(淡路市 お散歩おじさんさん)
    「レンコンとヘチマ断面 瓜ふたつ」(大阪市平野区 くずれ荘管理人さん)
    「買い物籠 母の笑顔まくわ瓜」(交野市 星のブランコさん)
    「鳥が上 明日採る伸ばし瓜取られ」(西宮市 みえこさん)
    「甜瓜 色良し味良し食べて良し」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「メロン生る嬉しき令和 孫の顔」(加西市 えつこさん)
    「ニガウリを肴に今宵 飲み明かす」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)
    「土嫌うスイカはやめて まっかうり」(神戸市須磨区 マリるさん)
    「風薫る淡路花ざしき初夏を染め」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「夫婦して素麺すする隣家かな」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「雨音を聴きし睡魔 梅雨の朝」(淡路市 お散歩おじさんさん)
    「梅雨空や夢の球宴 勢揃い」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「梅干しを天日干しにて真っ赤っか」(茨木市 蒼龍さん)

    それでは出演者の皆さんが選んだ句をご紹介します。

    コメンテーターの大田先生が選んだ句は、
    「瓜刻む母の手料理コトコトと」(明石市 明石のレモントマトジュースさん)

    ゲストの桝谷さんが選んだ句は、
    「懐かしや瓜の並んだ道の駅」(姫路市 みよこさん)
    「古井戸で西瓜冷した少年期」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)

    大森先生が選んだ句は、
    「懐かしい黄色のメロン 夏きたり」(神戸市兵庫区 ラジオ派さん)
    「まくわ瓜 朝露集め 瑞々し」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「上皇も めしあがれたかマクワウリ」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「絵手紙の瓜の深みに息を飲む」(神戸市垂水区 ちょい丸親父さん)
    「真桑瓜 抱えて逃げる 日本猿」(守口市 守口のタヌキさん)
    「アロハシャツ気分だけでもワイキキに」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「お中元相手を想い 品選び」(たつの市 そうすけとうららのおばあちゃんさん)
    「象鼻杯 われはげこにてジュースにて」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「夏休み 父の遺志継ぎ 医師目指す」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「初孫に ぬったゆかたを着せたくて」(豊岡市 ブタのブーさんさん)
    「涼風の横切る宮に 雅楽舞う」(姫路市 みよこさん)
    「鉾たてに にぎわう京で鱧くらう」(守口市 守口のタヌキさんさん)

    今週の特選句は、

    「回覧板 瓜と一緒にお隣りへ」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「メロンだと騙され一人まっか喰う」(茨木市 蒼龍さん)
    「スイカ割り 空気読まずに親が割る」(大阪市平野区 くずれ荘管理人さん)
    「一通り 薬味揃えて 冷奴」(交野市 星のブランコさん)

    でした!

    次回のお題は夕立雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

  • 2019年7月8日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(7月5日)

    7月5日のお題は涼し」「雑詠でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「涼しさは窓北面の金剛山」
    「勢が涼しさ弾き鯉寄り来」
    「取材する七月歌舞伎船乗り込み」
    「裃の涼し演目口上す」
    「水門の開くま涼しき船揃ひ」

    妙音新聞からは
    「御神池の水替え光りなほ涼し」(柏原市 永味啓子さん)
    「調理場を終えて外へと凉の中」(練馬区 北星関子さん)
    「涼しげな御眼に在はす地蔵尊」(八尾市 浅井 祥多さん)
    「杉葉揺れ涼しき寺の女坂」(綾部市 森本信太郎さん)

