CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

番組内容

ナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

  • 2019年11月18日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(11月15日)

    11月15日のお題は」「雑詠でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「柿林一樹名残らせ落柿舎に」
    「人知れず渋柿にして大樹の景」
    「渋柿の照葉に包む鯖の寿司

    妙音新聞からは
    「柿はまだ色づいてゐず子規忌来る」(八尾市 淺井 祥多さん)
    「柿狩りで三Lひとつかぶり食ふ」(堺市 河内 紀雄さん)
    「一番に色づきし柿亡き母に」(四日市市 北山 紀美さん)

    今週は、向井去来の句をご紹介します
    「やがて散る柿の紅葉もね間の跡」
    「柿ぬしや梢ちかきあらし山」
    「木がらしに梢の柿の名残かな」嵐雪


    今週の寺谷さんの句は、
    「先付けに柿の白和え笑みこぼれ」
    「柿すだれヘタの横好き しゃれことば

    あっきんの句は、
    「柿もまた お酒のアテに なる一夜」
    「和酒フェスで秋のお酒を堪能し」

    ゲストの牧野さんの句は、
    「ちとせあめ持つ手もかわいい晴れ姿」
    「七五三 後姿に父涙」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。
    「思ってた人に思われ柿日和」(交野市 星のブランコさん)
    「里山の獣害防ぐ柿もいで」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「筆柿で今年の一字 空に描く」(守口市 守口のタヌキさん)
    「吊るし柿カラスに盗られ食べそびれ」(茨木市 蒼龍さん)
    「御主人を鈴なり柿が待っている」(丹波篠山市 丹波のトシ坊さん)
    「干し柿や皺の数ほど甘くなり」(淡路市 お散歩おじさん)
    「柿ならば思い出したがシブがき隊」(滋賀県草津市 バス会社に就職してもバスに乗らない滋賀のまー君さん)
    「子も黙る柿を狙いしからすの目」(恋する サボテンちゃんさん)
    「吊るし柿 渋から甘に変身だ」(赤穂市 アンちゃんさん)
    「干し柿の美味しさがわかる年になり」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「柿食えば歯ごたえ嬉し旅の宿」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「干し柿を飾って終わる年の暮れ」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)
    「見やりつつ何か安心 柿一つ」(姫路市 さくら草さん)
    「人の目を盗んでつつく柿の実を」(神戸市北区 たけしさん)
    「柿の実が たわわに実り空き家庭」(姫路市 みよこさん)
    「てっぺんの柿はからすへプレゼント」(大阪府池田市 うさこさん)
    「干し柿の すだれ求めて鳥来たる」(丹波篠山市 丹波のまめりんさん)
    「木枯らしの やはり朝晩 寒きけり」(兵庫県三田市 ひろちゃんさん)
    「車降り銀杏並木 歩くべし」(交野市 星のブランコさん)
    「奉祝の穏やかな陽の そそぐ秋」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「愛宕山 茅葺き茶屋で ひと休み」(守口市 守口のタヌキさん)
    「災害を無くす手立ても秋の風」(茨木市 蒼龍さん)
    「初物の すっぽん老舗で諭吉消え」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「秋深し巷はさくら騒がしく」(淡路市 お散歩おじさん)
    「紅葉を見に行こうようと思ってる」(滋賀県草津市 バス会社に就職してもバスに乗らない滋賀のまー君さん)
    「神の留守 針仕事終え深呼吸」(姫路市 さくら草さん)
    「戯れに猫の鼻先えのこ草」(大阪府池田市 うさこさん)
    「牡蠣を打つ女の人の指あかし」(姫路市 みよこさん)

    それでは出演者の皆さんが選んだ句をご紹介します。

    寺谷さんが選んだ句は、
    「廃屋の主なき庭にジャンボ柿」(神戸市西区 いわおかジュウベえさん)
    「冬の朝 顔がこわばるウォーキング」(赤穂市 アンちゃんさん)

    あっきんが選んだ句は、
    「ラグビーの感動胸に復興を」(神戸市北区 たけしさん)

    ゲストの牧野さんが選んだ句は、
    「干し柿に想い出の味 祖母の雛」(神戸市垂水区 ちょい丸親父さん)

    今週の特選句は、
    「守り柿えだでさみしく ゆれにけり」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「七五三 今日はおすまし女の子」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)

    です。

    次回のお題は炬燵雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

  • 2019年11月15日(金) 06時40分 メッセージテーマ

    うんと褒められたいの~!

