携帯電話で会話をしたり、メールをしたりのながら運転。言うまでもなく、危ないですよね。

特にメールなどの操作は、キー操作のために画面をのぞき込んだりして視線が逸れてしまいますので、電話での会話以上に危険な運転になります。

特に男性は女性に比べて、同時に2つのことをするのが得意ではない、ということが最近の研究の結果、分かってきているそうです。

テレビを使った実験によると、テレビを見ているときに話しかけられると、男性はテレビの内容がほとんど把握できなくなるそうです。

運転中に電話やメールなどしていたら、男性の場合、前を向いて運転していても、実際には正面の状況がほとんど理解できていないということのようですね。

(だからといって、女性は「メールしながら」運転がOKということではありませんよ!)

ちなみに、運転中に携帯電話を手で持っていて、警察の取り締まりで捕まった場合、「5万円以下の罰金」となり、交通違反の違反点数が1点となります。

また携帯電話を実際に使用した場合、3ヶ月以下の懲役 または 5万円以下の罰金」となり、交通違反の違反点数が、2点となります。

事故を起こすリスク。交通違反の取り締まりで減点。

何にもいいことのない「運転中の携帯電話の使用」は、必ず控えましょうね。

ご予約・お問い合わせは 0120-50-1515

2014-04-17 (Thu) 17:00 maido 一紀のツーと言えばカー!

今月の「ひっとみんのこれ気になる!」のテーマは

「都をどり」!

春の京都の風物詩と言えば、この「都をどり」。

京都にあります、祇園甲部歌舞練場で、今月30日まで開催中です。

祇園の芸妓さん、舞妓さんたちが一同に揃って唄や踊りを披露する「都をどり」は、京縮緬の鮮やかな青い着物もみどころ。

観劇の際は、普通に劇場で見るような観劇も出来ますが、せっかくなので「お茶席付き」の観覧チケットで見るのもオススメです。

「都をどり」のために裏千家流で考えられた立礼式のお茶席が楽しめる他、お団子のお皿は記念に持ち帰ることも出来ます。

また舞台の芸妓、舞妓さんたちから「手拭いまき」も行われたり、色々と趣向が凝らされて楽しいんですよ。

みなさんも、京の春の風物詩、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか?

みなさんの日常生活で気になっていることについても教えて下さい

メッセージはこちらまで!
〒650-8580 ラジオ関西「ひっとみんのこれ!気になる」係
メールは 
maido@jocr.jp
FAXは 078-361-0005

そして、気になるニオイには 

  スーパー・ノンノ
 0120-201-443 (ニオイ シジミ)

昨年の4月13日に「淡路島地震」が起きて、1年を迎えました。

そこでこの機会に、身の回りの地震対策について、考えてみましょう。

直接的な地震対策としては、家具を固定するなどの方法を、このコーナーでもお話ししてきました。

しかし、阪神淡路大震災や、東日本大震災のような巨大地震が発生すると、むしろ地震が収まった後の対応が課題となります。

巨大地震が起きると、道路やライフラインが寸断され、自治体や警察・消防などの救援が、すぐには期待できません。

そこで普段から必要な物を準備しておくことが大事です。

準備しておくものとして

・貴重品(お金、保険証など)

・携帯ラジオや懐中電灯

・衣類や雨具

・薬や包帯。特に持病のある人は、予備の薬と『おくすり手帳』を忘れずに。

・飲料水。一人1日3リットルほど必要です。

・食料。3日分ぐらいは用意しておきましょう。

・カセットコンロやガスボンベなどの燃料

こうしたものをリュックサックなどに入れておくと、すぐに持ち出せて便利です。

また地震が発生したときに、家族が常に一緒にいるとは限りません。

避難することになったら、どこに集まるか決めておきましょう。

またどういう道順で避難するかを事前に確認しておきましょう。

近い将来発生が予想されている「南海トラフ巨大地震」などに備えて、ぜひ、今できることに取り組んでみてください。

2014-04-15 (Tue) 10:00 maido 防災マッカセナサイ!