    今週の向井去来の句は
    「涼しさの野山にみつる念佛哉」
    「涼しさよ夕立ながら入日影」
    「夕涼み疝気おこしてかへりけり」

    今週の寺谷さんの句は、
    「風涼し歓声熱き船乗り込み」
    「船上に紙吹ぶき舞う夏歌舞伎」

    あっきんの句は、
    「八軒屋 船乗り込みで涼しげに」
    「かき氷 話に夢中ジュースかな」

    アルミカン赤阪さんの句は、
    「涼しさや舞台を包む静寂に」

    アルミカン高橋さんの句は、
    「風涼しスカートひらり さおりんモンロー」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。
    「お呼び出し庫裡部屋待機 涼しさよ」(堺市 堺のかわちさん)
    「エビチリの触感美味 涼しかな」(加西市 えつこさん)
    「テント出て仰ぐ穂高よ月涼し」(交野市 星のブランコさん)
    「ちりりんと涼しさかもす つりしのぶ」(小野市 チイママさん)
    「橋の下 蛙揃って夕涼み」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「ひやっとする怪談噺 涼しもう」(茨木市 蒼龍さん)
    「扇風機 涼しさ過ぎて暑苦し」(神戸市垂水区 ちょい丸親父さん)
    「貴船川 川床駆ける涼し風」(淡路市 お散歩おじさん)
    「打ち水に涼しさ感じ歩む君」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「合歓の花 暑さ忘るる涼やかさ」(多可町 北はりまのムーミンパパさん)

    「海開き夏空のもと楽し気に」(神戸市北区 たけしさん)
    「五月雨 皆平等に降りたまえ」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「風鈴の音色肴に冷酒呑み」(大阪市平野区 くずれ荘の管理人さん)
    「飼育箱 早く孵えれと覗く孫」(たつの市 お散歩おじさんさん)
    「目が合って泡ブクブクとソーダ水」(交野市 星のブランコさん)
    「青田風 道行く人の頬を撫でる」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「スーパーのチラシにタコの半夏生」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)
    「梅干しを漬けて楽しみ天日干し」(茨木市 蒼龍さん)
    「懐かしき冷やし飴飲み汗が引く」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「京町屋 抹茶アイスの店が呼ぶ」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「半夏生 涼しげに咲く庭一輪」(神戸市兵庫区 ラジオ派さん)

    それでは出演者の皆さんが選んだ句をご紹介します。

    寺谷さんが選んだ句は、
    「ムシますね涼しいメニューでおもてなし」(豊岡市 ブタのブーさん)

    あっきんが選んだ句は、
    「風鈴の音色りんりん涼し気に」(神戸市北区 たけしさん)
    「小さいが いい感動は今日もあり」(神戸市 かたつむりんさん)

    アルミカン赤阪さんが選んだ句は、
    「涼しげに見えて浴衣の下地獄」(神戸市 かたつむりんさん)

    アルミカン高橋さんが選んだ句は、
    「水を撒くホースの先の虹涼し」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)

    大森先生が選んだ句は、
    「滝越えて早瀬に光る鮎の銀」(守口市 守口のタヌキさん)
    「躓けば妻は無言で涼しい目」(大阪市平野区 くずれ荘の管理人さん)
    「涼風や一灯のこる朝の宮」(姫路市 みよこさん)
    「下界より10度は涼し高野山」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「思い合い夏越の祓え輪をくぐる」(守口市 守口のタヌキさん)
    「暦見る半夏生と頷けり」(加西市 えつこさん)

    今週の特選句は、

    「サミットで夏の浪速は陸孤島」(姫路市 みよこさん)
    「七夕の園児が書いたYоu チューバー」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「梅雨空にエアフォース1雄姿見せ」(淡路市 お散歩おじさん)

    でした!

    次回のお題は真瓜雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

  • 2019年7月1日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(6月28日)

    6月28日のお題は「蛍」「雑詠」でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「打水にあらで雨とや螢見に」
    「摂津峡渓谷の宿傘動き螢指す」
    「雨の闇青き曳光螢飛ぶ」
    「夏料理摂津眼下にし」
    「河鹿鳴く瀬音かき消し河鹿河鹿」

    妙音新聞からは
    「賀名生川今年こそ行く螢狩り」(堺市 河内 紀雄さん)
    「螢待つ闇に聞こえし鹿の声」(和歌山市 木下 榮子さん)
    「弧を描くも草に沈むも恋螢」(八尾市 浅井 祥多さん)
    「放たれて園庭に舞ふ螢かな」(柏原市 永味 啓子さん)

    今週の向井去来の句は
    「明けかたの露に消へたる螢の火」
    「田のへりの豆つたひ行螢の火」
    「螢火や吹きとばされて鳰のやみ」去来の妹千子のジ辞世の句
    「もえやすくまた消えやすき螢かな」千子

