CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

三上公也の朝は恋人

  • 2020年5月19日(火) 09時00分 コープ・スコープ

    身近な植物に自然毒!?散策中は「採らない、食べない、人にあげない」

    今回は、コープこうべ商品検査センター 井川正光さんに、商品検査センターの情報誌くろまとから「身近な植物に自然毒」について伺いました。

    植物の自然毒で有名なのは、じゃがいも、なんかがそうです。
    芽の付け根の緑色の部分に含まれるソラニンは有毒物質で、取り過ぎると腹痛や吐き気なんかが症状としてでます。
    じゃがいものような、よく食べるものでも、調理方法や食べ方を知らなかったりすると、食中毒を起こす典型的な例かと思います。

    自然だから、安全、というわけでは決してありませんで、食中毒の事件数は少ないものの、死亡例者数は食中毒事故の40%近くを占めており、まだまだ自然界には毒のあるものが多いので注意が必要です。
    散策中に見かける花などは鑑賞するのはよいですが、よく似た植物で毒のあるものは多くありますから、専門家ではない限りは「採らない、食べない、人にあげない」は大切ですね。
    この時期の食中毒はぜひ予防したいと思います。

    なお、情報誌くろまとは、商品検査センターホームページからご覧いただくことができます。
    今回、裏面のコラムには、1日あたりの必要なたんぱく質の量についても書かれていますので、ぜひお読みください。
    コープこうべ商品検査センター

    放送の模様は動画でもご覧いただけます!

    過去の動画一覧を見る