CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

  • 2019年9月23日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(9月20日)

    9月20日のお題は菊・みのり」「雑詠でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「鬼抜きの敗者勝者に笑まふ菊」
    「光琳の菊花はまろし祝ひ衣」
    「稔り豊かに葡萄園のバーベキュー」

    妙音新聞からは
    「菊根分け馴染まぬ土に花芽出し」(伊都郡 嶋田和代さん)
    「菊さいて臈たけき尼嵯峨の御所」(御所市 田岡眞知子さん)
    「菊花展目差して切磋琢磨かな」(綾部市 森本信太郎さん)

    今週は、向井去来の句をご紹介します
    「山家にて魚喰ふ上に早稲の飯」
    「月こよひ我里人の藁打たん」
    「菊の香のそぞろにゆかし薮屋敷」
    「椀家具のたらぬ住居や菊の花」

    今週の寺谷さんの句は、
    「菊満開 大入り御礼 朗読会」
    「歓迎の宴に実りの秋うれし

    あっきんの句は、
    「菊酒を ちびりちびりと一人飲み」
    「みのる秋ゴルフ仲間と祝い酒」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。
    「彼岸の日 涼しい風に揺れる菊(神戸市北区 たけしさん)
    「菊の花おさけにはらり秋の夜」(大阪市東住吉区 ラビットさん)
    「大菊や公園賑わう昼休み」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「人の波菊展覗く三の丸」(姫路市 みよこさん)
    「それぞれの打ち込み分かる菊花展(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「競い合う菊人形の清楚感」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)
    「名月もおどろく尺玉 冠菊」(守口市 守口のタヌキさん)
    「みのむしよ葉っぱを食べて雨宿り」(赤穂市 アンちゃんさん)
    「実る秋雀も右往左往して」(淡路市 お散歩おじさん)
    「稔の田を刈り取り蝗 所在なく」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「風そよぐ頭をたれるみのりかな」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「里芋の実りの神輿 練りあるく」(守口市 守口のタヌキさん)
    「夕焼けに遠い昭和目に浮かび」(淡路市 お散歩おじさん)
    「ため息に小さく頷く蛍草」(兵庫県丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「秋茄子の紫紺つややかプランター」(大阪市池田市 うさこさん)
    「鹿の肉 地域おこしやジビエ料理」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「すず虫や旅人いやす道の駅」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「原発や台風見過ごし民哀れ」(茨木市 蒼龍さん)
    「実り秋 故郷の味のおすそ分け」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)
    「松明の炎が照らす御神木」(守口市 守口のタヌキさん)

    それでは出演者の皆さんが選んだ句をご紹介します。

    寺谷さんが選んだ句は、
    「いつまでも花瓶に残る菊つよし」(神戸市垂水区 ジュピターさん)
    「夕焼けに名脇役の赤トンボ(大阪市平野区 くずれ荘管理人さん)

    あっきんが選んだ句は、
    「大部屋でイヤホン耳に まいど聴く」(姫路市 ラジオ部屋の怪人さん)

    コメンテーターの小玉さんが選んだ句は、
    「台風に耐えて実りの秋来たる」(神戸市北区 たけしさん)
    「スーパーに秋の実りがうずたかく」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)

    ゲストの赤羽さんが選んだ句は、
    「黄金に輝く稲穂 頭垂れ」(大阪市池田市 うさこさん)

    大森先生が選んだ句は、
    「ほほえみの妻に献じた菊の花」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)
    「お苗菊 門外不出 枝伝え」(兵庫県丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「菊人形 色とりどりに姫御前」(大阪市池田市 うさこさん)
    「菊の香や管長様の一周忌」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「菊花賞めざせ親子で頂点に」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「墓参り ずらして帰省 小菊手に」(神戸市垂水区 ちょい丸親父さん)
    「畦に立ち見渡す稲の音を聞く」(姫路市 みよこさん)
    「丹念に育てた実り台風で」(茨木市 蒼龍さん)
    「秋の夜もう一冊と読み聞かせ」(兵庫県たつの市 悪魔の囁き)
    「萩の花 秋の七草 言われへん」(茨木市 蒼龍さん)
    「ごくろうさんニラミきかせた案山子君」(豊岡市 ブタのブーさん)

    今週の特選句は、

    「一輪に手塩をかけし菊花展」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)
    「有り余る実りが並ぶ道の駅」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)

    でした!

    次回のお題は紅葉雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。