    今週の寺谷さんの句は、
    「山峡にホタルと美味の おもてなし」
    「梅雨空に特別機舞うG20」

    あっきんの句は、
    「摂津峡 蛍の夕べ風情あり」
    「美酒美食 山水館で夏宴」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。
    「夏の夜の蛍の光 涼し気に」(神戸市北区 たけしさん)
    「蛍舞う川床草刈 住み処無し」(丹波市 丹波栗子さん)
    「蛍火に我が人生を顧みる」(大阪府守口市 守口のタヌキさんさん)
    「古い手に掴み足る蛍かな」(加西市 えつこさん)
    「蛍来い どちらの水も甘いぞ~」(神戸市垂水区 ちょい丸親父さん)
    「久しぶり手を携えてホタル狩り」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)
    「麦藁で祖母が編みたる螢籠」(姫路市 みよこさん)
    「実習や蛍の光と なりにけり」(吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「水辺飛び幻想光のホタルかな」(豊岡市 あきひめさん)
    「交通網 絡まる蔓かG規制」(大阪府守口市 守口のタヌキさんさん)
    「大笑い毛細血管 巡ってる」(兵庫県神戸市 レモングラスさん)
    「梅雨入り肋骨付近 痛みかな」(加西市 えつこさん)
    「年金や赤字の額よ梅雨入りし」(淡路市 お散歩おじさんさん)
    「梅雨曇り空も心もパットせず」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「実習や子らの手紙は夏模様」(吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「句ができぬ頭も黴る(かびる)家籠り」(交野市 星のブランコさん)
    「七変化アジサイの花 雨うれし」(豊岡市 ブタのブーさん)
    「螢狩り放して遊ぶ蚊帳の中」(東大阪市 やすよさん)

    それでは出演者の皆さんが選んだ句をご紹介します。

    コメンテーターの大さんが選んだ句は、
    「流れ星 葉の上で待つプロポーズ」(大阪市平野区 くずれ荘管理人さん)

    ゲストのボルトボルズ河口さんが選んだ句は、
    「女将出す冷酒とともにホタルイカ」(大阪市 くずれ荘の管理人さん)

    ゲストのボルトボルズ弓川さんが選んだ句は、
    「手のひらに夜の宝石ホタルかな」(兵庫県赤穂市 アンちゃんさん)
    「梅雨がきたカエルの歌も うれしそう」(豊岡市 あきひめさん)

    大森先生が選んだ句は、
    「月も無く蛍の好きな闇夜なり」(兵庫県神戸市 レモングラスさん)
    「寝つけない二人に蛍の灯揺れる」(兵庫県丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「空乱舞ホタルのダンス ワルツかな」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「暗闇を奥へ奥へとホタル狩り」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「蛍待つ一人の闇の深さかな」(交野市 星のブランコさん)
    「空梅雨に水の恵みを祈る日よ」(神戸市北区 たけしさん)

    今週の特選句は、

    「蛍舞う恋の点滅 交差点」(淡路市 お散歩おじさんさん)
    「懐かしさ光る蛍や蚊帳のそと」(神戸市垂水区 ジュピターさん)
    「燕の巣ひなもぎゅうづめ暑かろう」(大阪府高槻市 ひろりんさん)
    「水溜まり ゆかたの裾をそっともち」(姫路市 みよこさん)

    でした!

    次回のお題は「涼し」「雑詠」で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

  • 2019年6月24日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(6月21日)

    6月21日のお題は「蚊」「雑詠」でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「蚊の一っ句みつけ法来の全集本」
    「ともかくは去年の名残の蚊遣香」
    「不覚にも蚊にさとられし寝つきかな」

    妙音新聞からは
    「蚊が舞ふて手元狂わす写経かな」(日高郡 伊藤 秀一さん)
    「待ってたと足に飛びつく蚊の憎し」(福岡市 永野久美子さん)
    「昼の蚊に不意をつかれて二の腕を」(練馬区 北星 関子さん)
    「葛切にいやされていて蚊の声に」(御所市 田岡 眞知子さん)

    今週の向井去来の句は
    「旅寝して香わろき草の蚊遣いかな」
    「山里の蚊は昼中に喰ひけり」
    「青紫を蚊帳に釣や八瀬大原」
    「蚊遣にはなさで香たく悔かな」

