CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

番組内容

毎週金曜日の午前10時からナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

  • 2018年12月4日(火) 10時00分 防災マッカセナサイ!

    「雪崩防災週間」のおしらせ

    日本列島は、国土の半分以上が豪雪地帯に指定されており、そこで2,000万人もの人が生活しています。

    兵庫県も、県内の3分の1が豪雪地帯に指定されており、雪崩危険箇所も1,982箇所あります。

    幸い、ここ数年、県内では雪崩の被害はありませんが、油断は禁物です。

    そこで、毎年121日から7日までを雪崩防災週間として、全国的に雪崩災害による人命と財産の被害を防止するための啓発活動を

    行っています。

    ここで簡単に、雪崩が起きるメカニズムをご紹介しましょう。

    雪崩とは、山の斜面に積もった雪が、滑り落ちてくる現象です。滑り落ちる雪の位置によって「表層雪崩」「全層雪崩」2種類に

    分けられます。

    「表層雪崩」は、気温の低い1月から2月頃、すでに雪が積もっている場所に、短時間に大量の雪が積もった場合に、多く発生します。

    大規模なものは、山の麓から数キロ先まで達することもあり、そのスピードは最大で時速200kmと新幹線並みの速さです。

    「全層雪崩」は、3月から4月の天気が良く気温が上昇した時に多く発生します。

    こちらは地表に積もっている雪が、全て滑り落ちてくるのが特徴で、最大80kmのスピードがあります。

    国土交通省では、昭和60年から雪崩予防柵を設置するなどの「雪崩対策事業」を実施しています。

    しかし、雪崩はいつどこで起きるか分かりません。

    もしも雪山の斜面に亀裂が入ったり、こぶし大の雪の塊が落ちてくるなどの現象が確認されたら、雪崩の危険がありますので、早めに避難しましょう。

    運悪く雪崩に遭遇したら、雪崩の進行方向に対して、出来るだけ左右の方向に逃げるようにしてください。

  • 2018年12月3日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(11月30日)

    11月30日のお題は木枯雑詠でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「木枯についシャンソンを口づさむ」
    「木枯に独り身となる確かさを」
    「木枯や電話のひとも未亡人」

    妙音新聞からは
    「木枯を引き裂いて行く救急車」(五條市 馬場廣道さん)
    「子等帰り咽ふしじまや木の葉雨」(枚方市 上西晴子さん)
    「木枯や浪速七坂古戦場」(八尾市 淺井祥多さん)
    「管長の遺墨の色紙冬の宿」(伊勢市 岩本彩さん)

    今週の上田秋成の句は
    「凩に松は鱗とならすかな」(無腸)
    「夜をひと夜おしだまりたり雪のまつ」
    「さみだれや路銭きらしてあすは江戸」

    続いてに出演者のみなさんの句をご紹介します。

    寺谷さんの句は、
    「木枯しの吹かぬ毎日 服軽く」
    「山峡に紅葉もえる秘湯宿」

    あっきんの句は、
    「まだ吹かぬ木枯いずこピープーと」
    「歳末の一日署長しっかりと」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。

    「木枯しや事前に来る日教えてや」赤穂市 風ちゃんさん)
    「木枯らしに何故か微笑み暮らしてる」茨木市 蒼龍さん)
    「木枯らしに外に出るのが いやになり」(姫路市 ラジオ部屋の怪人さん)
    「木枯らしが老犬介護終わり告げ」淡路市 お散歩おじさん)
    「木枯らしや さらうな足を歩く子の」篠山市 まさ・あっこさん)
    「木枯らしに敵意剥き出すバラの棘」(神戸市垂水区 健康第一さん)
    「木枯らしに枯れ葉が舞って冬告げる」神戸市北区 たけしさん)
    「枯れ葉舞う木がらし吹いて師走きた」豊岡市 ブタのブーん)
    「木枯らしに空と大地をつかむ木々」守口市 守口のタヌキさん)

