CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

番組内容

ナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

  • 2020年9月5日(土) 10時00分 一紀のいろいろ万華鏡

    コロナに負けない!酒蔵の取り組みをご紹介しました。

    9月4日の「一紀のいろいろ万華鏡」は、株式会社今西清兵衛商店 代表取締役社長の今西清隆さんに電話出演して頂きました。

     

    今西清兵衛商店は奈良の名酒「春鹿」の醸造元で、創業1884年(明治17年)の老舗。今年で136年になるそうです。

    辛口のなかでも醗酵の限界に挑戦した超辛口の「春鹿」を代表に様々なお酒を作っているとのこと。

    今年は、疫病を鎮めるといわれる妖怪『AMABIE』をラベルにしたお酒「春鹿 純米吟醸 AMABIEラベル」を販売したところ大人気で4日間で売り切れたそうです。

    毎年この時期には「酒蔵まつり」を開催しているそうですがコロナの影響で開催ができなくなってしまったそうです。

    しかし何か出来る事はないかと考え、今年の「酒蔵まつり」をオンラインで開催することにしたそうです。

    酒蔵まつり2020

    日程:10月4日(日)

    オンラインイベントへの参加は、「酒蔵まつり限定酒」を購入しラベルの裏のQRコードを読み取り応募フォームに登録するとオンラインイベントに参加できます。

     

    酒蔵まつり限定酒のテーマは、この状況に負けず希望を持って前に進んでいけるようにと「氣望~きぼう~」と名付けたそうです。

    「氣」は元気、運気、エネルギーを意味してるとのこと。

    あっきんも司会をするそうですので、興味のある方は是非参加してみてください。

    春鹿酒蔵まつり2020 ホームページ

  • 2020年8月29日(土) 10時00分 一紀のいろいろ万華鏡

    ゆったりアウトドアのススメ

    28日の「一紀のいろいろ万華鏡」は、「ゆったりアウトドアのススメ」と題して、ラ・スイート神戸ハーバーランドで開催中の「ラ・スイート ガーデンフェスト ~ワイン&ビアガーデン2020~」をご紹介しました。

    https://www.instagram.com/p/CEaP6NJnWto/

    ビアガーデンというとビール中心のイメージですが、「ラ・スイート ガーデンフェスト」はワイン中心のビアガーデン!もちろんビールも飲めますよ。

    寺谷さんとあっきんが取材したプランは「ラグジュアリープラン」でワインの種類が豊富で料理は見た目も味も本格的で贅沢な気分になれてとても良かったそうです。

    ロケーションも良く、神戸港が一望でき海風が心地良いとのこと。

    座席もゆったりとしているので密になることを防げるそうです。

     

    「ラ・スイート ガーデンフェスト ~ワイン&ビアガーデン2020~」

    期間:2020年10月31日(土)まで

    時間:17:30〜22:00 (最終入店20:00、フード21:00 L.O. ドリンク22:00 L.O.)

    場所:2階 ガーデンテラス

    料金:ラグジュアリープラン 6,500円   セレブリティープラン 10,000円   【女性限定】ディアウーマンプラン 6,500円

    詳しくはこちらをご覧ください。

    また、神戸みなと温泉 蓮ではプールやバーベキューを楽しむことができます。

    興味のある方は是非行ってみてください。

  • 2020年8月22日(土) 10時00分 一紀のいろいろ万華鏡

    コロナ時代の酒蔵 海外への飛躍!

    21日の「いろいろ万華鏡」では「コロナの時代の酒蔵シリーズ」第二弾ということで、以前マスクカバーの取り組みでも登場していただいた富山県の酒蔵、株式会社越乃めぐみの吉田憲司社長に電話インタビューしました。

    新型コロナウイルスの影響で日本酒業界も大きな打撃を受けていることは、様々なメディアで取り上げられています。

    そんな中、越乃めぐみでは「后」ブランドを中心に、より海外に目を向けた販売ルートの開拓に取り組んでいるそうです。

    実はコロナの前には、海外で日本酒が徐々に注目されてきていたそうで、吉田さんもそうした動きに併せて「后」ブランドをアピールしていこうとしていたとのこと。

    今の状況が落ち着いたら、さらに積極的に海外へ乗り出していくことを考えているそうですよ。

    これからの日本酒業界の動きから目が離せませんね。

    「后 Kisaki」オフィシャルサイト

  • 2020年8月15日(土) 10時00分 一紀のいろいろ万華鏡

    クラウドファウンディングで日本酒造り

    14日の「一紀のいろいろ万華鏡」は、京丹後市にあります竹野酒造有限会社 代表取締役社長の行待佳平さんに、現在取り組まれているクラウドファウンディングによる日本酒造りについて電話でお話を伺いました。

    行待さんがクラウドファンディングを始めたきっかけは、コロナの影響で厳しくなったが酒造りを続け新しいものを生み出したいと思ったからだそうです。

    また、コロナ後に世界にも日本酒を広げたいという思いも込められているとのこと。

    竹野酒造のクラウドファンディングは8月1日に始めたそうですが、出資によるリターンがとてもユニークで既に目標額を超えているそうです。

    リターンには、竹野酒造の銘柄「弥栄鶴」の斗瓶取り原酒や2020年の冬に一緒にお酒を造れる権利があります。

    「弥栄鶴」の斗瓶取りは、できるだけ酸化を防ぐため吊るしてから4時間以内に滴り落ちたものだけを取っているそうです。

    竹野酒造のクラウドファンディングは10月15日まで募集しているとのこと。

    詳しくはこちらをご覧ください。

    応援したいと思った方は是非参加してみてください。

    Yasakaturu ホームページ

  • 2020年8月8日(土) 10時00分 一紀のいろいろ万華鏡

    石川の伝統工芸と日本酒のコラボ!

    8月7日の「一紀のいろいろ万華鏡」は、石川県在住の「木地師」中嶋武仁さんに電話出演して頂きました。

     

    中嶋さんは石川県の山中で木で器のベースを作る木地師を30年間続けています。

    お父さんも木地師だったそうで、中嶋さんは2代目だそうです。

    山中漆器の特徴は木目が見えるように漆が塗られているいるのが特徴のため木地師の技術より必要だそうです。

    番組では中嶋さんが作った光が透けるほど薄く、空気のように軽い「ぐい吞み」を紹介しました。

    「ぐい吞み」を薄さを測るときは内側から光をあてどのくらい透けるかで測っているそうです。

    また薄くすることで飲み口の薄さが酒の切れに繋がり、内側の微妙なカーブは酒の流れ具合を調整しているとのこと。

    木地師は漆を塗ると見えなくなる仕事だそうですが、作品をより綺麗にするために隠れてしまう仕事でも手を抜かないそうです。

     

    スタジオでは、器によって飲み口が違うのかをアルミカンのお2人に試してもらいました。

    陶器と木のぐい吞みでは、木のぐい吞みの方が甘味や旨みがダイレクトに伝わってくるそうです。 

    グラスと陶器のおちょこでは、陶器のおちょこの方が柔らかく感じるそうです。

    日本酒をテイスティングするときはワイングラスのような口の広いグラスの方が良いそうですよ。

     

    中嶋武仁 廻 クリエイターページ