CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

  • 2020年10月12日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(10月9日)

    10月9日のお題は刈田雑詠でした。

    まずは、大森さんの句から。
    「崖ぶちの小さき棚の刈田かな」
    「段々の刈田にだんだん曼珠沙華」
    「稲塚の並ぶをたどる紀伊峠」

    妙音新聞からは
    「百枚の刈田となりし暮れにけり」(柏原市 永味啓子さん)
    「暮れなづむ刈田の中の一軒家」(志摩市 仲谷陽子さん)
    「刈田後三角ベース楽しむ子」(堺市 河内さん)
    「御廟より見渡す刈田広がりぬ」(日高郡 伊藤秀一さん)
    「刈田にてひねもす遊べ親子鳥」(藤井寺市 竹村智巳さん)

    今週の藤岡玉骨の句は、
    「研ぎあげて木鎌草鎌爽やかに」
    「さとうきび噛むる稲刈見てゐる子」
    「かつらぎのおもての棚田稲の秋」
    「籾干すや大構にて小百姓」
    「鹿聞けとひきとめられし坊泊り」

    続いて今週の寺谷さんの句は、
    「新御堂 車窓に一瞬 刈田原」
    「開発で刈田もビルにマンションに」

    あっきんの句は、
    「始まるぞ刈田に祈願 酒造り」
    「病室で感慨深く十五夜を」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。
    「刈りたての田んぼに寝転びうとうとと」(草津市 滋賀のまー君さん)
    「夕陽浴び刈田は僕のステージに」(大阪市福島区 恋するサボテンちゃんさん)
    「夕暮れどき棚田夢色ライトアップ」(川西市 心はいつも青春交野市 星のブランコさん)
    「刈田あと足がチクチク マッサージ」(赤穂市 アンちゃんさん)
    「稲刈りが済んだ狩り田の黄金色」(神戸市北区 たけしさん)
    「苅田原 庄内平野の風寒し」(草津市 グリーゼ581さん)
    「刈田跡ミミズ這い出し新田に」(茨木市 蒼龍さん)
    「日本の苅田を想うミレーの絵」(川西市 心はいつも青春さん)
    「刈り後にすいすい飛び交う赤とんぼ」(大阪市平野区 マサファイターさん)
    「刈田後じっと見守る案山子無く」(淡路市 お散歩おじさん)
    「ただ広き刈田に燥ぐ子等と犬」(姫路市 みよこさん)
    「刈田した一面雀の運動会」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「やっとすむ刈り田のあとにサギ カラス」(豊岡市 あきひめさん)
    「明日香路や刈田で遊ぶすずめかな」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「夕やけで金に染まった芒の穂」(姫路市 姫路の夢太郎さん)
    「陽暮れて刈り田に遠い鐘の音」(大阪市淀川区 淀川ペンギンさん)
    「黄金の刈田見つめる雨マーク」(大阪市福島区 恋するサボテンさん)
    「借りた刈田 台怖い2毛作」(加古川市 ゲゲさん)
    「刈田道 感謝と日ざし風感じ」(神戸市北区 マーブルさん)
    「役を終え苅田のなかは人もなし」(神戸市垂水区 垂水の玄さん) 

    「歓声を飲み込む今年 運動会」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「名月の月夜が冴える秋の夜」(神戸市北区 たけしさん)
    「秋桜の迷路競うや声高し」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「秋の朝 鳥待つ池の静寂かな」(三田市 インコ・ママさん)
    「名月の黒子に徹す火星かな」(三田市 キロマルさん)
    「北風が木犀の香を連れて来る」(姫路市 姫路の夢太郎さん)
    「白粉花とってあそんだ幼なき日」(大阪市東住吉区 ラビットさん)
    「あけび取りかばんに詰めた幼き日」(草津市 グリーゼ581さん)
    「神無月 乙女は出雲路 神在月」(箕面市 箕面のとしジイさん)
    「令和きて秋刀魚は遠くなりにけり」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)
    「秋ですよ そんざいしめす彼岸花」(豊岡市 あきひめさん)
    「秋空やマスクの飛行機 空を飛ぶ」(神戸市北区 マーブルさん)
    「新米の香りを包みおにぎりに」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)

    大田先生が選んだ句は、
    「ギザギザの苅田切り株踏みつけて」(神戸市兵庫区 ラジオ派さん)

    大山さんが選んだ句は、
    「西日浴びインスタ映えの刈田かな」(東大阪市 シティボーイさん)

    ゲストの松二衛さんが選んだ句は、
    「江戸切子 月を浮かべて愛でる酒」(川西市 心はいつも青春さん)

    大森先生が選んだ句は、
    「一枚の苅田に孫と雲の影」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「刈田跡 落穂求めし鳥の群」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「遠山のぐっと近づく刈田かな」(三田市 キロマルさん)
    「村々の一息つくや刈田風」(三田市 インコ・ママさん)
    「迷い箸茸づくしのフルコース」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「赤映えて切り株越しに彼岸花」(箕面市 箕面のとしジイさん)
    「わらまみれ刈田を駆けた幼少期」(箕面市 箕面のじいじさん)

    「舶来の松茸食べるゆうげかな」(東大阪市 シティボーイさん)
    「露寒に天空の城 身を隠し」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「風にのる金木犀につつまれて」(神戸市北区 マーブルさん)
    「金木犀 仄かに薫る朝の杜」(姫路市 みよこさん)

    今週の特選句は、

    「江戸切子 月を浮かべて愛でる酒」(川西市 心はいつも青春さん)

    でした。

    次回のお題は」「雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。