CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

番組内容

毎週金曜日の午前10時からナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

  • 2018年5月16日(水) 10時00分 一紀のツーと言えばカー!

    最近見なくなった車の装備

    ◎アンテナ

    昔は、運転席のフロントガラスの脇に、手で伸ばすタイプのアンテナが付いていました。

    今では、とんと見かけなくなりましたが、アンテナが無くなったわけではなく、車体の形に応じた(太く短いタイプの)短縮ポールアンテナ、サメのひれのようなシャークフィンアンテナ(ドルフィンアンテナとも)、ガラスと一体化したガラスアンテナが採用されています。

    最近は、GPS、ETCなど、多くの種類のアンテナがクルマに搭載されています。

    そのため、個々のアンテナの小型化はもちろん、複数種のアンテナをまとめた複合アンテナや、ガラスやルーフの上に多くのアンテナをまとめる技術の開発が進んでいます。

    ◎コーナーポール

    「コーナーポール」とは、運転席から把握しにくい車両の左前方の距離感を確かめるため、車両左前方に装着される棒のことですが、最近の車ではあまり見かけなくなりました。

    その理由としては「サイドビューサポートミラー」や「コーナーカメラ」など、これまでコーナーポールが担ってきた役割を代替する装備が出てきているからと考えられます。

    とはいえ、まったく無くなったわけではなく、車種によってはオプションで装備することも出来ます。

    ◎速度警告音

    「速度警告音」とは、高速道路などを走っている時、普通自動車では速度が100km/h以上、軽自動車は80km/h以上になると「キンコン!キンコン!」と警報音が鳴るシステムです。 これも最近の車では聞かなくなりました。

    その理由は、1986年に「速度警報装置の装備要件及び性能要件」という法令から「速度警告音」の義務付けが廃止されたためです。

    もともと、この機能は日本独自のものでしたが、1980年代の日米自動車摩擦の際に、「輸入障壁」の一つとしてアメリカから撤廃が求められました。

    以来、日本車も含めて、すべての車から無くなってしまいました。

    (でも、この機能は、オプションでもいいから残した方がいいようにも思いますね)

     

  • 2018年5月15日(火) 12時01分 防災マッカセナサイ!

    臨時災害FM局について

    「臨時災害FM局」とは、大規模な災害が発生した場合に、被災地の住民に対して必要な情報を正確かつ迅速に提供するため、地方公共団体が臨時に開設を希望した場合に、総務省が期間限定で免許を与えるFM放送局のことです。

    「臨時災害FM局」が初めて開設されたのは、阪神淡路大震災が発生した平成7年です。

    この時は、ラジオ関西も震災発生直後から連続69時間に及ぶ特別番組を放送しましたが、後にラジオ関西自身も社屋が全壊指定されるなど、放送を継続することが困難な状況でした。

    そこで兵庫県は、被災者を支援するため情報を発信する臨時放送局の開設を総務省に要請。 これを受けて2月に制度化されて解説したのが、「臨時災害FM局」のはじまりです。

    東日本大震災では、被災地が広域にわたったことから、29の自治体に開設のための免許がおりました。

    この時は、ラジオ関西からもFM送信機などの機材や設営スタッフが、南三陸町の「南三陸災害FM局」の開設支援のため、現地に向かいました。

    ラジオ関西の林真一郎アナウンサーが、現地の様子を生中継でレポートしていたことを覚えている方も多いかと思います。

    近年では、平成268月の豪雨災害で、丹波市が「臨時災害FM局」を開設しました。

    いざという時に、被災地の様々な最新情報を、正確に被災者の皆さんにお伝えすることが「臨時災害FM局」の役目です。

    災害発生時には、こうした「臨時災害FM局」の活動にもご注目ください。

     

  • 2018年5月14日(月) 10時30分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(5月11日)

    11日のお題はかきつばた」「雑詠でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「かきつばた大澤寺へて金剛山」
    「幾筋の道たどるかや杜若」
    「牡丹寺 大山蓮華いま咲かせ」

    妙音新聞からは
    「むらさきに染まる石橋杜若」(柏原市 永味啓子さん)
    「紫を極め雨中のかきつばた」(吹田市 土山能孝さん)
    「菩提所の池紫にかきつばた」(志摩市 仲谷陽子さん)
    「もう塀の高さ越えけり立葵」(八尾市 淺井祥多さん)

    今週の上田秋成の句は、
    「此雨に腐らぬ花つよかきつばた」(漁焉)
    「妬もかや人のうしろのあふひ草」(無腸)

    続いてに出演者のみなさんの句をご紹介します。

    寺谷さんの句は、
    「風雨にも背筋伸びたるかきつばた」
    「薫風に誘われ連夜 友集う」

    アッキンの句は、
    「一輪のあなたに送る かきつばた」
    「苔茂る癒し空間テラリウム」

    アルミカン高橋さんの句は、
    「かきつばたアヤメと菖蒲と ごっちゃなる」

    アルミカン赤阪さんの句は、
    「かきつばたバタバタ走る小さな足」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。

    「みあげれば鳥の声する藤の花」(芦屋市 じゅんこさん)
    「水清し水辺賑わす杜若」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「くねくねと八つ橋わたれかきつばた」(赤穂市 アンちゃんさん)
    「白い筋 一本入るは杜若」(篠山市 まさ・あっこさん)
    「押し花に願いを込めたカキツバタ」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「カキツバタ悩むあの子にそっとあげ」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「小糖雨 水辺にそっとかきつばた」(淡路市 お散歩おじさん)
    「満開のかきつばた見て母思う」(豊岡市 ほないくえさん)