    本日のメッセージテーマはこんな賞もらいました!です。

    本日は、偶然にも寺谷さんとあっきんは、革ジャンにジーンズとおそろいのコーデ。

    番組からベストドレッサー賞を差し上げたいと思います!

    メッセージをお待ちしています!

    メール:maido@jocr.jp

    FAX:078-361-0005

    番組 Instagramは、こちらです!

    寺谷一紀のまいど!まいど! 公式Instagram

  • 2019年11月12日(火) 10時00分 まいど!いらっしゃい!ようおこし!

    ドイツワインに注目です!

    8日のゲストは、ヘレンベルガー・ホーフ株式会社 会長の山野寿さんに電話でお話をして頂きました。

    3連休に開催されていたヘレンベルガー・ホーフ株式会社の「2019秋ハウスメッセ」に寺谷さんとあっきんが参加してきたそうです。

    醸造ごとの展示やセミナー、45種類ものワインの試飲ができるイベントだったそうですよ。

    ドイツワインは30年程前から世代交代が行われるようになり高品質の美味しいワインが多くなったんだとか。

    また、ヘレンベルガー・ホーフ株式会社ではブドウの木のオーナー募集をしており、ぶどうの栽培状況、今年の天候、ワインになるまでの醸造過程などのお知らせや、その年のワインが届くなどの特典があるそうです。

     

    そして、ドイツワインを楽しめるイベントが開催されます。

    ドイツ・クリスマスマーケット大阪2019

    日時:2019年11月15日(金)~12月25日(水)
       月~木 12:00~21:00 / 金 12:00~22:00 / 土、日、祝 11:00~22:00

    場所:新梅田シティ・ワンダースクエア(梅田スカイビル 1F 広場)

     

    ドイツワインに注目してみてはいかがでしょうか?

    ドイツ・クリスマスマーケット大阪2019 ホームページ

  • 2019年11月11日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(11月8日)

    11月8日のお題は芭蕉忌・寒し」「雑詠でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「昼夜なく看とりし去来に芭蕉の忌」
    「銀杏降る芭蕉終焉の御堂筋」
    「無事祈る被災の寒さ越す人に」

    妙音新聞からは
    「寒かろう水害被災地に思いはせ」(石川県鹿島郡 清水 好子さん)
    「手をさすり寒き佛間で写経する」(日高郡 伊藤 秀一さん)
    「猿尾滝てふ冬の滝山探し」(和歌山市 木下 榮子さん)

    今週は、向井去来の句をご紹介します
    「さむき夜やおもひつくれば山の上」
    「掃きちぎる八疊敷きの寒さ哉」芭蕉忌七回忌に
    「老樂の口もと寒し御佛石」


