CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

三上公也の朝は恋人

  • 2022年8月22日(月) 03時45分 関西

    余部鉄橋「空の駅」へ~夏休みレポート②

    兵庫県香美町の「猿尾滝」から同じ香美町の余部にある余部(あまるべ)鉄橋「空の駅」に移動。

    2010年8月に完成した現在の余部鉄橋ですが、3年後の5月には展望施設が出来て、さらに4年後の2017年11月にはエレベーターが整備され約45秒で高さ40mの展望施設に行けるようになりました(展望施設・エレベーターとも無料)

    JR餘部(あまるべ)駅のホームに沿うように旧レールが残されていてその上を歩くことが出来ます。

    ここからは日本海が望めます。

    レールの枕木(廃材)を利用したベンチが設置されていますが、現在はコロナ対策でひっくり返され使用できなくなっています。

    流石にこの先には行けません。

    餘部駅を含め展望施設を見下ろせる場所があります。

    地上からだと15分ほど急勾配(約40mの高低差、距離約300m)を歩かねばなりませんが、展望施設の西端からだと約3分で着きます。

    徐々に上がっていきます。

    ほぼ同じ高さに。

    そしてポスターなどでおなじみの構図が見られるスポットに到着。残念ながら列車が通る時間帯ではありませんでした。

    橋の下には土木遺産としてその歴史を伝える旧橋脚の一部が残されています。

    橋りょうの一部も展示されています。

    1986年(昭和61年)12月に起きた列車転落事故をきっかけにコンクリート橋への架け替えに向けた取り組みが進められました。強風に煽られた回送中の客車が橋の真下にあった水産加工場と民家に落下。工場の従業員5人と乗務していた車掌1人の6人が亡くなったほか従業員ら6人が重傷を負った大惨事でした。慰霊碑が建立されています。

    この日はバスの到着直前に浜坂・鳥取方面に向かう特急「はまかぜ」が通過したようです。

    一方、城崎・豊岡方面に向かう特急が13:40頃通過するとあります。が、バスの出発時刻が13:45。展望台にいるわけにもいかず橋の下で待機。キハ189系「はまかぜ」を見送りました。

    なんとか橋の通過が見られたので「ま~イ~カ!!」というわけで記念撮影。

    道の駅と空の駅の記念きっぷを購入してバスに乗り込んだのでした。

    このあとは湯村温泉に向かいました。夏休みレポートつづく・・・