神戸のメリケンパークにあるホテルオークラ神戸内に「アンパンマンスイートルーム」が完成!
きょう31日のオープンを前に、先日内覧会がありました。


部屋の広さは114㎡あり、ベッドは3ベッド仕様(ベビーベッドあり)


自宅同様に靴を脱いで客室利用が出来、身長85cmの子供でも手が届く洗面台、簡単な調理の出来る水回り、洗い場のあるお風呂など、実際に2歳未満の子供を持つ女性スタッフを中心としたメンバーで企画されていて、細かいところまで母親目線が取り入れられています。




ベッドサイドランプを始め壁紙やゴミ箱などアンパンマンづくしの実に楽しいお部屋です!




この部屋の宿泊特典は…
オリジナル招待状が自宅へ届く
神戸アンパンマン子供ミュージアム入館券付
アンパンマンとの記念撮影
オリジナルバッグプレゼントなど。


1室3人(1泊朝食、税・サ込)で平日プラン料金は7万8000円。
すでにオープン記念の2月末までは完売!
こりゃ子供は喜ぶでしょうね。

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: giants
  • 投稿日時: 2015年01月31日(土) 05時58分

435年前にタイムスリップしてみませんか。


あす31日(土)午前11時から、神戸市兵庫区の「兵庫津遺跡」で現地説明会が開かれます。
ここは旧神戸中央卸売市場本場が建っていた場所。
今回の発掘は去年の2月に始まりましたが、跡地に商業施設の建設が計画されていることから一般公開されるのは今回が最後。
広大な遺跡は見納めとなります。

「兵庫津遺跡」は、神戸市中央部の海岸沿いに位置する遺跡です。
戦国時代末の1580年に織田信長の家臣だった池田恒興によって兵庫城が築かれ、兵庫津の港と町を統治しました。
その後は羽柴秀吉の直轄領に、江戸時代初期の1617年には尼崎藩領に、そして西国街道の宿場町として栄えた江戸時代中ごろには、人口2万人の賑やかな町となったそうですが、そのころの様子が伺えます。


なにせ広大な面積!
約25000㎡あり、これまでの調査で江戸時代のリアルな町屋と街路樹などが発見され、何度も火災に遭いながら同じ場所に再建され、長く生活営まれていたようです。
兵庫城の堀の石垣なども出土。
また瓦や古銭なども出土しています。


よみがえる兵庫津連絡協議会の高田さん、黒田さん、池田アナと。

あす31日(土)は午前11時から午後3時半まで、遺構や出土品を現地で見ることが出来ます。
事前の申し込みはいりませんので、直接現地に集合してください。
少雨決行とのこと。
神戸市営地下鉄海岸線・中央市場前下車すぐです。
神戸の先人の息吹を体感してください。

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: giants
  • 投稿日時: 2015年01月30日(金) 05時36分

今月の三上公也の職業体験ルポ「ミカミやるウイーク」は、中古CDショップ「りずむぼっくす神戸元町店」で仕事体験。
オーナーの木村裕二さんにお世話いただきました。

ビルの2階にある店内には約15000枚のCD・レコード・DVDがズラーッと並んでいます。


まずは新着のCDをジャンル別に棚に整理し並べるところから・・・
そしてネット注文の確認作業。
発送のための梱包作業も体験しました。


入荷したCD盤の清掃、そしてそれぞれの盤状態を確認。


盤質はキズの程度によって「A」「A´」「B」「C]の4段階に分けます。

レコード盤も同じようにチェック。
最近はレコード盤も人気なんだそう。

地味な手作業ではありますが、これが基本。
商売ゆえの商品管理は徹底。
そしてあす30日(金)から2月1日(日)の3日間限定で、「真冬の大感謝セール」が行われます。
全商品10%OFFですよ。
またきょうまでになりますが、1000円以上お買い上げで、セール期間中さらに10%、つまり20%OFFになるチケットを進呈。
ご利用ください。




『りずむぼっくす神戸元町店』
営業時間は午前11時~午後8時
年中無休
078-321-1147
神戸市中央区元町通1-13-19 辰巳ビル2階
(JR・阪神 元町駅南すぐ)
詳しくはこちら↓
http://ameblo.jp/motomachirhythmbox/

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: giants
  • 投稿日時: 2015年01月29日(木) 05時06分

「ブローゴルフ」をご存知でしょうか。
名前に“ゴルフ”と付いていますが、ゴルフクラブを使わない、新しいレクリエーションスポーツです。
そんな「ブローゴルフ」の普及活動をされている神戸市灘区のNPO法人「フィール・ハピネス」代表の水田瑞穂さんにお越しいただきました。

「ブローゴルフ」とは吹き矢のようで吹き矢とは全く違う、新しいレクリエーションスポーツです。
椅子に腰かけた状態で長さ39cmのアルミ製の筒を口にくわえて、先が磁石が付いたタンポポの花の形をした花矢を吹き、およそ3m離れた鉄製の的に当て、点数を競い合うゲームです。

