CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

  • 2020年3月23日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(3月20日)

    3月20日のお題はおぼろ・椿」「雑詠でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「おぼろ夜の古代もかくや畝傍山」
    「昨夜の雪のこして遠山おぼろかな」
    「椿切る蕾を好む茶席ゆえ

    妙音新聞からは
    「白椿あなたを胸に十年間」(堺市 大津武美さん)
    「灯潤む通天閣の街朧」(柏原市 永味啓子さん)
    「記憶より遠い道のり朧の夜」(八尾市 向垣朝加さん)

    今週は、鬼貫の句をご紹介します
    「庭前に白く咲きたるつばき哉」
    「水入れて鉢に受けたる椿かな」
    「おぼろ〱ともしび見るや淀の橋」
     

    今週の寺谷さんの句は、
    「黄砂よりコロナで霞む朧月」
    「椿守り伊豆で浪花の心意気

    あっきんの句は、
    「朧月照らす私を守ってる」
    「師に尋ね加茂本阿弥と学びけり

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。
    「椿まだ春が先行やって来た」(草津市 滋賀のまー君さん)
    「庭椿メジロウグイス モズも来て」(淡路市 お散歩おじさん)
    「庭先の椿を見れば凛とする」(赤穂市 アンちゃんさん)
    「墓参り母に懺悔の山椿」(神戸市兵庫区 ラジオ派さん)
    「雪溶けの春告げる花 雪椿」(神戸市北区 たけしさん)
    「艶髪に花かんざしの八重椿」(守口市 守口のタヌキさん)
    「白椿一暖ごとに花ひらく」(泉南市 おちょなさん)
    「流行歌アンコ椿はセピア色」(神戸市垂水区 ちょい丸親父さん)
    「何時までも我に寄り添う おぼろ月」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)
    「燈火が祠に残る朝朧」(姫路市 みよこさん)
    「酔ひし夜 足もそぞろの朧月」(大阪市住吉区 伝書鳩さん)
    「春の兆し風ぬるみたり おぼろ月」(池田市 うさこさん)
    「黄昏の岸よりおぼろ おぼろかな」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「おぼろ月この前いつか?うろ覚え」(草津市 滋賀のまー君さん)
    「月おぼろ友を想ってより霞む」(交野市 星のブランコさん)
    「帰り道 私を守る おぼろ月」(淡路市 お散歩おじさん)
    「プロポーズ今はおぼろも幾星霜」(箕面市 箕面のとしジィ)
    「おぼろ夜や暫く見上げた帰り道」(天王寺区 レトルトカレーさん)
    「おぼろかな次次作る新製品」(大阪市福島区 恋するサボテンちゃん)
    「仕事終え朧月夜の帰り道」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「艶やかに夜桜照らす おぼろ月」(神戸市北区 たけしさん)
    「菜の花に たくしてみよう おぼろ月夜」(大阪市東住吉区 ラビットさん)
    「朧月 月光仮面は何処へ行く」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「明日香路や おぼろ月夜に なりにけり」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「校庭の さくら子どもを待っている」(池田市 うさこさん)
    「人はみな明日を信じて初桜」(交野市 星のブランコさん)
    「キョを忘る鴬もをりホーホッケ」(三田市 キロマルさん)
    「壇上で怒鳴る部長落ちたぼたん」(大阪市福島区 恋するサボテンちゃん)
    「イカナゴのくぎ煮食べたし漁獲ゼロ」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「対岸へ飛び石渡る春の川」(守口市 守口のタヌキさん)
    「コロナ禍やスペイン広場も閑古鳥」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)

    寺谷さんが選んだ句は、
    「巣ごもりやラジオ相手の春の変」(淡路市 お散歩おじさん)

    あっきんが選んだ句は、
    「酔ひし夜 足もそぞろの朧月」(大阪市住吉区 伝書鳩さん)
    「うんざりだコロナの終息祈ってる」(草津市 滋賀のまー君さん)

    コメンテーターの小玉さんが選んだ句は、
    「帰り道 私を守る おぼろ月」(淡路市 お散歩おじさん)

    大森先生が選んだ句は、
    「落ち椿 淀みに一つ誰が流し」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「椿落つ もののふ在りし潔し」(茨木市 蒼龍さん)
    「やぶ椿 茶事再会を待ちにけり」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「たたづむは朧にうつる たれかある」(茨木市 蒼龍さん)
    「乗り越えて出づる駅舎や朧月」(三田市 キロマルさん)
    「朧月 窓から眼を出す盧遮那仏」(守口市 守口のタヌキさん)
    「同窓会 病気自慢で盛り上がる」(天王寺区 レトルトカレーさん)
    「夕闇に によいただよう沈丁垣」(姫路市 みよこさん)

    今週の特選句は、
    「坂多き町にこぼれて寒椿」(交野市 星のブランコさん)
    「椿油で揚げた天婦羅 獺祭で」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「感染の経路おぼろなコロナかな」(川西市 心はいつも青春さん)
    「コロナでも始まりますよ新年度」(三田市 ひろちゃんさん)

    です。

    次回のお題は春の水雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。