番組内容

毎週金曜日の午前10時からナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

消防団へのご案内[2017年03月28日(火)]

消防団というのは、消防署で働いてる専門の消防士と違って、普段は会社員や自営業、主婦、学生などをしながら、いざ火事や災害が起こった時には、消防活動に取り組むという、非常勤の特別職公務員です。

兵庫県では平成28年4月の時点で、約4万2千人が、消防団員として地域の防災活動に携わっています。

女性消防団員も490人が活躍しています。

 

消防団の仕事は、主に

・消防士と連携して、火災の消火にあたる「消火活動」

・台風が近づいた時に、川の氾濫や崖崩れなどに備えて警戒にあたる「災害警戒活動」

・災害発生時の人命救助や、被災地の復旧・復興活動を行う「救助活動」

・防災パトロールや防火の広報を行う「火災予防活動」

・災害に備えた訓練や消防器具の点検

といった活動です。

阪神淡路大震災や東日本大震災でも、地元の消防団員の皆さんによる消火活動や救助活動によって、たくさんの人の命が救われました。

将来の発生が懸念されている、いわゆる「南海トラフ巨大地震」に備えて、地域の防災力を高めるためにも、消防団の存在意義は高くなっています。

 

しかし最近は、地方では過疎化・少子高齢化の影響で、都市部では住民の連帯意識が薄れているため、消防団の担い手、特に若い人たちの入団が減少しています。

兵庫県は、消防団の加入者数は全国一位ですが、数年前と比べると団員の数は2000人ほど減っています。

 

消防団員のみなさんは、仕事をもちながらも「大切な街や家族を守りたい」

という思いを胸に、地域の防災活動に取り組んでいます。

その様子は、こちらの総務省消防庁のホームページからご覧いただけます。

消防団オフィシャルウェブサイト 

 

入団資格は市や町ごとに条例で定められていますが、一般的には

①18歳以上で ②その市や町に住んでいる、または勤務している方

なら、男性・女性を問わず入団できます。 

消防団の活動に興味を持っていただけたら、ぜひお住まいの地域の市役所・町役場か、最寄りの消防署までお問い合わせください。

 

地震に自信 プロセブン耐震マット

環境に優しいバイオマスマットが新発売!

  • 投稿日時:2017年03月28日(火) 10時00分

「ひょうご防災ネット」のおしらせ[2017年03月21日(火)]

「ひょうご防災ネット」って、みなさんご存じですか?

「ひょうご防災ネット」とは、パソコンや携帯電話のメール機能を利用して、色んな災害情報を入手できるシステムです。

いざ災害が発生した時や、大きな被害が予測されるときに、県や市や町が発表する防災情報をチェックできます。

 

現在、兵庫県を中心に県内40の市や町が参加して、情報を発信する体制をとっています。

「ひょうご防災ネット」にメールアドレスを登録して頂くと

・地震、津波に関する情報、特別警報などの「緊急気象情報」

・避難勧告などの「緊急情報」

・大規模テロ情報などの「国民保護情報」

・身近な防災豆知識などの「お知らせ情報」

といった緊急情報が、いち早くメールで受信できるんです。

 

また、「ひょうご防災ネット」の外国人向けサービス「ひょうごEネット」では、英語、韓国語・朝鮮語、中国語、など12の言語に対応しています。

身近に外国人の方がおられたら、ぜひ教えてあげてください。

ひょうご防災ネット

いつ起こるかもしれない災害に備えて、ぜひこの機会に登録してください。

 

地震に自信 プロセブン耐震マット

環境に優しいバイオマスマットが新発売! 

  • 投稿日時:2017年03月21日(火) 10時00分

地震・津波から身を守るために[2017年03月14日(火)]

先日の11日で、東日本大震災から6年目を迎えました。

津波の恐ろしさは、東日本大震災の教訓として、皆さんもよくご存じと思います。

近い将来に発生が予想されている南海トラフ巨大地震でも、津波によって大きな被害がもたらされると言われています。

いざという時に備えて、あらためて地震と津波の関係、そして身を守る方法について確認しておきましょう。

まず忘れてはいけないことは、地震と津波は、一体です。

大津波警報が発表されたとき、まず何をすべきか?

一刻も早く逃げる!