    今週の寺谷さんの句は、
    「寝間寒し あわて毛布を探しをり」
    「芭蕉忌や今は瞬時の江戸の旅

    あっきんの句は、
    「芭蕉忌に そっと感謝し一服を」
    「寒し夜 一人鍋して寂し夜」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。
    「芭蕉忌や句作り楽しに今行会」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「本閉じて雨音聞くや芭蕉の忌」(姫路市 みよこさん)
    「草庵に蕉風吹いて香る柿」(大阪府守口市 守口のタヌキさん)
    「銀杏の号砲響き芭蕉おき」(大阪市福島区 恋するサボテンちゃんさん)
    「芭蕉忌に芭蕉の俳句残さねば」(茨木市 蒼龍さん)
    「芭蕉忌や準備始める年賀状」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)
    「みちのくへ一人旅する芭蕉の忌」(丹波篠山市 丹波のまめりんさん)
    「芭蕉忌や子犬枯野を かけ回り」(大阪府池田市 うさこさん)
    「芭蕉忌の鶴仙渓の清き水」(神戸市垂水区 ちょい丸親父さん)
    「芭蕉忌や南御堂に手をあわす」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「終着地 紅葉いろどる伊賀の庵」(多可郡 北はりまのムーミンパパさん)
    「朝寒の身に感じるや登山会」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「柊の雪に見紛う花が散る」(姫路市 みよこさん)
    「木枯しに さからい自転車こげぬジジ」(赤穗市 風ちゃんさん)
    「はや冬に なれば極暑も懐かしい」(茨木市 蒼龍さん)
    「菊花展 美しすぎる華に恥ず」(大阪市高槻市 ひろりんさん)
    「秋桜の花びらもぎってヘリコプター」(兵庫県揖保郡 斑鳩の王子さん)
    「天高く還暦テニスそれなりに」(大阪府池田市 うさこさん)
    「相棒と酒が染み入る翁の日」(淡路市 お散歩おじさん)
    「老松も腰に菰巻き冬支度」(愛知県岡崎市 小太り爺さん)
    「立冬や賛成多数 今日は鍋」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「通天橋 眼下に燃える里の秋」(守口市 守口のタヌキさん)
    「豪の水 暗く動かぬ寒さかな」(姫路市 みよこさん)
    「警策が座禅僧打つ寒し朝」(大阪府守口市 守口のタヌキさん)
    「寒し朝 今夜鍋よと背に受けて」(神戸市西区 スレッガ~3回さん)
    「寒し朝 道産子平気 半ズボン」(赤穗市 風ちゃんさん)
    「外よりもステージよりも席寒し」(大阪市福島区 恋するサボテンちゃんさん)
    「極寒に なれば氷も ふえるかな」(茨木市 蒼龍さん)
    「一人して湯豆腐つつく寒い夜」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「道標 影薄くなり寒さ故」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「寒し夜おでん熱燗 差し向かい」(大阪府池田市 うさこさん)
    「寒し朝ヒートテックの力借り」(淡路市 お散歩おじさん)
    「クリスマス懐寒しプレゼント」(神戸市垂水区 ちょい丸親父さん)

    それでは出演者の皆さんが選んだ句をご紹介します。

    寺谷さんが選んだ句は、
    「芭蕉忌やスマホ一つの旅日記」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「木枯らしや特急通過 待つホーム」(交野市 星のブランコさん)
    「税上がりフトコロ寒し秋の風」(多可郡 北はりまのムーミンパパさん)

    あっきんが選んだ句は、
    「芭蕉忌や実り求めて道の駅」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「寒い夜 焼き鳥求め独り酒」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)

    コメンテーターの大田さんが選んだ句は、
    「芭蕉忌に細道旅し作句する」(赤穗市 風ちゃんさん)
    「立冬の動かぬ虫を案じおり」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「満天の星空に吹く風寒し」(丹波篠山市 丹波のまめりんさん)

    今週の特選句は、
    選ばれた方全員が特選句です

    次回のお題は雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

  • 2019年11月10日(日) 10時00分 一紀のいろいろ万華鏡

    あっきんの酒類総合研究所リポート

    8日の「一紀のいろいろ万華鏡」は、あっきんの酒類総合研究所リポートをお届けしました。

    「独立行政法人 酒類総合研究所」は広島県東広島市にあり、あらゆるお酒を研究している機関です。

    現代的な建物のロビーには酒蔵の証である大きな杉玉があり、その大きさにびっくしたそうです!

    お酒の造り方や歴史について学べるので、酒蔵の跡継ぎの方などお酒に携わる方が勉強するため全国から訪ねてくるそうです。

    あっきんもぜひ参加したい!と思ったそうですよ。

    また、お酒の普及活動にも力をいれているそうで広報誌や子供向けの冊子もあるそうです。

    最後にビール・ワイン・日本酒など7種類のお酒をテイスティングさせてもらいました。

    中でもロゼワインと貴醸酒が印象的だったそうです。

    ロゼワインは、研究所内の畑で獲れたブドウを使用して作られたワインで飲みやすかったそうです。

    貴醸酒は、仕込み水の代わりに清酒を使用したお酒で、香りがまろやかでとろみがありとてもおいしかったそうです。

    見学など興味がある方は酒類総合研究所にお問い合わせください。

    酒類総合研究所 公式ホームページ

    寺谷一紀のまいど!まいど! インスタグラム