    今週の寺谷さんの句は、
    「ご縁あり蚊に刺されつつ手を合わせ」
    「空梅雨に焼けるチャンスと腕を出し」

    あっきんの句は、
    「人も蚊も 若く旨し血 知っている」
    「自己ベスト初夏のゴルフで気持ちいい」

    ゲストの荒木さんの句は、
    「わが手より逃れて異界へ蚊は失せぬ」
    「蚊みたいな格好するなと子を叱る」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。
    「夏の夜の眠りすやすや蚊帳の中」(神戸市北区 たけしさん)
    「野良仕事蚊止まりし腕平手打ち」(加西市 えつこさん)
    「蚊の音の後を叩いて手の赤く」(兵庫県丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「蚊帳を見た今日はキャンプと はしゃぐ孫」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「美肌泣く刺された後の蚊が憎い」(赤穂市 アンちゃんさん)
    「アウトドア気分の蚊帳に子がはしゃぐ」(大阪市平野区 くずれ荘管理人さん)
    「蚊帳の中 孫の寝姿健やかに」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「蚊の音にイライラ起きる夜中かな」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「虫よけに家の周りに除虫菊」(大阪府松原市 スイカジュースさん)
    「パクパクと庭でワンこが蚊取りする」(兵庫県小野市 チイママさん)
    「潮干狩り夏空の日に楽し気に」(神戸市北区 たけしさん)
    「トケイソウ絡み合い咲く優雅かな」(加西市 えつこさん)
    「栗の花 錆び落ちトタン屋根を打つ」(兵庫県丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「梅雨の時期 木々も喜び葉を拡げ」(大阪府茨木市 蒼龍さん)
    「つがいサギ青田に舞い降りエサ探し」(豊岡市 あきひめさん)
    「注射針 蚊からヒントで金メダル」(神戸市垂水区 チョイマル親父さん)
    「夏の月お堀に映る大天守」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「アジサイもカタツムリも待つ梅雨入りを」(豊岡市 ブタのブーさん)
    「水茄子が届いて嬉し晩ごはん」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「度忘れと薬自慢の会がある」(神戸市 都わすれさん)
    「夕凪の音無き空に飛行船」(守口市 守口のタヌキさん)
    「色褪せて熟女の風情立ち葵」(交野市 星のブランコさん)

    それでは出演者の皆さんが選んだ句をご紹介します。

    コメンテーターの小玉さんが選んだ句は、
    「蚊も鳴かずば殺されまいに ああ無情」(豊岡市 ブタのブーさんさん)
    「ぐいぐいと伸びるゴーヤの逞しさ」(淡路市 お散歩おじさんさん)

    大森先生が選んだ句は、

    「日本では蚊の運命は絶滅種」(神戸市垂水区 チョイマル親父さん)
    「蚊一匹ただ一匹に ねむられず」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん )
    「蚊を叩く言い聞かせつつ妻ピシャリ」(神戸市 都わすれさん)
    「蚊帳吊った昭和時代 遠くなり」(淡路市 お散歩おじさん)
    「モネの画の「睡蓮」にとまるハマダラ蚊」(守口市 守口のタヌキさん)
    「一撃で蚊を葬りし見合いの娘」(交野市 星のブランコさん)
    「蚊の羽音もはや聞こえぬ お年頃」(大阪府城東区 ルリビタキさん)
    「あじさいも法話聴きたり感謝祭」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「スッポンが梅雨の晴れ間の甲羅干し」(兵庫県たつの市 悪魔の囁きさん)
    「鯵釣りや家族揃って竿垂れし」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「夏至の夜 赤提灯は まだ点かず」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「父の日は ちょっと優しく する日かな」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)
    「風吹けば南天の花はらはらと」(姫路市 みよこさん)

    今週の特選句は、

    「蚊取線香つけるその手に蚊が止まる」(豊岡市 あきひめさん)
    「歌麿の蚊帳内外の なまめかし」(姫路市 みよこさん)
    「紫陽花が待ち人来ずに枯れて行く」(大阪市平野区 くずれ荘管理人。さん)
    「買った傘 差すか差さぬか梅雨の朝」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)

    でした!

