CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

  • 2021年1月11日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(1月8日)

    1月8日のお題は福詣雑詠でした。

    まずは、大森先生の句から。
    「いま世界マスクと共に戦ふて」
    「この師走無明のまゝに暮るるらし」
    「ふと思ふ不易流行とす師走」

    妙音新聞からは
    「仕出し屋の物の匂ひや師走風」(志摩市 仲谷陽子さん)
    「コロナ禍は師走の町をつつみをり」(橋本市 平出恭子さん)
    「日記買ふそっと置きたり片隅に」(吹田市 土山さん)
    「マスクしてコロナで終わる師走かな」(堺市 河内さん)

    今週の藤岡玉骨の句は、
    「枝をもて尺とし年末挽いてをり」
    「模様あはすことの愉しさ春著縫ふ」
    「而してわれもいつしか師走びと」
    「マスク外してよせ鍋に割りこみぬ」

    続いて今週の寺谷さんの句は、
    「朗読で七福めぐり皆笑顔」
    「年始行マスクはずさず茶も飲まず

    あっきんの句は、
    「福詣で天満宮で祈り込め」
    「寺巡り寒波到来悴む手」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。

    「宵・恵比須大地にしなる笹俵」(守口市 守口のタヌキさん)
    「コロナ禍でスマホで祈る福詣り」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)
    「受験生 謙虚に祈る福詣り」(大阪市天王寺区 コンソメスープさん)
    「神・仏すがる思いの福詣で」(神戸市垂水区 ちょい丸親父さん)
    「福詣で あやかりたいなぁプレゼント」(草津市 滋賀のまー君さん)
    「下駄の音を響かせ巡る福詣」(大阪市東淀川区 淀川ペンギンさん)
    「福詣で密避け早朝 一人行く」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「人混まず いつもと違う初詣」(岸和田市 たけぼしさん)
    「福詣来た道探す長財布」(大阪市福島区 恋するサボテンちゃんさん)
    「一心に健康祈る福詣」(池田市 うさこさん)
    「巡るごと開運長寿福詣」(神戸市北区 マーブルさん)
    「リンゴ飴娘にねだられた福詣で」(交野市 星のブランコさん)
    「届くかな電子マネーの福詣」(川西市 心はいつも青春さん)
    「福詣で終へて心身 軽くなり」(三田市 インコ・ママさん)
    「母として願いをこめて初詣」(赤穂市 アンちゃんさん)
    「伊弉諾の島を巡りて福詣り」(淡路市 お散歩おじさん)
    「初御籤 大黒天の御守り添ふ」(三田市 キロマルさん)
    「コロナ去れ ただただ願う福詣」(草津市 グリーゼ581さん)
    「福みくじ そっと開くや福詣で」(姫路市 みよこさん)
    「初詣 新型コロナ半減す」(神戸市垂水区 ますきさん)

    「海に入)り拳打ちこむ初日の出」(守口市 守口のタヌキさん)
    「お正月さいふ軽いが腹重い」(豊岡市 あきひめさん)
    「木枯らしに負けてもいいがコロナには」(茨木市 蒼龍さん)
    「七草やスーパーたなで つみにけり」(吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「粉雪に思いをたくして届けたい」(東住吉区 ラビットさん)
    「もう嫌だ寒波が来る旅この寒さ」(草津市 滋賀のまー君さん)
    「えべっさんコロナ退治をたのんます」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「寒波来るスーパーの品売り切れて」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「ご先祖も松に南天おめでとう」(神戸市北区 マーブルさん)
    「食後薬ひとつ減らせし七草粥」(交野市 星のブランコさん)
    「新雪の足跡うれし吾れひとり」(川西市 心はいつも青春さん)
    「元朝や静寂を破る救急車」(三田市 インコ・ママさん)
    「箱根路の色取り取りの襷舞い」(淡路市 お散歩おじさん)
    「測りえぬ重き襷の駅伝走」(三田市 キロマルさん)
    「七草に無病息災願う朝」(草津市 グリーゼ581さん)
    「宝船七福神もマスク掛け」(箕面市 箕面のとしジィさん)
    「「来年もよろしく」年賀 初笑い」(大阪市平野区 くずれ荘管理人さん)

    大田先生が選んだ句は、
    「コロナ禍で人手ガタヘリ福詣で」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)

    ゲストの浜田さんが選んだ句は、
    「それぞれが相手気遣い福詣り」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)

    ゲストの世良さんが選んだ句は、
    「元旦にズームで家族 大集合」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)

    大森先生が選んだ句は、
    「福詣で お願いよりも 先ず感謝」(茨木市 蒼龍さん)
    「密さけて 弁天様に 福詣」(吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「手水舎に消毒液の福詣り」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「七福神 薬師如来も加えたし」(箕面市 箕面のとしジィさん)

    「雪の朝 南天の赤際立ちぬ」(池田市 うさこさん)
    「初護摩にコロナ退散 焰ゆれ」(姫路市 みよこさん)

    今週は全員特選句とさせて頂きました。

    次回のお題は」「雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。