吹き矢に比べて使う筒の長さも、的までの距離も短いので、室内で手軽に楽しめるのも特徴。
そして吹き矢の3mの距離とブローゴルフの3mの距離では、ブローゴルフの方が吹き矢の倍の呼吸筋を使うのだそうです。
3mの距離でも吹き矢の10mに相当する力を必要とするため、狭いスペースでもしっかりと呼吸筋を使える有酸素運動になるというわけです。
私たちも体験。
まずは遊児さん、そして木谷嬢。


そして私も・・・


呼吸機能療法の「口すぼめ呼吸」を取り入れているブローゴルフは、息を吐き出す力をつけることで呼吸筋の力を十分に発揮させ、咀嚼(そしゃく)・嚥下(えんげ)の強化と誤嚥(ごえん)の防止に役立つといわれています。
また呼吸筋を鍛えることで肺年齢が維持できるほか、顔の表情筋も鍛えられ、若返り効果も期待できます。

水田さんは、「高齢者施設やイベントなどでの体験機会を増やしていきたい」と話されていました。
詳しくはNPO法人「フィール・ハピネス」へお問い合わせください。
078-861-8228

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: giants
  • 投稿日時: 2015年01月28日(水) 12時07分

認知症予防のためのコーナー「頭にいいラジオ」で、リスナーの方から提案のあったパズルに挑戦!


放送中には完成させることが出来ず、番組終了後に必死にジグソーパズルに挑む遊児さん。
必死の割には楽しそう・・・。
完成後は満面の笑み(^_^;)

次回はご自宅でお孫さんと楽しまれることでしょう。

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: giants
  • 投稿日時: 2015年01月27日(火) 09時35分

けさの8時台は大鉄工業株式会社取締役副会長の西川直輝さんにお越しいただきました。

西川さんは、20年前の阪神淡路大震災発災当時、JR西日本の大阪建設工事事務所次長で、JR六甲道駅の復旧工事に携わった方です。
災害復旧は通常、線路保守チームが担当するので、西川さんが掌握する大型工事部隊に出番はないのですが、午前9時半頃、テレビで報じる山陽新幹線高架橋の破壊を確認し、「我々しかやれない」と思い、1週間分の衣類をカバンに詰めて制服を着て出社され、4月1日の東海道・山陽本線全線開通まで本社で寝泊まりされたそうです。

会社では、被害が大きい新幹線と六甲道付近の高架橋の復旧担当を命じられ、施工計画をわずか3日で定め、1週間後には施工会社(ゼネコン)に号令をかけられました。
同時に組織化し、復旧工事対策本部内に、在来線・新幹線・六甲道の3部をつくり、西川さんは六甲道復旧部長に。

六甲道駅の鉄道高架橋は、重たいコンクリート板や線路を支える柱が折れました。
施工計画では、落下したコンクリート板や橋げたをジャッキアップして元の位置に戻し、柱の損傷部分を修復するというもので、柱のコンクリートを完成させたあと、その上に鉄筋を組んで床や橋げたを打つという通常の工事とはまるで逆の工法がとられました。
これについて当初、ゼネコン各社は拒絶。
西川さんの説明に対して、「あんなに重たいコンクリートの塊をどうやって宙にあげるのか!しかも重なり合って落ちているんだぞ!」と声を荒げられたそう。
また、工程の指示に対しては、「そんなに早く出来るもんか!」とけんか腰。
丁寧な技術的開発で疑問を解消といえば嘘になるが、乱暴なことばで応酬する場面もあったものの、基本が腹に落ちればあとは迷いなしで、ゼネコン側からの工期短縮の逆提案もあったと西川さん。

そして当時、「何があっても現場を止めない」、「新幹線には負けない」を合言葉に、現場が一体となって復旧工事を行った結果、半年から1年はかかるとみられていた工事が、わずか74日で完了。
最後まで残っていた六甲道駅を含む「灘~住吉」間の復旧で、東海道線は全線開通したのでした。
工事期間中、六甲道駅付近のマンションには「安全に!」や「がんばれ!」などの横断幕が掲げられ、全線開通の際には地域の住民の方々から感謝の言葉をかけられたことが嬉しかったとのこと。
復旧復興には、工事関係者だけでなく、地域との連携が必要なのですね。

ちなみに阪神間を走る阪急電車の復旧は6月12日、山陽電車が6月18日、阪神電車が6月26日でした。
JRが早かったのは、早期計画決定もありますが、高架橋の両サイドに道路があったため、存分にスペースを活用出来たこともあるそう。

「起こりうることは必ず起きる」
このことを肝に銘じたいとも話されていました。

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: giants
  • 投稿日時: 2015年01月26日(月) 15時07分

震災前の神戸の街を舞台に若者の日常や恋愛を描いた映画「She’s Rain」のブルーレイ盤の発売を記念して、監督や出演者らが揃ってのトークショーが神戸・御影郷の酒心館ホールで行われました。

