CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

番組内容

毎週金曜日の午前10時からナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

  • 2018年6月12日(火) 10時24分 防災マッカセナサイ!

    「土砂災害防止月間」のお知らせ

    雨が多く降るこれからの時期、「土砂災害」の危険度が高くなります。

    「土砂災害」には、「土石流」「地すべり」「がけ崩れ」などがあります。

    兵庫県にはこうした「土砂災害」の発生するおそれがある「土砂災害警戒区域」がいくつあるか、ご存じですか?

    なんと、20,865カ所もあるんです!

    こうした「土砂災害」から身を守るために必要なことは何でしょう?

     

    まずは「日頃の備え」です。

    ・懐中電灯やラジオ、非常持ち出し品など準備しておきましょう。

    ・自宅の周辺の危険な場所は? いざという時の避難場所は?

    避難ルートに危険な場所はないか? など確認しておきましょう。

     

    次に大切なことは、「早めの避難」です。

    ・「山から地鳴りがする」「急に水が噴き出す」「湧き水や流水が濁る」など、明らかにいつもと違う現象を感じたら、早めに避難しましょう。

    ・気象情報や防災情報に注意しましょう。

    大雨による土砂災害が予想される場合、県と気象台は共同して「土砂災害警戒情報」を発表します。

    この情報は、住民の皆さんの自主的な避難行動を促すものです。

    また兵庫県では、市や町のどの地域が「土砂災害警戒情報」の発表基準を超えているか確認できる「地域別 土砂災害危険度」をインターネットや県内のケーブルテレビを通じて情報発信しています。

    身近な場所の危険度は、こちらの情報で確認してください。

     

    今週は、以下の場所で土砂災害についての防災知識などをまとめた啓発リーフレットの配布を行います。

    ・JR宝塚駅・阪急宝塚駅連絡通路:14日(木)13時~ 

    ・阪急芦屋川駅周辺:15日(金)14時~

    ・JR姫路駅前(中央改札北側出入口):15日(金)10時~

    お近くにお越しの際は、ぜひ受け取ってくださいね。

  • 2018年6月11日(月) 11時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(6月8日)

    6月8日のお題は」「雑詠でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「お茶室の蠅一匹に寄す視線」
    「道具部屋の忘れられゐて蠅叩き」
    「この窓の蠅のむくろをあわれとも」

    妙音新聞からは
    「牛小屋の天井に垂れ蠅取り紙」(堺市 河内紀雄さん)
    「過ぐる日に棕櫚で造りし蠅叩き」(伊勢市 岩本彩さん)
    「青蠅やむき出しにする闘争心」(練馬区 北星関子さん)
    「吊橋の揺れにあわせり蠅一群」(藤井寺市 竹村智巳さん)

    今週の上田秋成の句は、
    「蠅たかる懎のふん土のひる寝かな」(無腸)
    「蜂ハ巣をさぐるさま也藤ばかま」
    「葛水にぬさとりあへず御そぎ川」

    続いてに出演者のみなさんの句をご紹介します。

    寺谷さんの句は、
    「自動ドア我より先にハエの入る」
    「梅雨寒や筋肉痛の身にこたえ」

    アッキンの句は、
    「蠅叩き片手に持って追いかける」
    「懐かしの母校で仕事 梅雨前に」

    アルミカン高橋さんの句は、
    「赤阪の髪からハエが出てきたよ」

    アルミカン赤阪さんの句は、
    「蝿よりも好かれてみたい人の雄」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。

    「里の家 蝿捕りリボン活躍す」(神戸市垂水区 ますきさん)
    「乳しぼり はえも初乳をほしげなり」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「蠅叩き知らぬ振りする得意技」(淡路市 お散歩おじさん)
    「一匹の蝿に丸めた新聞紙」(篠山市 まさ・あっこさん)
    「ハエを追いご飯かきこむ少年期」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「蝿たたき息子のラケットそっと借り」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「夏の日は はえに用心 食当たり」(神戸市北区 たけしさん)
    「ほほピクリ憤る赤子 蝿の音」(姫路市 みよこさん)
    「夏霞 古道に杖刺す蝿参り」(守口市 守口のタヌキさん)
    「叩かれる一瞬蝿の覚悟かな」(交野市 星のブランコさん)

