CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

番組内容

ナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

  • 2020年1月18日(土) 10時00分 一紀のいろいろ万華鏡

    阪神淡路大震災25年 災害医療の現状についてお話を伺いました

    17日の「一紀のいろいろ万華鏡」は兵庫県災害医療センター センター長で、神戸赤十字病院 副医院長の中山伸一さんにお越し頂きました。

    中山さんには災害医療についてお話を伺いました。

    25年前の阪神淡路大震災が起きた時、中山さんは民間病院で当直医として勤務していたそうです。

    現在、中山さんがセンター長を務めている兵庫県災害医療センターは、阪神淡路大震災の教訓からできた施設とのこと。

    震災当時は災害を想定した医療が明確になかったそうですが、現在では災害医療の分野も大きく進歩しているそうです。

    災害拠点病院の設置や災害派遣医療チームの応援体制など、大規模災害を想定した体制が順次作られているとのこと。

    また、災害に起こりやすい病気や症候群の情報を共有し対応できるようにしているそうです。

    とはいえ、災害の準備に「完璧」はありません。

    これからも継続して備えていくことが大事なんですね。

    そんな中山さんも参加される災害医療の現状とこれからを考える催しが2月に開催されます。

    第25回 日本災害医学会総会・学術集会

    会期:2020年2月20日(木)~22日(土)

    会場:神戸国際会議場

    専門家の学会なので、有料参加・事前登録制となっていますが、一般の方もエントリーは出来ます。

    こうした催しを通じて、さらに災害医療の体制が進歩していけばいいですね。

     

  • 2019年12月30日(月) 10時00分 一紀のいろいろ万華鏡

    年末年始お酒の飲み方講座

    27日の「一紀のいろいろ万華鏡」は、日本酒のディレクター田中順子さんにお話しを伺いました。

    田中さんはだし割かんを監修されています。

    だし割りかんとはカツオと昆布の合わせ一番出汁と日本酒の熱燗を割ったものです。

    昔からおでんの汁をお酒に入れて飲むことがあったそうです。

    一番おいしい飲み方は、どちらも60度程度に温めてからお酒1:4出汁で割ると良いそうですよ。

    家庭で作る場合は、合わせ一番だしと純米酒系のお酒を使用するとよいそうです。

    だし割りかん

    大田酒造 ホームページ

  • 2019年12月7日(土) 13時00分 一紀のいろいろ万華鏡

    クリスマスプレゼント特集

    12月6日の「一紀のいろいろ万華鏡」は、「これで笑顔間違いなし!ユニークなクリスマスプレゼント特集」をお届けしました。

     

    あっきんとアルミカンのお2人がそれぞれが見つけてきたクリスマスプレゼントをご紹介しました。

    あっきんが紹介したクリスマスプレゼントは、

    1つ目は「イクラ プッシュピン」

    見た目はイクラの軍艦巻、お寿司の部分が針山でイクラが押しピンになっています。

    2つ目は「DIY・BOY」

    手や足が曲げられるようになっていて、携帯を支えたりカップ麺の蓋を押さえたりなど様々な使い方ができるそうです。

     

    アルミカン高橋さんが紹介したクリスマスプレゼントは、

    「オリジナル絵本」

    オリジナル絵本ギフト専門店ありがとう ホームページ

    こちらのサイトでは、メッセージや名前を入れオリジナルの絵本が作れるそうです。

     

    アルミカンの赤阪さんが紹介したクリスマスプレゼントは、

    「はぁって言うゲーム」

    お題の一言を声と表情だけで演じて当て合うカードゲームとのこと。

    クリスマスパーティーでしたら盛り上がりそうですね!

     

  • 2019年11月29日(金) 17時56分 一紀のいろいろ万華鏡

    「人工樹木」って知ってますか?

    29日の「一紀のいろいろ万華鏡」は、寺谷さんたちが有限会社プランニングコスモスさんに取材に伺った様子をご紹介致しました。

    https://www.instagram.com/p/B5br5e0HKWA/

    「有権会社プランニングコスモス」は和歌山県海南市にある会社でホテルや車のショールームなどにある人工の樹木を作っている会社です。

    こちらで作っている人工樹木は、幹は本物の木を使用し葉っぱは人工のもので作られているそうです。

    幹に使用する木は、乾燥に強く見た目がきれいで劣化しないツバキが良いとのこと。

    また代表の川村さんは趣味としてみかんを作っており、このみかんが濃厚で甘く適度な酸味もあり美味しかったそうです。

  • 2019年11月16日(土) 10時00分 一紀のいろいろ万華鏡

    税について考えてみませんか?

    16日の「一紀のいろいろ万華鏡」は、兵庫県納税貯蓄組合連合会 副会長の中嶋輝男さんにお越しいただきました。

    中嶋さんには、11月11日~17日は「税を考える週間」ということで税についてお話をして頂きました。

    納税貯蓄組合連合会では、税の意義や役割などを正しく理解することを目的にして、租税教室の開催や街頭でのPR活動を行っているそうです。

    税に対する理解を深めてもらうために中学生は「税についての作文」コンテスト、小学生は「税に関する書道・ポスター」コンテストも毎年行われています。

    番組内では、国税庁長官賞を受賞した作文をご紹介いたしました。

    皆さんも、この機会に納税者として日常生活と税の関わりについて考えてみてください。