CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

  • 2019年9月9日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(9月6日)

    9月6日のお題は」「雑詠でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「月の石いま星の砂半世紀」
    「雲の峰タイブレークゲームとや」
    「この夏が最多三振新記録」

    妙音新聞からは
    「酒に酔い月に酔いつつ遠回り」(堺市 河内 紀雄さん)
    「望の月星ひとつだに従わず」(志摩市 仲谷 陽子さん)
    「見つめられ見つめ返して十六夜」(四日市市 北山 紀美さん)
    「縄文の人の仰ぎし月今宵」(八尾市 淺井 祥多さん)

    今週は、向井去来の句をご紹介します
    「貴さを京で語るもすはの月」
    「一昨日の月に今宵のいとま哉」
    「岩はなやこゝにもひとり月の客」
    「名月や田上にせまる旅心」

    今週の寺谷さんの句は、
    「雷雨去り千里の山におぼろ月」
    「縁側のキキョウ鮮烈浜屋敷

    あっきんの句は、
    「上喜元酒盗片手に月見酒」
    「奇跡だよ秋の大和で94」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。
    「時忘れ満月ながめ我喜寿(明石市 こゆきさん)
    「満月の夜風に揺れるすすきの葉」(神戸市北区 たけしさん)
    「満月にウッドデッキの独り酒」(淡路市 お散歩おじさん)
    「我が孫に月という名のかわいい子」(赤穂市 アンちゃんさん)
    「幼き日着いてくる月早歩き(東大阪市 やすよさん)
    「風ひやり見上げた空に秋の月」(姫路市 ラジオ部屋の怪人さん)
    「月眺め思い巡らすかぐや姫」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)
    「月見酒のぞく月まで酔っている」(神戸市 秋風さん)
    「熱燗の湯気に見あげる上弦の月」(守口市 守口のタヌキさん)
    「満天の星に囲まれ月が居る」(神戸市垂水区 ちょい丸親父さん)
    「盃に月を映して独り酒」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「枯れ尾花眺めながらの萩の月」(兵庫県多可郡 北はりまのムーミンパパさん)
    「升酒に映る満月露天風呂」(大阪市平野区 くずれ荘管理人さん)
    「遠距離も月見て話し寄り添わす」(大阪市平野区 くずれ荘管理人さん)
    「名月や十五夜ではなく十三夜(茨木市 蒼龍さん)
    「月明かり白露のつゆが光ってる」(大阪市東住吉区 ラビットさん)
    「すすきの穂 月にあいさつ しているネ」(大阪市西区 ちひろさん)
    「ひぐらしが楽し気に鳴く彼岸の日」(神戸市北区 たけしさん)
    「未だ青き稲穂を駆ける涼し風」(淡路市 お散歩おじさん)
    「つんざくように蝉しぐれ今道端にころがりて」(芦屋市 きくこさん)
    「アッキンが新酒をめでる秋間近」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)
    「漆椀 七草粥の香と味(守口市 守口のタヌキさん)

    それでは出演者の皆さんが選んだ句をご紹介します。

    寺谷さんが選んだ句は、
    「月の旅夢でなくなる十年後」(神戸市垂水区 ちょい丸親父さん)

    アルミカンの赤阪さんが選んだ句は、
    「満月にお金をくれとサイフ振る」(大阪市西区 ちひろさん)

    アルミカンの高橋さんが選んだ句は、
    「シャキシャキとふるさとの味 梨食す」(池田市 うさこさん)

    大森先生が選んだ句は、
    「同じ月 見ているだろか子は都会」(池田市 うさこさん)
    「千年の歌会倣ひ月の宴」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「月澄みて心も澄みて手を合わす」(姫路市 みよこさん)
    「月願う地球汚染の衛生()を」(守口市 しんきいってんさん)
    「残業の疲れし小道 月の夜」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「月天心 過疎の空き屋は さみしけり」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「毬の栗よせばいいのに猫パンチ」(守口市 しんきいってんさん)
    「さあ始動 秋の収穫 稲刈りだ」(豊岡市 あきひめさん)
    「立て掛けし箒の先の赤トンボ」(姫路市 みよこさん)
    「赤とんぼ たつのの里にも数がへり」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「おとろしい雷豪雨 秋の空」(茨木市 蒼龍さん)

    今週の特選句は、

    「盃に うつる満月ひと飲みに」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「帰り道我追いかける青い月」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「飲み過ぎて腹も出るなり夏のつけ」(姫路市 ラジオ部屋の怪人さん)
    「重陽の節句にあやかり もう一杯」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)

    でした!

    次回のお題は鹿雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。