CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

番組内容

ナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

  • 2020年11月23日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(11月20日)

    11月20日のお題は時雨雑詠でした。

    まずは、大森先生の句から。
    「自粛てふ今日の時雨に籠りをり」
    「浮世絵の時雨に逢ひし人可笑し」
    「落柿舎の箕も湿気し時雨かな」
    「ワクチンを世界が望む今日時雨」

    妙音新聞からは
    「時雨来て急に静まる神社かな」(綾部市 森本太郎さん)
    「遠山は時雨移りて見えかくれ」(伊都郡 嶋田和代さん)
    「伊賀越えてこれより伊勢路時雨おり」(柏原市 永味啓子さん)
    「木の実落つ音が昔をふり向かす」(八尾市 さん)
    「冬仕たく猫の座布団作りおり」(奈良市 堀内敬子さん)

    今週の藤岡玉骨の句は、
    「たもとほる飛鳥にしぐれ久米しぐれ」
    「しぐるるも京めき茶事の客まうけ」
    「石たたき走りてしぐれとどまりて」
    「夕波にまぎれて鳰のちらばりし」
    「炭負ふて来て子のためのスェタ買ふ」

    続いて今週の寺谷さんの句は、
    「時雨ふる中をいそいそ金プラへ」
    「秋鯖の鮨にコロナも忘れけり

    あっきんの句は、
    「小走りで両手に荷物 時雨かな」
    「リハビリの小春日和のゴルフかな」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。

    「山門へ急ぎ集まる時雨がさ」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)
    「夕時雨 犬と一緒に雨宿り」(大阪市福島区 恋するサボテンちゃんさん)
    「夜の街 時雨て歩く二人連れ」(神戸市垂水区 さだむさん)
    「侘び住まい透き間屋根から時雨空」(守口市 守口のタヌキさん)
    「変わりなく届けてくれるカレンダー」(神戸市北区 たけしさん)
    「しぐれ煮を一足早くもちにのせ」(加古川市 ゲゲさん)
    「はつしぐれコロナの中で冷たい雨」(徳島市 ケンジさん)
    「時雨来て暫く佇む二人連れ」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「時雨過ぎ銀杏の幹が日に映える」(姫路市 姫路の夢太郎さん)
    「買い物を終えて漕ぐ足 夕時雨」(泉南郡 ふーちゃんさん)

    「膨らみて枯れ木賑わす子雀群」(三田市 インコ・ママさん)
    「冬枯れの空を仰いでひとり旅」(草津市 グリーゼ581さん)
    「一汁の温もり殊に今朝の冬」(三田市 キロマルさん)
    「窓越しの紅葉映える夕陽かな」(大阪市平野区 マサファイターさん)
    「真夜中に遠くで響く猫の声」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「遠い日の紅葉の里を偲ぶ秋」(神戸市東灘区 妙女さん)
    「冬の月 枯れ木に上に冴えにけり」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)
    「立冬に秋の虫達 鳴きやむ日」(神戸市北区 たけしさん)
    「伊吹山 一夜で冬山変身し」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「孫あてに年賀状書く楽しさや」(赤穂市 アンちゃんさん)
    「神無月 神の居ぬ間に針仕事」(茨木市 蒼龍さん)
    「七五三しんどいけれどハイポーズ」(豊岡市 あきひめさん)
    「保津の川しぶきか時雨もみじ落つ(川西市 心はいつも青春さん)
    「外眺め珈琲2杯夕時雨」(泉南郡熊取町 くまちゃんさん)

    「遠い日の紅葉の里を偲ぶ秋」(神戸市東灘区 妙女さん)
    「御堂筋ネオン並木の赤ちょうちん」(守口市 守口のタヌキさん)
    「変わりなく届けてくれるカレンダー」(神戸市北区 マーブルさん)
    「かさこそと風の便りの落ち葉踏み」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「コロナ禍も寄り添いあって枇杷の花」(淡路市 お散歩おじさん)
    「賑やかに子らの歓声みかん狩り」(川西市 心はいつも青春さん)
    「蓼の花大樹の下で主張する」(大阪市住吉区 ラビットさん)

    小玉さんが選んだ句は、
    「また一軒 過疎の空き家に時雨かな」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)

    ゲストの真鍋さんが選んだ句は、
    「七五三 時雨降れども笑顔の子」(神戸市北区 たけしさん)
    「秋深し鬼滅刃のマスクして」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)