この映画は1993年の作品で、白羽弥仁監督をはじめ染谷俊さん、菊池麻衣子さんらが参加。

震災前の神戸の街のこと、今だから話せる撮影秘話など楽しい話が次々と出てきて、予定の1時間はあっという間でした。

庭では梅の花が開花。


花には酒がつきものでして・・・
買って帰りました。

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: giants
  • 投稿日時: 2015年01月25日(日) 20時24分

来週の「三上公也の情報アサイチ!」は・・・

1月26日(月)
『遊児のレトロ歌謡曲』
『震災20年を振り返る~JR六甲道駅の復旧工事
  出演:大鉄工業株式会社 
      取締役副会長
 西川直輝さん

1月27日(火)
『おもしろ明石楽』
『ブローゴルフって知っていますか
   出演:NPO法人「フィールハピネス」代表
             水田瑞穂さん

1月28日(水)
『奈月の大発見!』
『ミカミやるウィーク』
~中古CDショップ「りずむぼっくす神戸元町店」で仕事体験~

1月29日(木)
『ある日記帳~昭和15年~21年に書かれた日記を紹介』
『ひょうごの老舗めぐり』
~明石の文政元年創業の和菓子店「藤江屋分大」を訪ねて~

12月22日(月)・23日(火)のメッセージテーマは・・・
「高級品あれこれ」
あなたにとって「高級品」といえば何でしょう。
今までに奮発して「こんな高級品を食べた・飲んだ」、
「こんな高級品を買った・貰った・借りた」、
「こんな高級品を手に入れてみたい・使ってみたい」など
高級なお便りをお待ちしています。
  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: giants
  • 投稿日時: 2015年01月24日(土) 05時58分

毎月第3木曜日にお送りしている「おもしろ神戸ひょうご楽」の山崎整副学長出演ですが、今月は元日が木曜日だったこともあり、1週間ずれて今週ご出演いただきました。


阪神・淡路大震災20年にちなんで、本格的なオーケストラによる交響組曲として創作された「震災の歌」を取り上げました。
震災関連の歌では、過去にも2011年8月に「震災から生まれた二つの歌」と題して、神戸の小学教師が作った「しあわせ運べるように」と、前代の女子大生が集団で創作した合唱曲「君の歌」を紹介していただきましたし、2013年1月にも神戸市北区在住の声楽家・中塚雅敏さん作・演出・作曲し、唄も担当した創作オペラ「白い雲のかなたに」を取り上げていただきました。

今回は、震災のちょうど1年後、1996年1月21日に神戸文化ホールで初演・発表された《阪神・淡路大震災鎮魂》「交響組曲 合唱とオーケストラのための『祈り/1.17』を当時のライブ音源でお聴きいただきました。

この作品は、読売新聞社が、犠牲者の鎮魂と速やかな復興を祈って、合唱付きの交響組曲の創作を企画。
1995年6月から7月末にかけて、被災地の小学生から「震災体験の詩」を募集したところ、詩582編と作文726編の、あわせて1308編の応募があったそうです。
審査の結果、最優秀賞・県知事賞と優秀賞5編、作文の特別賞4編が選ばれました。
このうち5編をもとに、阪神地区在住の音楽家4人が楽章を分担して作曲、4楽章からなる壮大な交響組曲(演奏約35分)に仕立てられたのでした。
詩を見て3カ月余りでの作曲は、かなりの重圧だったのではないかということですが、お聴きいただいたように完成度のかなり高い作品に仕上がっていました。

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: giants
  • 投稿日時: 2015年01月23日(金) 14時51分

毎月第3水曜日は、コメンテーターでもある神戸大学大学院経済学研究科教授の滝川好夫先生の経済解説。

IMF=国際通貨基金による世界経済見通しによると、ことしの世界全体の成長率を去年10月時点の見通しから0.3ポイント引き下げ、3.5%と予想しました。
この3.5%を仮に時速35kmのスピードとすると、アメリカで時速36km、、中国は68km、インド63kmと平均以上なのに対し、ユーロ圏は12km、日本は6km、ブラジルでは3km、ロシアは-30kmと逆走。
率をスピードに置き換えると、各国の経済の勢いが良くわかります。

原油価格の急落で原油の輸出国が大きな影響を受けるほか、アメリカの利上げによって国際金融市場が不安定となることも指摘されています。
また中国の去年の実質国内総生産は7.4%と低い成長率に。
この数値は24年ぶりの低水準といわれますが、今年は6.8%とこれまで以上に減速予測されているということは、中国の貿易相手国にも影響が出ることになるでしょう。
このまま円安・株高が続くと、景気全体としては上向くのでしょうが、社会構造の中では大手企業と中小企業、金持ちと貧乏の格差が益々広がるのではという危惧があります。
穏やかなひつじ年とはいかないのでしょうか。

  • カテゴリー: 総合
  • 投稿者: giants
  • 投稿日時: 2015年01月22日(木) 05時38分