    「節句にて柱の傷の背比べ」(神戸市北区 たけしさん)
    「五月咲く斜面飾るや通学路」神戸市垂水区 ますきさん)
    「大原女に付かず離れず追う童」(守口市 守口のタヌキさん)
    「ラジオ聞きエスエヌエスで季節知る」(神戸市西区 将軍でんき屋さん)
    「舟浮かべ遊びうた詠む」(神戸市西区 将軍でんき屋さん)

    今週、出演者の皆さんが選んだ句をご紹介します。

    コメンテーターの渡辺さんが選んだ句は
    「カキツバタどんな花かと電子辞書」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)

    アルミカン高橋さんが選んだ句は
    「気品あり高貴な色よ かきつばた」(大阪市淀川区 蒼龍さん)
    「恋すればいくつになるも気は五月」(交野市 星のブランコさん)

    アルミカン赤阪さんが選んだ句は
    「たなの奥 母が残しし番茶かな」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)

    大森さんが選んだ句は
    「竜神も見惚れる一閃 貌佳草」(守口市 守口のタヌキさん)
    「大田ノ沢 傘かざし眺む杜若」(姫路市 みよこさん)

    「老いてまだ学べと孫が憲法の日」(姫路市 みよこさん)

    今週の特選句は
    「底辺の我をなぐさむ杜若」(神戸市西区 いっきゅうさん)
    「気品あり高貴な色よ かきつばた」(大阪市淀川区 蒼龍さん)
    「縁日ですくった金魚 三才に」(赤穂市 風ちゃんさん)

    でした!

    次回のお題は時鳥」「雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    1954年、 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
    1960年得度、1965年辯天宗婦人部総裁に就任。
    文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など辯天宗文化部の発展に寄与。
    1995年、 大和礼法弁才御流興隆。
    1996年、大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    1997年茨木西ロータリークラブ会長。
    2009〜2010年RI2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

    コーナー提供

  • 2018年5月11日(金) 09時48分 メッセージテーマ

    猫の手も借りたいと言いますが・・・

    本日のメッセージテーマは助っ人です。

    たまに、応援になっているのかどうか、よく分からない助っ人もいたりいますが・・・

    今週も、たくさんのプレゼントをご用意していますよ!

    メッセージをお待ちしています。

    メール:maido@jocr.jp
    FAX:078-361-0005

  • 2018年5月7日(月) 11時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(5月4日)

    5月最初のお題は五月の節句」「雑詠でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「お席主の喜寿を祝ぎゐて柏餅」
    「五人目の男子曽孫の初節句」
    「曽孫への兜の色紙に押す落款」

    妙音新聞からは
    「鯉のぼり天与の風に跳ね泳ぐ」(志摩市 仲谷陽子さん)
    「折って折ってみるみる兜出来上がる」(八尾市 向垣朝加さん)
    「三代の女系家族に鯉のぼり」(八尾市 淺井祥多さん)
    「僕サッカー五月の節句ボール請い」(福岡市 永野久美子さん)
    「背景は神の山々初幟」(伊勢市 岩本彩さん)
    「祖父の職 父の職継ぎ粽結ふ」(五條市 塩崎万規子さん)

    今週の上田秋成の句は、
    「ちまき粉の臼もとどろにさ月ぞら」(無腸)

    続いてに出演者のみなさんの句をご紹介します。

    寺谷さんの句は、
    「筋トレを雄々しくはげむ端午かな」
    「人工の滝水めでつ かしわ餅」

    アッキンの句は、
    「デパートの五月節句で行列よ」
    「ゴールデンウィーク電車 快適だ」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。

    「子ら元気 五月の節句祈りけり」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「初節句 孫の祝いに甲冑を」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「菖蒲湯で節句に託す子の未来」(大阪市淀川区 蒼龍さん)
    「亡き母の思いを知れる初節句」(赤穂市 アンちゃんさん)
    「枯れ庭や端午に入り咲き乱れ」(淡路市 お散歩おじさん)
    「柱にはマスキング貼る端午の日」(守口市 しんきいってんさん)
    「節句にて柱の傷の背比べ」(神戸市北区 たけしさん)
    「武者人形 怖がる孫に餅もたせ」(姫路市 みよこさん)

    「今年もまたツバメの子育て見守りたい」(豊岡市 たんぽぽさん)
    「最近のカープ強いぞヤネの上」(神戸市西区 レッドてるてるアフロさん)
    「ウシガエル恋の季節か昼間から」(高槻市 ひろさん)
    「朝掘の筍庭に置きて友」(姫路市 みよこさん)

    今週、出演者の皆さんが選んだ句をご紹介します。

    寺谷さんが選んだ句は
    「連休後 席替えあれば恋昇り」(神戸市西区 レッドてるてるアフロさん)

    吉川さんが選んだ句は
    「春霞今は黄砂にPMか」(大阪市淀川区 蒼龍さん)

    大森さんが選んだ句は
    「節句の日 将棋の駒をプレゼント」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「平成の竜門登る鯉幟」(守口市 守口のタヌキさん)

    「朝顔の種まく孫の幼稚園」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「春の宵 静かにラジオ聞き澄まし」(淡路市 お散歩おじさん)

    今週の特選句は
    「コイノボリはいて人魚になってた日」(豊岡市 たんぽぽさん)
    「初節句 空の鯉見る三世代」(篠山市 まさ・あっこさん)
    「吉野川 色とりどりの鯉のぼり」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「チョウ二匹 日脚嬉しと舞い踊る」(守口市 守口のタヌキさん)

    でした!

    次回のお題はかきつばた」「雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    1954年、 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
    1960年得度、1965年辯天宗婦人部総裁に就任。
    文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など辯天宗文化部の発展に寄与。
    1995年、 大和礼法弁才御流興隆。
    1996年、大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    1997年茨木西ロータリークラブ会長。
    2009〜2010年RI2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

    コーナー提供