CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

  • 2019年10月8日(火) 10時00分 防災マッカセナサイ!

    家具の固定について

    近い将来の発生が予想され、甚大な被害が想定される「南海トラフ地震」。

    このような大きな地震が起きた時、最も危険な要因の1つが「家具の転倒」です。

    消防庁によると、阪神・淡路大震災で震度7を記録した地域では、住宅の全壊をまぬがれたにもかかわらず、全体の6割の部屋で家具が転倒し、部屋全体に散乱したというデータがあります。

    それも、ただ倒れるだけではなく、食器棚などは中の食器が飛び出して散乱し、冷蔵庫やピアノが移動し、テレビや電子レンジが飛んでいくという、信じられないような現象が報告されています。

     

    そこで、家庭内における地震対策として、

    「うごく」「たおれる」「とぶ」「おちる」「われる」

    ものへの対策が重要です。

     

    タンスやテレビ、テレビ台、パソコン、何段にも積まれた棚などは「うごく」「たおれる」「とぶ」危険があります。

    こうした家具類は、店頭や落下を防止するための金具で固定したり、耐震粘着マットを貼り付けて固定しましょう。

     

    他にも天井から吊された照明器具は「おちる」危険があります。

    こうしたものは、チェーンや紐で支えを増やして、強度を高めておきましょう。

     

    また窓ガラスなどは「われる」危険があります。

    こうしたガラス類は、表面に飛散防止フィルムを貼り付けることで、ガラスが割れても、破片が飛び散りにくくすることが出来ます。

     

    こうしたちょっとした対策をするだけで、いざという時に被害をぐんと減らすことが出来ます。

    ぜひ家庭内やオフィス内で、今できることに取り組んでみてください。