CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

番組内容

毎週金曜日の午前10時からナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

  • 2018年10月13日(土) 12時11分 一紀のいろいろ万華鏡

    味覚の秋、美味しいもの見つけ隊!

    12日の「いろいろ万華鏡」では「味覚の秋、美味しいもの見つけ隊」と題しまして、あっきん、アルミカンのお二人が、それぞれに「おススメの秋の味覚」をスタジオに持ってきた頂きました。

    まずは、あっきん。

    お酒大好きなあっきんの「秋の味覚」は、やっぱりこれ?

    「丹波の黒豆!」

    なんと、わざわざ丹波まで収穫に行ってきたそうですよ!

    酒飲みの執念、おそるべし!

    続いては、アルミカン高橋さん。

    大阪・梅田のスカイビルの近くにある、リンゴ専門のスイーツ店「elicafe(エリカフェ)」のリンゴパンケーキや

     全てのメニューがリンゴづくしという、こだわりのスイーツ店なんだそうですよ。

    最後は、アルミカン赤阪さんの選んだ一品!

    京都・福知山にあります、栗にこだわった焼き菓子専門店「足立音衛門」のパウンドケーキ。

    お値段、なんと10,000円!

    しかし、スタジオの皆さんの試食の感想は「美味しい!」のひと言!

    皆さんも、この秋、いろんな味覚を探してみて下さいね!

    番組 Instagramは、こちらです!

    寺谷一紀のまいど!まいど! 公式Instagram

     

  • 2018年10月12日(金) 09時44分 メッセージテーマ

    本日も盛りだくさんでお送りします!

    本日のメッセージテーマは実は私・・・です。

    番組前の写真タイムですが、赤阪さんが遅刻!

    仕方ないので、ハロウィンコスプレ(?)で、参加してもらいます。

    「いろいろ万華鏡」では、あっきん、アルミカンが、それぞれ「美味しいもの」を見つけてきましたよ!

    メール:maido@jocr.jp

    FAX:078-361-0005

    番組 Instagramは、こちらです!

    寺谷一紀のまいど!まいど! 公式Instagram

  • 2018年10月10日(水) 10時00分 一紀のツーと言えばカー!

    「秋の交通安全週間」は終わりましたが、そういう啓発機関に関係なく交通マナーというのは、常に守るものです。
    そんな中で最近マナーの悪さが問題になっているのが自転車の交通マナー。

    自転車について道路交通法では、「自転車安全利用5則」を掲げています。
    1:自転車は車道が原則、歩道は例外
    2:車道は左側を通行
    3:歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
    4:安全ルールを守る
    5:子供はヘルメットを着用
    どうです? ちゃんと守れていますか?

    2015年の6月1日から「改正道路交通法」が施行されて、自転車の交通違反に対する罰則が強化されました。
    自転車は、道路交通法上は「軽車両」という扱いで、一般的な車と同じように、違反をするとさまざまな罰則が科せられる場合があります。

    ◎「二人乗りで走行」「複数の自転車で並んで走行」など・・・2万円以下の罰金又は科料になる違反

    ◎「携帯電話を使いながら走行」「イヤホンを付けたまま走行」「夜間の無灯火走行」・・・5万円以下の罰金又は科料

    ◎「信号無視・一時不停止」「ハイヒールで走行」「傘を差しての片手運転」など・・・3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金

    ◎歩行者に衝突して、そのまま逃走・・・1年以下の懲役、又は10万円以下の罰金

    ◎自転車の乗ってフラフラしながら走る・・・1年以下の懲役、又は30万円以下の罰金

    ◎飲酒運転・・・5年以下の懲役、又は100万円以下の罰金  

    皆さん、自転車に乗る時は、十分に気をつけましょうね!

  • 2018年10月9日(火) 10時00分 防災マッカセナサイ!

    災害時の食の備えについて

    この夏に発生しました「大阪府北部地震」では、停電や断水が発生した影響で、スーパーやホームセンターに、備蓄用の飲料水や非常食を求める人が殺到したため、商品が品薄になったり、購入制限が行われるといった混乱が起きました。

    今後も、こういった大災害が発生した時は、交通インフラや流通網がマヒしたり停電などで工場の操業がストップして商品提供が止まってしまう、などの影響がされます。

    大規模な災害が起きた時、被災者に食料などの支援物資が届くまで、どのくらいの時間がかかると思いますか?

