CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

番組内容

毎週金曜日の午前10時からナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

  • 2018年10月20日(土) 12時49分 一紀のいろいろ万華鏡

    今、シニアの演劇が熱い!

    19日の「いろいろ万華鏡」では、NPO法人劇研プロデューサーで高槻市文化振興事業団 理事の杉山準さん(右)劇作家・演出家の小原延之さん(左)高槻市シニア劇団「WakuWaku」メンバーのMadam KaKaさん(中央)をお迎えして、シニア世代の演劇ブームについて、お話を伺いました。

    高齢化社会と言われる今日ですが、リタイアしたシニアの方たちが、自ら演じることを通じて第二の人生を楽しむという流れが起きているそうです。

    演劇は、単なる「お芝居」ではなく、台本を作る、演者や裏方など役割を決めて動くなど、結構、頭も体も使う創作活動です。

    きっかけは、2006年に故蜷川幸雄さんが、劇団員全員が55歳以上という劇団「さいたまゴールド・シアター」を結成したのが始まりで、以来各地で、単なる趣味ではなく、本格的に演劇を追求するシニア劇団が生まれているそうです。

    高槻市では、2012年以降、高槻現代劇場を拠点に数々のシニア劇団が活動を始めているそうで、杉山さん、小原さんはそういた活動を支援されているそうです。

    そして、そんなシニア劇団「WakuWaku」で活動しているのがMadam KaKaさん。実は演劇経験は学校の学芸会も含めて全くなかったそうです。

    そんなMadam KaKaさんも出演する公演がこちら。

    高槻de演劇 秋のプログラム
    高槻シニア劇団 WakuWaku 第3回公演
    「一号棟一階南角にその保健室はある」

    日時:10月 27日(土) 11:00・15:30
       10月28日(日) 13:00
    場所:高槻現代劇場 305号室(全席自由)
    料金:1,500円
    お問合せ:高槻現代劇場 072-671-9999(10:00~17:00)

    演劇を通じて、新しい自分を発見してみるって、楽しそうですね!

     

    高槻現代劇場ホームページ

  • 2018年10月13日(土) 12時11分 一紀のいろいろ万華鏡

    味覚の秋、美味しいもの見つけ隊!

    12日の「いろいろ万華鏡」では「味覚の秋、美味しいもの見つけ隊」と題しまして、あっきん、アルミカンのお二人が、それぞれに「おススメの秋の味覚」をスタジオに持ってきた頂きました。

    まずは、あっきん。

    お酒大好きなあっきんの「秋の味覚」は、やっぱりこれ?

    「丹波の黒豆!」

    なんと、わざわざ丹波まで収穫に行ってきたそうですよ!

    酒飲みの執念、おそるべし!

    続いては、アルミカン高橋さん。

    大阪・梅田のスカイビルの近くにある、リンゴ専門のスイーツ店「elicafe(エリカフェ)」のリンゴパンケーキや

     全てのメニューがリンゴづくしという、こだわりのスイーツ店なんだそうですよ。

    最後は、アルミカン赤阪さんの選んだ一品!

    京都・福知山にあります、栗にこだわった焼き菓子専門店「足立音衛門」のパウンドケーキ。

    お値段、なんと10,000円!

    しかし、スタジオの皆さんの試食の感想は「美味しい!」のひと言!

    皆さんも、この秋、いろんな味覚を探してみて下さいね!

    番組 Instagramは、こちらです!

    寺谷一紀のまいど!まいど! 公式Instagram

     

  • 2018年9月29日(土) 12時50分 一紀のいろいろ万華鏡

    秋のお酒の楽しみ方

    28日の「いろいろ万華鏡」では、山形県にあります米鶴酒造の12代目当主、梅津陽一郎さん(右)と大阪営業所の土田耕啓さんをお迎えして、秋のお酒の楽しみ方「ひやおろし」についてご紹介しました。

    「ひやおろし」とは、冬場に造った新酒が劣化しないよう春先に加熱殺菌してから貯蔵して、ひと夏を超した秋頃に、「冷や」のままで出荷される日本酒のことで、昔から「秋の酒」として珍重されてきたそうです。

    江戸時代から300年の歴史を持つ米鶴酒造さんでも「ひやおろし」用の商品を造っているのですが、今年は好評につきすべて売り切れてしまったそうです。

    35年前から原料となる酒米造りから関わっていくお酒造りに取り組んできた米鶴酒造さんでは、こだわりの銘柄が多数あるそうです。

    中でも「限定純米吟醸 マルマス米鶴」という銘柄は「インターナショナルワインチャレンジ」という国際的なワインコンテストの日本酒部門で賞を受賞したそうで、海外の日本大使館でも「日本を代表するお酒のひとつ」として取り扱われているそうですよ。

    そして今回は、米鶴酒造オリジナルの酒米「亀粋」から造りました「米の力 純米亀粋」をプレゼントとしてご提供頂きました!

    来週の放送で抽選しますので、おハガキでご応募くださいね!

    〒650-8580 ラジオ関西「寺谷一紀のまいど!まいど!」

    日本酒プレゼント係

    米鶴酒造 公式サイト

  • 2018年9月22日(土) 10時00分 一紀のいろいろ万華鏡

    「母子茶」って知ってますか?

    21日の「いろいろ万華鏡」では、ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン統括料理長の小笠原靖彦さん(右)と山田海里さん(左)をお迎えして、兵庫県の伝統茶「母子茶(もうしちゃ)」についてお話を伺いました。

    「母子茶(もうしちゃ)」というのは、三田市の北部、標高500mの場所にある母子(もうし)地区で生産されている歴史あるお茶の銘柄ですが、近年は後継者不足などで生産量が減っているそうです。

    ラ・スイート神戸オーシャンズガーデンでは「地産地消」を掲げて地元産の食材を使ったメニューを提供しているのですが、今回、山田さんがこの「母子茶」のことを聞いて、アフタヌーンティーに取り入れることを提案。

    統括料理長の小笠原さんが「母子茶」を使った「お茶づくし」メニューを開発されたそうです。

    お茶尽くしアフタヌーンティー~HAIKARA~

    その時の様子は、こちらの番組インスタグラムでご覧いただけます。

    平日のお昼限定のアフタヌーンティーです。

    皆さんも、ぜひ「母子茶」の魅力を体験してみて下さい。

    ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン 公式サイト

  • 2018年9月8日(土) 10時00分 一紀のいろいろ万華鏡

    関西は、世界の注目の的!

    9月最初の「いろいろ万華鏡」では「関西におけるインバウンド事情」をテーマに、クルージングサービス「パイレーツ・オブ・オオサカ」を展開している村田志郎さんとペイマン・ルッドギャルミィさんにお越しいただきました。

    お二人が運営されている「パイレーツ・オブ・オオサカ」は、主に大阪の道頓堀でクルージングサービスを展開していますが、その利用客の大半は、海外からの観光客なんだとか。

    そして意外と知られていないのが、大阪市内の観光地をお得に周れる「大阪周遊パス」。

    大阪市内を定額料金で観光できるという優れモノなんです!

    大阪周遊パス ホームページ

    もちろん「パイレーツ・オブ・オオサカ」も、この周遊パスでご利用いただけますよ!

    普段はあまり見ることのない、川面からの街並みを体験してみれば、新たな発見があるかもしれませんね!

    パイレーツ・オブ・オオサカ PIRATES OF OSAKA 公式サイト