津波は、大人のすねの高さ(約30㎝)まで水に浸かったら、ほとんど身動きが取れなくなります。

ですから、津波に巻き込まれない対策が重要です。

・沿岸部や川沿いにいる人は、すぐに高台などの安全な場所へ避難する。

・強い地震、または揺れが弱くても、長時間揺れる地震の時は、津波に注意し、決して海岸に近づかない。

・避難するときは、徒歩での避難が原則です。自動車での避難は、安全な避難行動の妨げとなります。よほどの事情がない限り、徒歩による避難を徹底しましょう。

・津波は第1波が最大とは限りません。東日本大震災の津波では、第3波が大きな被害をもたらしました。津波警報が解除されるまで、決して安全な場所から離れないこと。

・ラジオや緊急速報メールなどで正しい情報を確認して、落ち着いて行動しましょう。

また、普段からご家庭や学校・職場でも、避難場所や連絡先を決めておいて、いざという時に各自で避難場所へ避難するように心がけましょう。

事前の備えと、一刻も早く逃げる冷静な判断が、あなたの命を守ることを忘れないでください。

 

地震に自信 プロセブン耐震マット

環境に優しいバイオマスマットが新発売!

  • 投稿日時:2017年03月14日(火) 10時00分

山火事の予防について[2017年03月07日(火)]

(ここでクイズ!)

さて、一年で一番、山火事が多い時期は、いつでしょう?

山火事の約7割が、冬から春先(1月から5月)にかけて集中して発生しているんです。

 

そこで消防庁では、先週の放送でご紹介ました「春の全国火災予防運動」と連動する形で、毎年3月1日から7日まで「全国山火事予防運動」を実施しています。

今年は

「火の用心 森から聞こえる ありがとう」

という標語を掲げて、様々な啓発活動を実施します。

 

ところで、なぜ、春に山火事が発生しやすいのでしょうか?

山火事の原因で、もっとも多いのが

「たき火の不始末」(全体の約3割)

春になると行楽などで山に入る人が増えます。すると、中にはキャンプやバーベキュー、たばこなどの火の不始末が起こるという図式です。

また、農作業などに伴う「枯れ草焼き」が、山林に飛び火するのも原因の一つとなっています。

山火事を予防するため、次のことに注意しましょう。

・枯れ草など、燃えやすいものの近くで、たき火をしない。

・強風・乾燥時に、たき火や火入れをしない。

・たき火から離れる時は、しっかりと火を消す。

・タバコの吸い殻を投げ捨てない。

・火遊びはしない。

これからの季節、火の取り扱いには十分注意しましょう。

 

地震に自信 プロセブン耐震マット

環境に優しいバイオマスマットが新発売!

  • 投稿日時:2017年03月07日(火) 10時00分

春の全国火災予防運動のおしらせです。[2017年02月28日(火)]

 

昨年12月に発生した新潟県糸魚川市の大規模火災では、古い住宅が密集する地域で火災が発生した上に、折からの強風にあおられて、約3万平方メートルが延焼するという大きな被害になりました。

 

火災が発生しやすい今の時期、火災予防の意識を高めてもらうことを目的に、毎年3月1日から3月7日の一週間「春の全国火災予防運動」が実施されています。

今年度の標語は、

「消しましょう その火 その時 その場所で」

 

火災を防ぐには、「3つの習慣」「4つの対策」と言われるポイントがあります。

「3つの習慣」とは、

①寝たばこは、絶対にやめましょう。

②ストーブは燃えやすいものから離れた位置で使いましょう。

③ガスコンロなどのそばを離れる時は、必ず火を消しましょう。

 

「4つの対策」とは、

①逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置しましょう。

②寝具や衣類、カーテンなどは、燃えにくいものを使いましょう。

③火災が小さいうちに消せるよう、住宅用消火器を置いておきましょう。

④お互いに助け合えるよう、ご近所同士の協力体制をつくりましょう。

この7つのポイントに特に注意して、「火の用心」を心がけましょう。

 