    「梅雨入りか よろこぶカエル カタツムリ」(豊岡市 ほないくえさん)
    「時の月や柱時計のボーンボン」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「紫陽花がキラキラ光る雨上がり」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「小雪かと見粉う黐の花の散る」(姫路市 みよこさん)
    「水しぶき苔生す岩戸に架かる虹」(守口市 守口のタヌキさん)
    「通学路 頭を撫でる若楓」(篠山市 まさ・あっこさん)
    「紫陽花や青と思いしうらぎられ」(赤穂市 アンちゃんさん)
    「立ち止まることを許さず夏の影」(交野市 星のブランコさん)
    「紫陽花の華が流れる通学路」(たつの市 悪魔の囁きさん)

    今週の特選句は、
    「ハエさんよ次はホタルに生まれ来い」(豊中市 ひろこさん)
    「蠅をみて割りばし持ちて武道家に」(神戸市西区 スレッガー3回さん)
    「幼い日 蝿取りリボンで切った髪」(たつの市 悪魔の囁きさん)
    「五月雨に軒のツバメも一休み」(淡路市 お散歩おじさん)
    「お堀にてアメンボたちの運動会」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「つのを出し梅雨を喜ぶ かたつむり」(神戸市北区 たけしさん)

    でした!

    次回のお題は卯の花」「雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    1954年、 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
    1960年得度、1965年辯天宗婦人部総裁に就任。
    文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など辯天宗文化部の発展に寄与。
    1995年、 大和礼法弁才御流興隆。
    1996年、大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    1997年茨木西ロータリークラブ会長。
    2009〜2010年RI2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。

    コーナー提供

  • 2018年6月9日(土) 09時59分 一紀のいろいろ万華鏡

    今月は「父の日」がありますよ!

    8日の「一紀のいろいろ万華鏡」では、一般社団法人 日本生活文化推進協議会 常務理事の金住謙一郎さんをお迎えして、今年で12回目を迎えます「ベスト・ファーザー賞 in 関西」について、お話を伺いました。

    「ベスト・ファーザー賞 in 関西」とは、全国規模で実施されています「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」の関西版として、各界の第一線で活躍し、かつ関西に縁のある方で「素敵な父親」という言葉に相応しい経歴の方に送られている賞です。

    今年の受賞者は、6月11日(月)に発表されます。一体、どんな人が選ばれるんでしょうね?

    他にも、金住さんたちはひとり親家庭の子どもたちに楽しい思い出を作ってもらうための「メイク・スマイル・プロジェクト」などの活動にも取り組んでおられます。

    番組コメンテーターの大田先生も、第6回「ベスト・ファーザー賞 in 関西」を受賞されて、この「メイク・スマイル・プロジェクト」でも、子どもたちに料理をふるまうなど、積極的に参加されているそうですよ。

    毎年6月第3日曜日は「父の日」ですが、家族のスタイルが多様化していく中、こうした試みが「父親」という存在の在り方について考えてみるきっかけになればいいですね。

    日本生活文化推進協議会 ベスト・ファーザー賞 in 関西 公式サイト

  • 2018年6月8日(金) 09時36分 メッセージテーマ

    地震!雷!火事!オヤジ!

    本日のメッセージテーマは怖いものです。

    というわけで、寺谷さん、吉川さん、アルミカンのお二人で「怖いもの」の代名詞「地震・雷・火事・オヤジ」をスタイリッシュに表現してみました!

    分っかるかなぁ?

    分っかんねぇだろうなぁ・・・

    メッセージをお待ちしています。

    メール:maido@jocr.jp
    FAX:078-361-0005