    大森先生が選んだ句は、
    「帰り道 肌に染みいる夕時雨」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「里山の彩り冷ます秋時雨」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「合掌の村を一気に時雨駆け」(淡路市 お散歩おじさん)
    「六甲山 俄かに消ゆや夕時雨」(三田市 インコ・ママさん)
    「時雨雲 裂いて光の剣降る」(大阪市東淀川区 淀川ペンギンん)
    「時雨来て 庭絨毯の如 色映えて」(箕面市 箕面のとしジィさん)
    「ほろ酔いに程よき時雨 先斗町」(三田市 キロマルさん)
    「時雨忌や友と鍋食う旅の宿」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)
    「仁王門 軒を借りたるひと時雨」(姫路市 みよこさん)
    「音もなく寝静まるころ小夜時雨」(池田市 うさこん)
    「山寺や時雨にひかる石畳」(草津市 グリーゼ581さん)

    「柿ひとつ地蔵に供えて子等駆ける」(姫路市 みよこさん)
    「供え菊 同じ傾き五地蔵様」(交野市 星のブランコさん)

    今週の特選句は、

    「七五三 時雨降れども笑顔の子」(神戸市北区 たけしさん)
    「秋深し鬼滅刃のマスクして」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)

    でした。

    次回のお題は柚子」「落葉」「雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

  • 2020年11月22日(日) 10時00分 まいど!いらっしゃい!ようおこし!

    子どもたちに新しい時代に対応できる教育を

    11月20日のゲストは、高槻市議会議員の真鍋総一郎さんにお越しいただきました。

    真鍋さんは現在、高槻市議会議員の活動の一環として、子どもたちが次世代の社会に対応できる力を身につけるための教育の在り方について考えているそうです。

    具体的には、以前番組にもご出演いただいた「子どもの理科離れをなくす会」の北原達正さんの活動に賛同して、より実践的なIT教育の普及活動などに取り組んでいるそうです。

    自身も議員になる前はIT業界で働いた経験をお持ちの真鍋さんには、ここ数年で急速に進化しているIT分野で、日本が世界からどれだけ遅れているか痛感させられることが多かったそうです。

    北原さんの活動に協力することで、地域から子どもたちの教育を変えていく、それが真鍋さんの目指す目標の一つでもあるんです。

  • 2020年11月21日(土) 10時00分 一紀のいろいろ万華鏡

    循環型農業で究極の地産地消を

    20日の「いろいろ万華鏡」では、循環型農業を応援する取り組みをご紹介しました。

    スタジオには、ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドの鉄板焼きレストラン「心」料理長の木下学さんと広報の中川大輔さんにお越しいただきました。

    また、株式会社神戸牛牧場 代表の池内洋三さんにも電話でお話を伺いました。

    神戸牛牧場は、神戸市西区の6つの農家が共同で作った会社で、50年以上の歴史を持っています。

    現在は、牛の糞尿を肥料化してほかの農家に提供し、その農家から提供いただいた飼料用の作物を使って牛を育てるという循環型農業に取り組んでいます。

    ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドでは、神戸牛牧場の方針に賛同して、その牛肉を使ってお料理を提供されているそうです。

    神戸の牛肉、神戸の野菜、それを神戸のホテルで提供する、まさに地産地消の極みと言えますね。

     

  • 2020年11月20日(金) 06時50分 メッセージテーマ

    買い物ウキウキ!

    本日のメッセージテーマはええ買い物しました!です。

    寺谷さんが着ているこちらのジャケット、なんとアウトレットで8割引きで買ったそうですよ。

    かしこく買い物をして、楽しい秋を過ごしましょう。

    メッセージをお待ちしています。

    メール:maido@jocr.jp

    FAX:078-361-0005

  • 2020年11月16日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(11月13日)

    11月12日のお題は紅葉雑詠でした。

    まずは、大森先生の句から。
    「弘法大師千百年を讃ふ秋」
    「錦秋や大師諡号の縁し書く」
    「高野山詣でし人に秋ストーブ」
    「水墨に秘めし紅葉の襖絵と」
    「二夕山も三山も朱色柿街道」

    妙音新聞からは
    「帰路となる歩幅ゆるりと草もみじ」(練馬区 北星関子さん)
    「古家の白壁染むる蔦紅葉」(橋本市 植山朝子さん)
    「紅葉に燃やされそうな山別荘」(志摩市 仲谷陽子さん)
    「歳時記にはさみて紅葉色褪せず」(橿原市 鬼勢芳子さん)
    「京紅葉寺の境内散り敷きぬ」(富山市 国見由利子さん)
    「地下街に水車設へ走りそば」(八尾市 淺井祥多さん)

    今週の藤岡玉骨の句は、
    「紅葉しておほかた蓼のたぐひなる」
    「紅葉の中朴には朴の天地あり」
    「水引の穂のもつれそめほぐれそめ」
    「数珠玉も末枯れそめしもののうち」