    災害の規模にもよりますが、東日本大震災のような大規模な災害になると、発生から3日程度は、支援が届かない恐れがあります。この間、自分の身は自分で守るしかありません。

    そこで、いざという時のために、次の点に注意して食の備えをしましょう。

    ①家族の人数分の非常用食料品を備えましょう。
    水道・ガスは使えない状況になっても、調理せずに、そのまま食べられる食品を、3日から出来れば1週間分は用意しましょう。
    日頃から、缶詰やレトルト食品、飲料水など、長期保存できる食品を、少し多めに買い置きしておくといいですね。
    賞味期限が近づいたら、食事で使って、また新しく買い足しましょう。

    ②乳幼児や高齢者、食物アレルギーや持病のある人が家族の中にいる場合、救援物資の食事だけでは、必要な栄養がとれないかもしれません。
    育児用ミルクやベビーフード、高齢者の方でも食べやすいおかゆなど、家族の健康状態にあった食品を備えておきましょう。

    ③ライフラインの復旧には、時間がかかることもあります。あらかじめカセットコンロやガスボンベ、紙コップや紙皿、ラップなどを準備しておきましょう。
    また、限られた食材や水・加熱方法で、食事を作るノウハウを身につけておくといいですね。

    いざという時のために、あなたと家族の命のために、「災害時の食」を、しっかり備えておきましょう。

  • 2018年10月8日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(10月5日)

    10月5日のお題は」「雑詠でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「蟲の音に心よせいる暇もなく」
    「名月を見るべし蟲の枝折戸を」
    「蟲の音のおとろへている今宵かな」

    妙音新聞からは
    「虫鳴くや御廟祈りの木魚打つ」(伊勢市 岩本彩さん)
    「虫の声 右に左に聞く山路」(八尾市 淺井祥多さん)
    「一人寝の軽き虫の音星満つる」(日高郡 伊藤秀一さん)

    今週の上田秋成の句は
    「月さむし誰がまねいて尾花川」
    「冬の野や寺の屋根から月が出た」
    「月に遊ぶおのが世はありみなし蟹」(無腸)

    続いてに出演者のみなさんの句をご紹介します。

    寺谷さんの句は、
    「台風の やや肩すかし蟲の声」
    「帰り道モクセイの香に立ち止まり」

    あっきんの句は、
    「蟲の声ふと気がつくと夢の中」
    「次々とイベント中止台風で」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。

    「虫三つ読み方わからん王蟲かな?」神戸市西区 スレッガ~3回さん)
    「錦雲渓 見上げる舞台と蟲の声」(守口市 守口のタヌキん)
    「雨風止みて蟲の音の夜 始まる」(篠山市 まさ・あっこさん)
    「蕎麦の花 虫も飛び交う里の山」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「幼き日 蟲売夜店 父と行き」姫路市 みよこさん)
    「秋雨の中をあるきし虫の声」阪南市 かつこさん)

    「鐘楼の清んだ音色と秋の風」守口市 守口のタヌキさん)
    「山高きこと尊ばず鰯雲」(交野市 星のブランコさん)
    「両国に大輪散らす秋の風」岡崎市 小太り爺さん)
    「細やかな雨にこぼれる萩峠」(篠山市 まさ・あっこさん)
    「古寺の金木犀や香を放つ」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「かつらぎや かきが登場 道の駅」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「曼珠沙華 極楽浄土は野に一面」赤穂市 風ちゃんさん)

    それでは出演者の皆さんが選んだ句をご紹介します。

    あっきんが選んだ句は
    「又来るか待つ台風に身構えし」姫路市 みよこさん)

    寺谷さんが選んだ句は
    「虫が出た電話で呼ばれスリッパ持つ」赤穂市 アンちゃんさん)

    大森さんが選んだ句は
    「群読の合間合間に蟲の声」奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)

    「鐘楼の清んだ音色と秋の風」守口市 守口のタヌキさん)
    「両国に大輪散らす秋の風」岡崎市 小太り爺さん)
    「細やかな雨にこぼれる萩峠」(篠山市 まさ・あっこさん)
    「身構えて じっと待機の野分かな」(大阪市天王寺区 オムライスさん)
    「曼珠沙華 極楽浄土は野に一面」赤穂市 風ちゃんさん)

    今週の特選句は、
    「秋探しオーケストラの蟲の声」神戸市垂水区 チョイ丸親父さん)
    「満月に虫の音聞こえテレビ消し」淡路市 お散歩おじさん)
    「焼きたての秋刀魚旨みの音がする」明石市 レモントマトジュースさん)

    でした!

    次回のお題は」「雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

     

    講評 大森保延さん
    1954年、 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
    文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など辯天宗文化部の発展に寄与。
    1995年、 大和礼法弁才御流興隆。
    1996年、大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    1997年茨木西ロータリークラブ会長。
    2009〜2010年RI2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

    コーナー提供