CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

番組内容

毎週金曜日の午前10時からナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

  • 2018年1月1日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(12月29日)

    今回のお題は大晦日」「懐炉」「重ね着でした。

    まず、大森さんの句からご紹介します。
    「蒸気幾條総本山のお餅搗き」
    「心もち簡略にして大晦日」
    「いと軽き登山リュックに懐炉秘め」

    妙音新聞からは
    「頑張れと言ひ聞かせつゝ大晦日」(綾部市 森本信太郎さん)
    「野佛の朱き衣縫ふ針納め」(橋本市 植山朝子さん)
    「煤払今日は夫の出番かな」(富山市 國見由利子さん)
    「重ね着を忘るる程の薄さかな」(吹田市 土山川水さん)

    つづいて著名な俳人の句をご紹介します。
    「屑買に此髭売らん大晦日」(夏目漱石)
    「わすることなかれ懐炉を入れおきぬ」(夏目漱石)
    「行く年や猫うづくまる膝の上」
    (夏目漱石)
    「漱石が来て虚子が来て大晦日」
    (正岡子規)
    「三十にして我老いし懐炉哉」
    (正岡子規)

    続いてに出演者の句をご紹介します。

    まず寺谷さんの句は、
    「同窓と盃重ね来る大晦日」
    「信号待ち 懐炉一つの ありがたさ」
    「重ね着のチクチク苦手やせがまん」

    アッキンの句は、
    「大晦日 旅行準備に勤しむぞ」
    「必需品お腹に懐炉 外ロケ」
    「重ね着を六枚しても まだ足らぬ」

    コメンテーターの西村さんは、
    「大晦日 寒空の中 夢託す」
    「息白く温もり恋し ねこカイロ」
    「重ね着の一番下はミートテック」

    続いて今週のリスナーの皆さんからの句をご紹介します。

    「重ね着の妻が吐息の台所」(神戸市垂水区 生涯現役さん)
    「脂肪付き重ね着いらず暖かい」(姫路市 ラジオ部屋の怪人さん)
    「重ね着を着こんで松も虫殺し」(大阪市淀川区 蒼龍さん)
    「寝床より這い出す前に重ね着を」(篠山市 まさ・あっこさん)
    「重ね着の一枚違う寒さかな」(神戸市垂水区 ますきさん)

    「楠や桐 懐炉の灰も今昔」(八尾市 ゴンちゃんさん)
    「カイロ巻き婆さん腰を伸ばしてる」(大阪市淀川区 蒼龍さん)
    「防寒に役立懐炉大掃除」(神戸市垂水区 ますきさん)

    「大晦日めくる暦も あとわずか」(明石市 明石のレモントマトジュースさん)
    「除夜の鐘 一つ残してあらたまに」(八尾市 ゴンちゃんさん)
    「大晦日 慌てなくても年は行く」(姫路市 ラジオ部屋の怪人さん)
    「忙しや忙しや早 大晦日」(篠山市 まさ・あっこさん)
    「亡き妻や静かに過ごす大晦日」(神戸市垂水区 ますきさん)

    「感謝する空気の存在ありにけり」(尼崎市 ひなこさん)

    それでは、出演者の皆さんが選んだ句を紹介します。

    コメンテーターの西村さんは
    「カイロより八十路の今は湿布貼る」(泉大津市 昭一さん)
    「重ね着でバーゲン巡り汗だくに」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)

    寺谷さんは
    「カイロ入れ右のポッケに君の手を」(たつの市 悪魔の囁きさん)
    「一〇八のかねで足りぬ 我が煩悩」(泉大津市 昭一さん)

    アッキン
    「太ったね重ね着だよと言いわけす」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「酒好きを資格にかえて大晦日」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)

    大森さん
    「重ね着の絹をまといつ華添えて」(明石市 明石のレモントマトジュースさん)
    「着重し着る脱ぐ度に小休止」(泉大津市 昭一さん)
    「重ね着や十二単衣の雅かな」(八尾市 ゴンちゃんさん)
    「言い訳に重ね着してると君は言う」(揖保郡 斑鳩の王子さん)
    「ベンジンの匂うカイロの小抽斗」(神戸市垂水区 生涯現役さん)
    「亡き母の残したカイロ たなのすみ」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「大晦日 此の年惜しみ蕎麦を喰う」(姫路市 みよこさん)
    「大晦日 奉仕のできるありがたさ」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「大晦日 煩悩抱えて年明ける」(大阪市淀川区 蒼龍さん)