    次回のお題は「蛍」「雑詠」で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

  • 2019年6月17日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(6月14日)

    6月14日のお題は五月雨」「雑詠でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「五月雨や涙もろさをとりもどし」
    「守りくれし五月雨傘をたゝむべし」
    「雨深き闇を透かして花石榴」

    妙音新聞からは
    「野佛の顔に五月雨夏立ちぬ」(志摩市 仲谷陽子さん)
    「地下鉄ゲート穴が吸ひ込む五月雨を」(藤井寺市 竹村智巳さん)
    「五月雨や眼下紀の川 深呼吸」(伊都郡 嶋田和代さん)
    「文明に逆らひ田草素手で取る」(八尾市 向垣朝加さん)

    今週の向井去来の句は
    「湖の水まさりけり五月雨」
    「熊野路に知る人もちぬ桐の花」
    「たまたまに三日月拝む五月かな」

    今週の寺谷さんの句は、
    「五月雨もゲリラとなりぬ令和かな」
    「夏歌舞伎 新作ナルト水も飛び」

    あっきんの句は、
    「五月雨のような歌舞伎で水しぶき」
    「ゴルフ焼け夏の日差しは大変だ」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。
    「五月雨の竿に水玉しがみつく」(篠山市 まさ・あっこさん)
    「さみだれの色とりどり あじさいか」(大阪市東住吉区 ラビットさん)
    「五月雨や早苗かえるが待ちにけり」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「五月雨に溜め池こゆる あと少し」(茨木市 蒼龍さん)
    「五月雨を眺めてうまい独り酒」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「五月雨を待ちて伸びるは草ばかり」(船井郡 ふーちゃんさん)
    「五月雨や濡れて行くのか雨宿り」(東大阪市 やすよさん)
    「五月雨やカラフル傘の通学路」(神戸市垂水区 ますきさん)

    「夕日さん水無月の朝 朝日浴び」(京都市 はつえさん)
    「鴨川のほとりで頬張る神無月」(守口市 守口のタヌキさん)
    「紫陽花や一雨毎の美しさ」(淡路市 お散歩おじさん)
    「ビワの実や祖父への思いひろがりて」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「この雨で宣言なるか梅雨入りの」(茨木市 蒼龍さん)
     ※大森先生に校正いただいています
    「植田では毎日蛙のコンサート」(赤穂市 風ちゃんさん)

    それでは出演者の皆さんが選んだ句をご紹介します。

    ゲストの川島さんが選んだ句は、
    「五月雨も令和元年 祝福し」(淡路市 お散歩おじさん)
    「梅雨時期は『紫陽花通り』と名をつけて」(大阪市平野区 くずれ荘の管理人さん)

    コメンテーターの佐藤さんが選んだ句は、
    「五月雨が相合傘に嫉妬する」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「おみやげとひらいた手からホタル飛ぶ」(豊岡市 ブタのブーさん)

    あっきんが選んだ句は、
    「五月雨に似合うファッションどれがいい」(赤穂市 アンちゃんさん)

    大森先生が選んだ句は、

    「五月雨が あがればきっと会いに来る」(姫路市 ひめじのさくら草さん)
    「五月雨や町家に灯す和ろうそく」(守口市 守口のタヌキさん)
    「針に糸 通り五月雨気付くなり」(交野市 星のブランコさん)
    「さみだれや てるてる坊主吊るす孫」(加西市 えつこさん)
    「五月雨に濁流猛る揖保の川」(姫路市 みよこさん)
    「五月雨に兼六園の侘びと寂」(神戸市垂水区 ちょい丸親父さん)
    「五月雨の欠伸に声をつけてみる」(神戸市 てるてるぼうずさん)
    「ホタルにも源氏平家の格差あり」(豊岡市 ブタのブーさん)

    「早乙女の美しき指 今も瞼に」(高槻市 ひろりんさん)
    「鳥居より女現れて青もみじ」(交野市 星のブランコさん)
    「菱の花 池華やかに一つ咲く」(加西市 えつこさん)
    「さくらんぼ長野通販 今朝届く」(姫路市 みよこさん)

    今週の特選句は、

    「五月雨の絵本も飽きし孫ふたり」(神戸市 てるてるぼうずさん)
    「父の日に日傘が欲しいお父さん」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    でした!

    次回のお題は雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。