7月以降、30度を超す日が続いています。6月にもこのコーナーで熱中症の予防として注意することなどお話しましたが覚えていますか?

熱中症とは、室温や気温が高い状況で、体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなってしまう状態を言います。

運動や作業をしている時だけではなく、家の中でじっとしていても、室温や湿度が高い時には熱中症にかかる恐れがあるので、注意が必要です。

主な症状としては、めまい、大量の汗、頭痛、吐き気、体に力が入らない、といったことがあります。ひどい時には、痙攣や意識障害など重症になることもあります。

そこで、熱中症の予防で大切なことをご紹介しましょう。

第一に「水分補給」です。

屋外だけでなく室内にいる時、たとえ暑さや喉の渇きを感じなくても、こまめに水分補給しましょう。

特に高齢者の方は、発汗機能や体温の調節機能が低下している可能性があるので、気がつかないうちに熱中症になってしまうことがあります。

家族の方も含めて注意しましょう。

第二に「暑さを避けること」です。

外出時には、日傘や帽子を使いましょう。

なるべく日陰を利用して、こまめに休憩を取りましょう。

室内にいる時も、無理な節電はせず、扇風機やクーラーで温度調整をしてください。

もしも「熱中症かな?」という人を見かけたら、

1,涼しい場所へ避難させる。

2,衣服を脱がせて体を冷やす。

3,水分・塩分を補給する。

といった応急処置をしましょう。

さらに

「自分で水が飲めない」

「動けない、意識がない」

「痙攣を起こしている」

といった症状が見られたら、ためらわずに119番しましょう。

 

地震に自信!プロセブン耐震マット

環境に優しい「バイオマスマット」新登場!

2014-08-19 (Tue) 10:00 maido 防災マッカセナサイ!

今回のお題は踊り」、「稲妻でした。

まずは大森さんの句からご紹介します。

「引退の師へはなむけの盆踊り」

「笠の人 笑顔こぼれる盆踊り

「飛機のした稲妻世界となってゐし」

妙音新聞からは

「殿は辯天踊り聖地沸く (土山忠治さん)

「稜線の稲妻走る昼下がり (清水好子さん)

「村人の顔する旅の盆踊り」 (竹村智己さん)

「奥山にひびく稲妻梅雨の明け (片岩きくさん)

著名な俳人の句からは

「ふるさとに会ひて踊の夜なりけり」 (田畑美穂女先生)

「お忍とならざることも阿波踊」 (稲畑汀子先生)

「雲間より稲妻の尾現れぬ」 (高濱虛子)

今週の寺谷さんの句は、

「気がつけば我も踊るや阿波の夜」

アシスタントの吉川さんは、

「稲妻に秋を感じて こくこくと」

「踊る友 心を一つにステージへ」

続いてリスナーのみなさんから頂きました句をご紹介します。

「空というキャンパス引き裂くいなびかり」 (明石市 エルムのパパさん

「阿波踊り 孫追っかけてビデオ撮る」 (西宮市 いつも感謝の有馬路さん)

「運動場 音頭にのせて踊る児ら」 (西宮市 夕顔の君さん)

「新しい浴衣下ろして踊りの輪」 (尼崎市 ぽん酢大好きさん)

「稲妻を はるか見下ろし富士登る」 (門真市 門真のびんぼっちゃまさん)

「とびはねて男おどりで祖父ダウン」 (泉大津市 一九さん)

「里帰り 友と語るや盆踊り」 (神戸市垂水区 ますきさん)

「スーパームン 踊る兎の影見えて」 (姫路市 みよこさん)

「稲妻に残せし白球 うら悲し」 (東大阪市 畑の中の髪親父さん)

「おどりの輪 夢中の夏 わがものと」 (西宮市 あっちゃんさん)

「稲妻に秋穂の実り 只祈る」 (姫路市 若き神職さん)

「盆踊り 母の作りし浴衣着て」 (池田市 グリーンアスパラさん)

「阿波おどり すげ傘かぶり下駄をはき」 (奈良県吉野郡 吉野の番茶さん)

「稲妻や 走る唐橋 浮御堂」 (八尾市 ゴンちゃんさん)

「稲妻に 怯える犬を抱きしめる」 (宍粟市 笹百合さん)

「甲子園 稲妻走り 明徳戦」 (奈良県吉野郡 吉野の茶摘みさん)

「稲妻に想い出したる恐怖感」 (神戸市垂水区 みちよさん)

では出演者の皆さんが選ばれた句をご紹介します。

寺谷さんは

「稲妻やラジオにノイズ走っている」 (東大阪市 やすよさん)

小玉さんは

「稲妻は妻の怒りの予兆なり」 (高槻市 よういちさん)

「郡上の夜 眠らぬ風と盆踊り」 (たつの市 ゆずちゃんさん)

ゲストの福本さんは

「盆踊り つむじに響く太鼓の音」 (加東市 姫路セントラル・ぱくっさん)

「稲妻に残せし白球 うら悲し」 (東大阪市 畑の中の髪親父)

そして今週の特選句は

「いなびかり原爆ドーム浮かびけり」 (大阪市東住吉区 ひかりさん)

でした!