また、平成18年6月から全ての住宅に「住宅用火災警報器」の設置が義務づけられています。 まだの方は、ぜひ設置をお願いします。

ちなみに、県や市の職員、消防署などがご自宅へ火災警報器を販売に来たり、業者に販売を委託するなどはしていません。そういった訪問販売にはご注意ください。

  • 投稿日時:2017年02月28日(火) 10時00分

インフルエンザ予防のおしらせ[2017年02月14日(火)]

昨年の11月にも、このテーマでお話をしましたが、それから2か月ほどの間に、インフルエンザが大流行しています。

厚生労働省の発表によると、2月3日現在、インフルエンザの全国の患者報告数・・・1か所あたり39.41人となり、「警報レベル」の30人を今季初めて超えたそうです。

そこであらためてインフルエンザの予防対策をおさらいしましょう。

 

もっとも大事なことは、次の5つです。

①インフルエンザワクチンの接種を受けましょう。

②帰宅した時や食事前には、石けんによる手洗いを心がけましょう。

③室内では加湿器など使って、適切な湿度を保つようにしましょう。

④外出時はマスクを着けて、なるべく人混みは避けましょう

⑤日頃から十分な睡眠と栄養のある食事で、体力維持に努めましょう。

 

もしも、

「38℃以上の発熱」「頭痛、関節痛、筋肉痛」、「鼻水、のどの痛み、咳」

といった症状が急に現れたら、インフルエンザの可能性があります。

インフルエンザは感染力が強いので、もしも「インフルエンザかも」と

思ったら、通勤や通学は控えて、速やかにマスクをつけて医療機関を受診しましょう。

 

また咳やくしゃみをすると、ウイルスが1~2m近く飛ぶと言われています。

一番良いのは、マスクを着けることです。

もしマスクを着けてなくても、咳やくしゃみが出そうになったら、ハンカチやティッシュペーパーなどで口と鼻を押さえて、他の人から顔を背ける「咳エチケット」を心がけましょう。

日頃の生活のちょっとした注意で、インフルエンザを予防し、感染の拡大を抑えることが出来ます。

そして自分自身や周りの人たちを守るために、普段からの予防対策を心がけましょう。

 

地震に自信 プロセブン耐震マット

環境に優しいバイオマスマットが新発売!

  • 投稿日時:2017年02月14日(火) 13時00分

暖房器具による事故防止について[2017年02月07日(火)]

「大寒」も終わって、これから徐々に暖かくなってくるか・・・と思いきや、まだまだ寒い日は続きますね。

実は、例年この季節になると増えるのが、暖房器具からの発火による火災です。

昨年11月に神戸市消防局が調べたところによると、住宅火災の原因のうち、電気ストーブが7割超を占めているそうです。

もちろん電気ストーブそのものが危険なわけではありません。

その原因の大部分が、洗濯物を電気ストーブの近くに干していた、など「燃えやすい物を、近くに置いていた」ことが原因なんです。

電気ストーブは、石油ストーブのように、実際に火を使う暖房器具ではありませんが、だからといって近くに物を置きっぱなしにしても安全というわけではありません。

 

また電気ストーブや電気カーペットなどの電気暖房器具は、しまい込んでいる間に、コードの断線などが起こっている可能性があります。

それに気づかずに使用していると、断線箇所から発火するという事例も現実に起きています。 

電気暖房器具は、使う前に異常が無いか、きちんとチェックしておきましょう。

 

また電気ストーブと比べて手間がかかるせいか、最近は使う人もめっきり減ってきた石油ストーブですが、

①ガソリンや軽油などを、誤って給油しない。

②油タンクのキャップを完全に締める。

などの点に、よく注意して使用するようにしましょう。

正しい使い方と、ちょっとした注意で、火災などの大きな事故は防げます。

暖房器具を正しく使って、快適に寒い季節を乗り切りましょう。

 

地震に自信 プロセブン耐震マット

環境に優しいバイオマスマットが新発売!

