CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

  • 2022年8月8日(月) 15時00分 防災マッカセナサイ!

    「線状降水帯(せんじょう こうすいたい)」について

    昨日から、東北・北陸地方を中心に、大雨の被害が出ていますね。近年、全国各地でこうした「集中豪雨」の被害が相次いていますが、

    その原因として注目されているのが、「線状降水帯」です。

    雨雲の元となる、暖かく湿った空気が次々と流れ込んで、積乱雲が発生します。

    よく聞く「ゲリラ豪雨」は、発達した積乱雲1つから局地的に短時間に大雨が降る現象です。

    「線状降水帯」は、その積乱雲が上空の風によって流されて線状に連なり、同じ場所で大雨が長く続く状態を言います。

    気象庁の基準では、幅が20キロメートルから50キロメートル、長さが50キロメートルから300キロメートルの状態を「線状降水帯」と呼んでいます。

    気象庁と国土交通省では、この線状降水帯が出来たことを確認した場合に速報する「顕著な大雨に関する気象情報」の運用を、令和3年からスタートさせました。

    これは、「線状降水帯」が発生したと判断した場合、例えば

    「線状降水帯による非常に激しい雨が、同じ場所で降り続いています。命に危険が及ぶ災害発生の危険度が急激に高まっています」

    などの情報を呼びかけます。

    また、今年の6月からは、線状降水帯による大雨発生の可能性が高い場合、複数県にまたがる広域を対象に、半日ほど前から気象情報での呼びかけが始まりました。

    「線状降水帯」の発生予測には、スーパーコンピューター「富岳」なども使われていますが、現時点での予測的中率は、およそ25%となっています。

    ですから、この「線状降水帯」による大雨の情報を聞いたら、該当箇所に住んでいる方は、速やかに避難行動をとってください。

    新しい災害に関するキーワード「線状降水帯」を、この機会にぜひ覚えておいてください。

     

    コーナー提供