    そして今週の特選句は

    「煩悩のすべて持ち越し大晦日」(神戸市垂水区 生涯現役さん)
    「言わずともカイロが貼れる老夫婦」(姫路市 ラジオ部屋の怪人さん)
    「重ね着の腕上げにくく大掃除」(姫路市 みよこさん)

    次回のお題は元旦」「初春で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    1954年、 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
    1960年得度、1965年辯天宗婦人部総裁に就任。
    文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など辯天宗文化部の発展に寄与。
    1995年、 大和礼法弁才御流興隆。
    1996年、大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    1997年茨木西ロータリークラブ会長。
    2009〜2010年RI2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

    コーナー提供

  • 2017年12月31日(日) 17時42分 まいど!いらっしゃい!ようおこし!

    ステキな演奏で年忘れ!

    2017年最後のゲストは、ピアニストの楊美希さんをお迎えしました。

    ホテルのサロンや豪華客船クルージングなどを中心に、「旅するピアニスト」としてエンターテインメントなピアノ演奏活動をされている楊さん。

    実は神戸ハーバーランドから出発するクルージング船「コンチェルト」でも定期的に演奏されているんです。

    番組では、来年の戌年にちなんで、ショパンの「子犬のワルツ」も聴かせていただきました。

  • 2017年12月29日(金) 14時49分 一紀のいろいろ万華鏡

    新年に備えて、正しいお屠蘇のいただき方をご紹介します!

    2017年最後の「一紀のいろいろ万華鏡」では、日本酒学講師の資格を持つアッキンが、お正月のお屠蘇の正しいいただき方を紹介してくれました。

    「お屠蘇(とそ)」とは、一年間の邪気を払い、長寿を願って正月にお酒を呑む風習のことです

    「お酒」といっても、実はお屠蘇には、ちゃんと作り方があるんです。

    お屠蘇とは「屠蘇散」と呼ばれる薬草を日本酒やみりんを混ぜたものに漬けて作られているんです。

    日本酒やみりんの比率は、好みや地域の風習で別れますが、だいたい5:5くらいがいいそうです。

    番組では、実際に様々な比率で作ったお屠蘇を試してみました。

    お正月の伝統的な風習であるお屠蘇。みなさんも、ぜひやってみてください。

  • 2017年12月29日(金) 09時40分 メッセージテーマ

    2017年最後の「まいど!まいど!」です!

    いよいよ2017年も、残すところあとわずか。

    本日のメッセージテーマは「今年一番笑ったこと」です。

    「いろいろ万華鏡」のコーナーでは、「正しいお正月のお屠蘇の頂き方」をご紹介します。

    メッセージをお待ちしています!

    メール:maido@jocr.jp
    FAX:078-361-0005

  • 2017年12月27日(水) 17時31分 まいど!いらっしゃい!ようおこし!

    仙台から素敵なゲストにお越しいただきました

    22日のゲストは、宮城県仙台市を拠点に活躍中のシンガーソングライター 伊東洋平さんをお迎えしました。

    元々は「イケメン’ズ」というユニットで活動していた伊東さん。

    地元宮城県では、数多くのCMソングや花火祭りなどイベントのテーマソングを手掛けてこられました。

    そんな伊東さんが、この2月に初のソロアルバム「One for All」をリリースしましたが、この曲には、東日本大震災からの復興に向けて努力する東北の人たちの思いが込められているそうです。

     

    2018年には、神戸と東北を地酒と音楽でつなぐイベント「わせねでや」にも出演されますよ。

    DESCARGA KOBE わせねでやvol.4

    ■1月16日(火)OPEN/18:30 START/19:00
    ■会場:James BLUES LAND
    ■住所:神戸市中央区波止場町無番地 篠崎倉庫3F
    http://jamesbluesland.jp
    ■チケット:前売 3,000円 / 当日 3,500円 (+1Drink別途)
    ■出演:門松良祐/ワタナベフラワー/伊東洋平 and more
    ■お問い合わせ:James BLUES LAND 078-371-2720
    メールお問い合わせ info@descarga.nu
    ■入場順:当日並ばれた順番でのご入場となります!

    伊東洋平公式サイト