    続いて今週の寺谷さんの句は、
    「もみじ茶にサイダーまでも摂津峡」
    「金プラと美酒に酔いたる夜長かな

    あっきんの句は、
    「コロナ禍の癒しを求め紅葉狩り」
    「錦秋の福知山城おとな旅」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。

    「茶菓子一つ紅葉の皿におもてなし」(明石市 明石のレモントマトジュースさん)
    「カメラ目線もみじ写さず孫写す」(徳島市 豊中の元住人さん)
    「友と行く京都の旅の紅葉狩り」(赤穂市 アンちゃんさん)
    「六甲の渓流彩る紅葉谷」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「風に舞い露天につかる散る紅葉」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)
    「断崖の紅葉眺めてひと休み」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「童らがもみじの下でお弁当」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)
    「露天風呂紅葉つまみに桶酒や」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「いちょうから もみじの紅を下に見て」(加古川市 ゲゲさん)
    「もみじ葉にほほ寄せあって真っ赤っか」(茨木市 蒼龍さん)
    「風そよぎ水面かがやき紅葉ゆれ」(神戸市北区 マーブルさん)
    「谷川に絹織り成すはもみじかな」(草津市 グリーゼ581さん)
    「紅葉狩り人が集まり密になる」(草津市 滋賀のまー君さん)
    「昼暗き城裏の濠 紅葉浮き」(姫路市 みよこさん)
    「紅葉狩り締めは有馬の足湯なり」(三田市 インコ・ママさん)
    「寒い夜は紅葉おろしで鍋つつく」(大阪市天王寺区 気楽な隠居さん)
    「目と口で紅葉愛で行く箕面滝」(箕面市 箕面のとしジィさん)
    「紅葉がり夢宗庵はにぎわいて」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「嵐山心の中でもみじ舞う」(大阪市東住吉区 さちこさん)
    「旅館にて紅葉引き立つ秋の膳」(神戸市垂水区 ちょい丸親父さん)
    「新コロナ少し休んでもみじ狩り」(川西市 心はいつも青春さん)
    「箕面滝もみじ水面にはらり落ち」(池田市 うさこさん)
    「紅葉し集めた落ち葉で作ったよ」(神戸市垂水区 ゆんこさん)
    「教科書に挟んだもみじ飛んで出た」(姫路市 姫路の夢太郎さん)

    「コロナ禍に運動会に沸く子達」(神戸市北区 たけしさん)
    「新海苔や朝食の友 目を覚ます」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「いつもより寒さがしみる戦力外」(群馬県太田市 夜明けの刑事さん)
    「秋風がもっと歩けと背中押し」(淡路市 お散歩おじさん)
    「竹箒とても敵わぬ落葉軍」(三田市 インコ・ママさん)
    「寒い日は鍋料理で生き返る」(三田市 ひろちゃんさん)
    「森のリス ホホ膨らませ冬支度」(箕面市 箕面のとしジィさん)
    「寒暖の差が激しい季節なる」(草津市 滋賀のまー君さん)
    「枯れ葉舞う夕照の道 長き影」(草津市 グリーゼ581さん)
    「すだち見て辛い合宿思い出す」(茨木市 蒼龍さん)
    「勉強会 茶花さがしの散歩かな」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「鈴の音 キョロキョロさがす七五三」(豊岡市 あきひめさん)

    大田先生が選んだ句は、
    「紅葉谷 色取り取りの散り模様」(淡路市 お散歩おじさん)

    大山さんが選んだ句は、
    「かにづくし広がる旨味みな無言」(神戸市北区 マーブルさん)

    ゲストの大村さんが選んだ句は、
    「紅葉踏むステップ軽やかワルツかな」(大阪市福島区 恋するサボテンちゃんさん)

    大森先生が選んだ句は、
    「赤とんぼ紅葉の色に染まる秋」(神戸市北区 たけしさん)
    「清泉の水底燃やす散りもみじ」(大阪市東淀川区 淀川ペンギンさん)
    「黒漆 光る机上に紅葉映え」(守口市 守口のタヌキさん)
    「霧ゆるり棚引く山の紅葉いづる」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「愛読書もみじの栞はさみおり」(尼崎市 すずさん)
    「紅葉縫ふヘアピンカーブの曲線美」(三田市 キロマルさん)

    「秋寒の駅舎に香るうどん出汁」(守口市 守口のタヌキさん)
    「縄のれん立ち飲み熱燗 炙りイカ」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「秋刀魚焼く匂いが漂う漁師町」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)
    「立冬や墨絵のごとく雲流る」(三田市 キロマルさん)
    「菊自慢 集う喫茶や鉢並ぶ」(姫路市 みよこさん)
    「秋寒の居間のラジオの笑い声」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「半額についつい買いしお萩かな」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)

    今週は、選ばれた皆さん特選句とさせていただきます。

    次回のお題は時雨」「雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。