今回のお題は木蓮」、「朝寝でした。

まずは大森さんの句からご紹介します。

「木蓮の咲き初む白さ庫裏の道」

「勝敗を見定めてをり白木蓮

「朝寝しておれぬ仕事に目覚ゐし」

妙音新聞からは

「曇り日の白木蓮の翳りかな (山根 子さん)

「木蓮の咲ききる前が好きと妻 (森本信太郎さん)

「団塊の鎖骨のくぼみ朝寝かな (竹村智己さん)

「旗日には身体まるめて朝寝かな」 (河内紀雄さん)

著名な俳人の句からは

「木蓮の一片しろく散りにけり」 (田畑美穂女先生)

「旅慣れし宿にきままの朝寝して」 (稲畑汀子先生)

「木蓮を折りかつぎける山がへり」 (高濱虛子)

さて今週の寺谷さんの句は、

「青空に木蓮の咲く幼き日」

「朝寝してラジオを聞けば夢ごこち」

藤田さんの句は

「木蓮のつぼみはいつも北をさす」

続いてリスナーのみなさんから頂きました句をご紹介します。

「朝寝して獅子笛舞に起こさるる」 (滋賀県栗東市 南天さん)

「定年を無事納めての朝寝かな」 (八尾市 ゴンちゃんさん)

「雨に濡れ一息入れず散る木蓮」 (姫路市 みよこさん)

「木蓮に白無垢かさね母偲ぶ」 (宍粟市 笹百合さん)

「朝寝して熱いシャワーの心地よさ」 (大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)

「木蓮の彩り映える里の家」  (神戸市垂水区 ますきさん)

「朝寝してテレビの俳句見逃しぬ」 (奈良県吉野郡 吉野の番茶さん)

「あと5分 つたえもぐりし朝寝かな」 (奈良県吉野郡 吉野の茶摘みさん)

「朝ねして まどあけ空気 いいかおり」 (五條市 あんなちゃん)

では出演者の皆さんが選ばれた句をご紹介します。

コメンテーターの大森さんは

「葉より先 大空仰ぐ紫木蓮」 (明石市 フォレスト・マウスさん)

寺谷さんは

「木蓮や みんな仲良く争わず」 (松原市 おでこぽんさん)

「朝寝髪乱るる事も気にならず」 (姫路市 若き神職さん)

そして今週の特選句は

「夫婦して朝寝ができぬ年となり」 (泉大津市 一九さん)

でした!

来週のお題は」、「囀(さえずり)で募集します。

お題にこだわらない句も歓迎ですよ。

初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

〒650-8580 ラジオ関西
寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

講評 大森保延さん (辯天宗婦人部総裁)

1954年、 辯天宗宗務総長大森慈祥氏
(現管長猊下)と結婚。
1960年得度、1965年辯天宗婦人部総裁に就任。
文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など辯天宗文化部の発展に寄与。
1995年、 大和礼法弁才御流興隆。
1996年、大阪府より文化芸術表彰を受ける。
1997年茨木西ロータリークラブ会長。
2009〜2010年RI2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
大阪府更正保護協会理事。 茨木市更正保護推進協議会副会長。

辯天宗ポータルサイト

2014-04-14 (Mon) 12:00 maido 大森保延のまごころ歳時記

今週のゲストは、神戸電子専門学校校長の福岡壯司さんでした。

トノサマバッタと言う名前ですが、殿様ではありません」というナレーションから始まるユニークなCMでおなじみの神戸電子専門学校さん。

神戸の地に建学して今年で56年を迎えますが、CMの通り、コンピュータからCG、ゲームソフト、マルチメディアまで、時代の要請に応える形で、様々な学科を設けて人材を育成しているそうです。

卒業生の皆さんも、大手IT企業やメーカーの一線で活躍されている方や、国際的な映画祭などで賞を受賞された方など、多方面で活躍中です。

地元神戸で育ち、学校を運営されている福岡さんは、神戸の街をもっと特色ある活気のある街にするために「デザイン都市・神戸」構想をもっと進めるべきと考え、そのための人材育成や情報発信の拠点として、神戸電子専門学校が力になっていきたいと考えているそうです。

これからの神戸電子専門学校さんの動きに注目ですね。

神戸電子専門学校