来週のお題は蜩(ひぐらし)」、「残暑で募集します。

お題にこだわらない句も歓迎ですよ。

初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

〒650-8580 ラジオ関西

寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

講評 大森保延さん (辯天宗婦人部総裁)

1954年、 辯天宗宗務総長大森慈祥氏
(現管長猊下)と結婚。
1960年得度、1965年辯天宗婦人部総裁に就任。
文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など辯天宗文化部の発展に寄与。
1995年、 大和礼法弁才御流興隆。
1996年、大阪府より文化芸術表彰を受ける。
1997年茨木西ロータリークラブ会長。
2009〜2010年RI2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
大阪府更正保護協会理事。 茨木市更正保護推進協議会副会長。

辯天宗ポータルサイト

2014-08-18 (Mon) 10:00 maido 大森保延のまごころ歳時記

今週のゲストは、広島県大阪情報センターの福本隆之さんにお越し頂きました。

現在、広島県では、様々な観光情報の発信に力を入れているそうです。

そういえば、「おしい!広島県」とか「泣ける!広島県」というキャッチコピーのPRをよく聞きますね。

この8月は「散歩散走 in 尾道」というウォーキングとサイクリングでしまなみ海道を巡るイベントが開催されています。

また呉市の「とびしま海道・県民の浜」では、

とびしま海道 とっておきの星と海 
~“自然満喫”&“散策”のヒーリングアイランド~」

 が開催されています。 こちらは、国内最大級の望遠鏡がある天文台で、天体ライブを満喫するというイベントです。

天体マニアには垂涎のイベントではないでしょうか?

他にも、8月30日(土)には、小説「村上水軍の娘」で話題になった因島を舞台にした歴史イベント

瀬戸内水軍まつり in尾道 
~因島水軍スピリッツの継承~

も開催されます。

色々と盛りだくさんですね!

また、今日のリスナープレゼントでは、地元で話題になっているレモンを使ったジュレ「レモンの島」をご提供頂きました。

当選された皆さん、ぜひ楽しんで下さいね!

夏休みも、いよいよ終盤。 思い出作りに広島県に出かけてみませんか?

泣ける!広島県\(T▽T)/ ホームページ

8月の月間プレゼントは、但馬地域をカバーしている「JAたじま」さんから、こちら!

「朝倉さんしょの佃煮・朝倉さんしょ炊き込みごはんの素・コウノトリ育むお米」セット

3名様にプレゼントです!

「朝倉さんしょ」は、兵庫県の養父市八鹿町朝倉地区発祥の山椒で、江戸時代から400年近く育てられてきた伝統作物です。

なんと、あの豊臣秀吉も「うまい!」と絶賛したと伝えられる名産品なんですよ!

そして「コウノトリ育むお米」は、「コウノトリも住める安全な農法」を目指した「コウノトリ育む農法」で育てられたお米。

今回ご提供頂くのは、完全無農薬で育てたお米ですよ!

おいしいお米と伝統の山椒の組み合わせ。

これは絶対申し込まないと損ですよ!

抽選は、9月5日(土)の放送で行います。

みなさん、ドンドン応募下さいね!

〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど!

「8月の月間プレゼント」係

(ハガキのみの受付となります。ご了承下さい)

2014-08-15 (Fri) 10:00 maido 総合

夏休みまっただ中ということで、海へ遊びに行く人も多いかと思います。

海水浴場では、一般的に車を乗り入れるのは、もちろんNGです。

ところが、世界で3カ所だけ、車を乗り入れていいビーチがあるんですよ。知ってましたか?

一つは、ニュージーランドにあります「ワイタレレビーチ」

二つ目は、アメリカのフロリダ州にあります「デイトナビーチ」

なんだか、名前からして「車OK」っぽい名前ですね。

そしてもう一つは、なんと!日本にあるんです!

それは、石川県にあります「千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ」なんです。

そもそも、砂浜を車で走るのを禁止しているビーチが多いのは、マナーや安全の問題はもちろんですが、車にとっても砂浜を走るのは良くないからなんです。

本来、ビーチの砂は、砂粒が大きくて締まっていないので、車で乗り入れたらタイヤが砂にとられて、あっという間に身動きが取れなくなります。

これは4WDなどのオフロード専用車でも、避けられない現象です。

千里浜なぎさビーチで車が走られるのは、ビーチの砂粒の大きさが、普通の砂よりもきめ細かいので、砂がしっかり締まって、車が走るのに十分な固さになっているからなんです。

実際、大型観光バスも乗り入れ可能だそうで、一輪車で走ることも出来るそうです。

ただし、車が走れるような砂浜だから、車にダメージがないと思ったら大間違い。

海に面した砂浜を走るわけですから、当然、潮気たっぷりの砂が車体にこびり付きますし、潮風にさらされるだけでも車体に塩分が付着します。

走った後の洗車など、車のメンテナンスは、くれぐれもお忘れなく。

ご予約・お問い合わせは 0120-50-1515

2014-08-14 (Thu) 10:00 maido 一紀のツーと言えばカー!