CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

  • 2019年4月22日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(4月19日)

    4月19日のお題は卯の花」「雑詠でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「留守たのむほころび初めし卯の花に」
    「卯の花は門扉に近し咲き極む」
    「卯の花を活け不昧公の茶杓かな

    妙音新聞からは
    「卯の花の疎開先での牛小屋を」(堺市 河内紀雄さん)
    「佛間にて卯の花曇り写経する」(日高郡 伊藤秀一さん)
    「陶器市巡りて草餅ほほばりて」(吹田市 土山能孝さん)
    「暇預け終日のたり釣行脚」(枚方市 上西晴子さん)

    今週の向井去来の他に蕪村の句など集めてみました。
    「卯の花のたえまたたかんやみのかど」
    「卯の花も海のかざりや朝熊山」
    「うの花に笈摺寒し初瀬山」

    続いてに出演者のみなさんの句をご紹介します。

    寺谷さんの句は、
    「卯の花に見とれて中座ウォーキング」
    「霊顕の ご縁に感謝 春らんまん」

    あっきんの句は、
    「卯の花の ごとし女性に なれるかな」
    「おとな旅 花咲き誇る高野山」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。

    「卯の花の匂い誘われ知らぬ家」(篠山市 まさ・あっこさん)
    「卯の花の匂い誘われ足止める」(東大阪市 やすよさん)
    「卯の花や風に誘われ朝散歩」(神戸市垂水区 ますよしさん)
    「うの花が匂うか鼻を くんくんと」(尼崎市 すずさん)
    「うの花の咲く神社へ遠まわり」(加西市 加西の満ちゃんさん)
    「可愛らし幼子みたい卯の花や」(茨木市 金龍五色さん)
    「卯の花や人知れず咲く垣根内」(姫路市 みよこさん)
    「師と仰ぐ人のあと追う花野かな」(交野市 星のブランコさん)
    「花筏 岸辺によれて名残酒」(篠山市 まさ・あっこさん)
    「一目ぼれ一目千本くぎづけに」(赤穂市 アンちゃんさん)
    「公園の宴賑わい花盛り」(神戸市垂水区 ますよしさん)
    「桜散る卯の花曇りゴールデン」(神戸市垂水区 エイプリルさん)

    それでは出演者の皆さんが選んだ句をご紹介します。

    寺谷さんが選んだ句は、
    「卯の花を色白妻が白和に」(赤穂市 風ちゃんさん)

    あっきんが選んだ句は、
    「卯の花をアテに今宵は独り酒」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「ひとひらの桜が遊ぶ枯山水」(守口市  守口のタヌキさんさん)

    コメンテーターの小玉さんが選んだ句は、
    「卯の花や ほととぎすの声はなく」(吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「この場所で今年も巣立つツバメの子」(赤穂市 風ちゃんさん)

    ゲストの奥田さんが選んだ句は、
    「卯の花の可憐さ魅せる新人は」(神戸市垂水区 エイプリルさん)

    大森先生が選んだ句は、
    「卯の花やガキ大将の腕まくり」(交野市 星のブランコさん)
    「うの花の雲間から差す五月晴れ」(神戸市北区 武さん)
    「夢二知る卯の花月の二年坂」(守口市  守口のタヌキさんさん)
    「かつて植え楽しんだ花 卯の花よ」(加西市 えつこさん)
    「鯉のぼり令和を祝い愉しそう」(茨木市 金龍五色さん)
    「上京の子の背に涙 春の雨」(姫路市 みよこさん)
    「花の雲 御廟つつみし読経かな」(吉野郡 吉野の茶つみさん)

    今週の特選句は、

    「卯の花や時の流れは意図もせず」(淡路市 お散歩おじさんさん)

    「平成も残り僅かな卯月なり」(淡路市 お散歩おじさんさん)

    「いさぎよい見飽きる前に散る桜」(大阪市平野区 くずれ荘管理人。さん)

    「これからの試練背負ってランドセル」(豊岡市 ブタのブーさん)

    でした!

    次回のお題は竹の子雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

    コーナー提供