    「冴えわたる月の光や冬の朝」茨木市 蒼龍さん)
    「歓声の子 泣く子里神楽来たる」篠山市 まさ・あっこさん)
    「宮参り 御利益は無し神無月」神戸市垂水区 健康第一ん)
    「運試しおみくじがわりの福袋」守口市 守口のタヌキさん)

    出演者の皆さんが選んだ句をご紹介します。

    寺谷さんが選んだ句は、
    「木枯らしを待ってるカイロ解禁日」(大阪市平野区 くずれ荘の管理人さん)
    「晴れて良し小春日和や風もなく」(神戸市垂水区 ますきさん)

    あっきんが選んだ句は、
    「木枯の吹く風舞うや寺の庭」(神戸市垂水区 ますきさん)

    大森さんが選んだ句は、
    「木枯を纏ってわたる渡月橋」姫路市 みよこん)
    「木枯や長きマフラー もう一周」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「愛犬と歩き通して逝く秋や」淡路市 お散歩おじさん)
    「有馬筆 覗く人形にもみじ散り」姫路市 みよこさん)

    今週の特選句は、

    「木枯らしが孫のマフラー遊んでる」(赤穂市 アンちゃんさん)
    「木枯らしに吹かれて決めた鍋料理」(大阪市天王寺区 オムライスさん)
    「窓ぎわで小春日和のオセロかな」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「熱燗につまみ板わさ鯛茶漬け」(赤穂市 風ちゃんさん)

    次回のお題は冬の日雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

    コーナー提供

  • 2018年12月2日(日) 10時00分 まいど!いらっしゃい!ようおこし!

    強力タッグの誕生です!

    11月最後のゲストは、大島椿株式会社の岡田一郎さんと、あっきんのお父さん!株式会社美昌樹園の吉川雅千さんでした。

    岡田さんの大島椿株式会社は、伊豆大島産の椿から抽出した椿油から、整髪料など様々な商品を造っている会社です。

    これまでにも、産地である伊豆大島の活性化のために様々な活動に取り組んでこられましたが、今回、原材料となる椿の森を再生させるためのプロジェクトを本格的にスタートさせました。

    そして、その椿の森を再生させる専門家として、力を貸すことになったのが吉川さんなんです。

    今やCNNからも取材が来る、日本を代表する造園家となった吉川さん。

    そんな吉川さんと岡田さんが協力することで、伊豆大島を再び「椿の島」として甦らせるなんて、すごいプロジェクトですね。

    番組でも、これからの動きに注目していこうと思います。

  • 2018年11月27日(火) 17時51分 防災マッカセナサイ!

    災害時の避難情報について

    今年も残りわずかですが、一年を振り返ると、日本全国で自然災害の多かったイメージが強いですね。

    いざという時、安全に避難するために大事なことは、非常時に発表される様々な避難情報の内容をしっかり理解しておくことです。

    災害の発生が予想される状況になると、テレビ、ラジオや防災無線などで、様々な避難情報が発令されます。

    この避難情報は、緊急性の高さに応じて

    避難準備・高齢者等避難開始」、避難勧告」、「避難指示緊急

    3段階に分かれています。

    この内避難勧告避難指示緊急について、その意味が今ひとつ理解されていないことが指摘されています。

    今回は、この二つの避難情報が発生した時に、とるべき行動について解説します。

    避難勧告が発表された時は、避難対象の地域にいる全ての方は、指定の避難場所へ避難を始めましょう。

    避難指示緊急は最も緊急性が高い避難情報です。

    すでに避難中の場合は、速やかに避難を完了しましょう。まだ避難行動をとっていない場合は、直ちに避難しましょう。

    そして、もしも避難先へ移動するのが困難になってしまった場合は、無理に移動

    せずに、「近隣の安全な場所への避難」「今いる屋内の、より安全な場所へ移動する」

    など、生命を守るために、その時点で出来る最善の避難行動をとりましょう。

    避難準備・高齢者等避難開始」、避難勧告」、「避難指示緊急

    この順番で、緊急性のレベルが高くなっていくことを覚えておいてください。

    そして、いざと言う時は余裕をもって、きちんと行動ができるように備えておきましょう。