CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

  • 2017年7月3日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(6月30日)

    今回のお題は」「朝顔でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「苺狩いびつな姿混ざる篭」
    「苺には練乳といふ客が来る」
    「朝顔の夜も競ふて当世風」

    妙音新聞からは
    「園児等の口いっぱいの苺狩」(岩出市 吉益宜子さん)
    「苺の実 小粒大粒庭の鉢」(奈良市 廣瀬洋子さん)
    「朝顔に見とれし友は乗り遅れ」(大阪市 本田清さん)
    「朝顔のこぼれ種より二葉出る」(鹿島郡 清水好子さん)

    つづいて著名な俳人の句をご紹介します。
    「清姫か涙の玉や蛇いちご」(夏目漱石)
    「市の灯に美なる苺を見付けたり」(夏目漱石)
    「淋しくもまた夕顔のさかりかな」(夏目漱石)
    「朝顔や我に写生の心あり」
    (正岡子規)
    「朝顔のさまざま色を尽す哉」
    (正岡子規)
    「いちご熟す去年の此頃病みたりし」(正岡子規)

    それでは出演者の皆さんの句をご紹介します。

    まず寺谷さんの句は、
    「富士すそ野いちご大福こぶし大」

    アシスタントの中橋さんは、
    「初氷 苺たっぷり歯にしみる」
    「朝顔の折り後多し園の壁」

    つづいて今週のリスナーのみなさんの句をご紹介します。

    「苺ジャム笑顔で作った妻逝い」(堺市 堺のかわちさん)
    「大福にケーキジャムパイいちご神」(篠山市 まさあっこさん)
    「春に継ぎいちごの香り甘い夏」(神戸市北区 たけしさん)
    「木苺の甘さ酸っぱさ恋の味」(神戸市垂水区 生涯現役さん)
    「苺積み戦後は続く野の仏」(松原市 ただのおやじさん)
    「苺積み白い部分を表向け」(東大阪市 やすよさん)
    「デパートの見切り苺に千の顔」(姫路市 みよこさん)
    「イチゴ狩り人気は2番ジャム作り」(神戸市垂水区 ますきさん)

    「素足下駄 咲くや朝顔ゆかた袖」(八尾市 ゴンちゃんさん)
    「朝顔やラジオ体操 見届けて」(篠山市 まさあっこさん)
    「朝顔やゴーヤのネットを間借りして」(たつの市 悪魔の囁きさん)
    「朝顔の観察はじむ夏休み」(大阪市淀川区 蒼龍さん)
    「アサガオの碧のアロハや片思い」(加東市 姫路セントラルぱくっさん)
    「しおれてもシャンと朝顔 花の白」(交野市 星のブランコさん)
    「朝顔が ほら咲いたよと一年生」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「朝顔も夜来の雨に蔓伸びる」
    (大阪市生野区 赤いバラさん)

    それでは、出演者の皆さんが選んだ句を紹介します。

    ゲストの中塚さんは
    「酔っぱらい夜中に帰るイチゴ鼻」(大阪市淀川区 蒼龍さん)
    「朝顔の鉢持ち帰り夏休み」(神戸市垂水区 生涯現役さん)

    ゲストの森さんは
    「いちご狩り頬張る園児 頬あかく」(守口市 しんきいってんさん)
    「あさがおや雨があがって虹が出て」(奈良県高市郡 はるぴーさん)

    コメンテーターの宮倉さんは
    「不揃いの苺はジャムとなりにけり」(たつの市 悪魔の囁きさん)
    「朝顔は昼顔ブームに嫉妬する」(守口市 しんきいってんさん)

    大森さんは

    「私のは いちごの刺繍 母の印」(枚方市 くらにゃんこさん)
    「食べ時を迷う主役のイチゴパフェ」(交野市 星のブランコさん)
    「あさがおの観察日記 眠気耐え」(姫路市 みよこさん)
    「指先を朝顔の赤で染めており」(大阪市城東区 つきあかりさん)
    「あさがおや雨があがって虹が出て」(奈良県高市郡 はるぴーさん)

    そして今週の特選句は、

    「敷藁の苺畑は今昔」(八尾市 ゴンちゃんさん)
    「朝顔の団十郎も雨に濡れ」(姫路市 みよこさん)

    でした!

    次回のお題は」「団扇で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん(辯天宗婦人部総裁)
    1954年、 辯天宗宗務総長大森慈祥氏 (現管長猊下)と結婚。
    1960年得度、1965年辯天宗婦人部総裁に就任。
    文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など辯天宗文化部の発展に寄与。
    1995年、 大和礼法弁才御流興隆。
    1996年、大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    1997年茨木西ロータリークラブ会長。
    2009〜2010年RI2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。
    辯天宗ポータルサイト

    麗仙湯、ハーブティーのお問い合わせは