  • 投稿日時:2017年02月07日(火) 10時00分

冬山の遭難防止について[2017年01月31日(火)]

最近の登山ブームで、冬山に挑戦する方も増えていますが、それに比例するように遭難事故も増加しています。

冬山での登山は、気象条件の厳しさや体力的負担など、他のシーズンと比べて、リスクとなる要素が多くなります。

そこで「冬山の遭難防止策」として、次のようなことに注意しましょう。

 

①必ず経験豊富な人と一緒に登りましょう。

未経験者や少し経験のある中高年の単独登山者による遭難事故が増加しています。

単独登山は、いざという時に、助けを求めることが出来ません。

経験豊富な人と複数の人数で登りましょう。

また、「登山計画書」を作成して、家庭や職場、そして入山する場所の警察署に送っておきましょう。 いざという時に、救助の助けとなります。

②天気予報は、十分に確認しましょう。

注意報や警報などの気象情報が出されているときは、無理をせずに登山を中止する勇気を持ちましょう。

③しっかりした装備を用意しましょう。

登山の形式や日程、コースに応じた装備を持参しましょう。

ラジオを持っていれば天気などの情報を定期的に確認できます。

また電波受信の問題はありますが、もしあれば役に立つことも多いので携帯電話は必ず持っておきましょう。

そして、山岳保険や傷害保険などに入っておくことも忘れないようにしましょう。

 

地震に自信 プロセブン耐震マット

環境に優しいバイオマスマットが新発売!

  • 投稿日時:2017年01月31日(火) 10時00分

「文化財防火デー」のおしらせ[2017年01月17日(火)]

みなさん、「文化財防火デー」って、ご存じですか?ニュースなどで聞いたことはありませんか? 

昭和24年1月26日に、奈良県にあります法隆寺の「金堂」が炎上して、貴重な壁画が失われてしまった事件がありました。

この事件は、海外でも報道されるなど、当時の国民に大きな衝撃を与えました。

そこで、二度とこうした事件が起きないようにと、昭和30年に、事件のあった1月26日を「文化財防火デー」に制定しました。

 

「文化財防火デー」を中心とする期間中は、国民の文化財愛護への意識を高めることを目的に、文化庁、消防庁、各都道府県や市町村、そして文化財の所有者や地域住民が連携・協力して、毎年様々な防火運動を展開しています。 

さて、一般的に1月、2月は、1年のうちで最も火災の多い時期と言われています。

文化財に限らず、皆さん自身を火災から守るためにも、身の回りの火の用心が大切です。

昨年の12月22日に、新潟県の糸魚川市で、約150棟、4万平方メートルが焼けた大規模火災のニュースは、まだ記憶に新しいかと思います。

 

普段の火の不始末への注意はもちろんですが、日頃から電気配線や電気機器に異常が無いか注意しましょう。

また火災の要因で大きな割合を占めるのが「放火」です。

自宅の周辺に、燃えやすいものを放置しないようにしましょう。

 

普段からの注意と備えで、火災は防ぐことが出来ます。

みなさんも今一度、身の回りや家の周りなどのチェックをしてみて下さい。

 

地震に自信 プロセブン耐震マット

環境に優しいバイオマスマットが新発売!

  • 投稿日時:2017年01月17日(火) 10時00分

「防災とボランティア週間」のおしらせ[2017年01月10日(火)]

 

今月の17日(火)で、阪神・淡路大震災から22年となります。

兵庫県では、毎年1月17日を「ひょうご安全の日」と定めています。

この日は、震災の経験と教訓を地域や世代を超えて発信・継承するために、毎年、様々な活動が行われています。

その1つが、昨年末に参加者募集のご案内をしました「1.17ひょうごメモリアルウォーク2017」です。

これは、交通機関が途絶した震災時の追体験を行うことで、参加した皆さんの防災意識を高めてもらい、来るべき大規模災害に備えるための防災訓練です。

 

実は、この17日は「ひょうご安全の日」に加えて、もうひとつ国が定めた記念日になっています。

何の日か、知ってますか? 

それは「防災とボランティアの日」です。

また、17日をはさむ、毎年1月15日から21日までの期間を、

「防災とボランティア週間」

として、災害時のボランティア活動や自主防災活動の普及に努めています。

 

阪神・淡路大震災、そして平成23年の東日本大震災では、ボランティア活動が復興の大きな力となりました。

わたしたちは、近い将来予想される、南海トラフ地震などに備えなければいけません。

みなさんも、この機会にぜひ、災害ボランティアの活動について考えて下さい。

 

地震に自信 プロセブン耐震マット

環境に優しいバイオマスマットが新発売!

  • 投稿日時:2017年01月10日(火) 10時00分
ページトップへ