CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

  • 2019年10月14日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(10月11日)

    10月11日のお題は唐黍 ・去来忌」「雑詠でした。

    まずは、大森さんの句からご紹介します。
    「戦中の石噛む如き唐黍」
    「口中にはじけ唐黍飯甘し」
    「句の縁し今日のラジオの去来の忌
    「蕉風を今に伝えて去来の忌」

    妙音新聞からは
    「唐黍を湯でゝ黄金をいただきぬ」(日高郡 伊藤 秀一さん)
    「明日や唐もろこしのイエロ冴ゆ」(志摩市 仲谷 陽子さん)
    「ひたすらな時を得て焼くとうもろこし」(練馬区 北星 関子さん)
    「唐黍を喰はれて心荒ぶなり」(藤井寺市 竹村 智巳さん)

    今週は、向井去来の句をご紹介します
    「唐黍にかげろふ軒や玉まつり」酒堂
    「蕎麦にまた染かはりけん山畠」
    「山畑や青み残して冬構」
    「百なりていくらが物ぞとうがらし」


    今週の寺谷さんの句は、
    「去来忌や朗読も江戸の時代もの」
    「お三時に焼きモロコシの昭和かな

    あっきんの句は、
    「酒のしめ唐黍ご飯 最高だ」
    「去来忌に一人風邪引き玉子酒」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。
    「炭で焼く とうもろこしが香る秋(神戸市北区 たけしさん)
    「ひとつぶの黄色いコーンうまみギュ」(赤穂市 アンちゃんさん)
    「唐黍や一直線の道路脇」(淡路市 お散歩おじさん)
    「見て見てと とうもろこしの食べたあと」(豊岡市 ブタのブーさん)
    「参道の焼きモロコシと火男面」(大阪市守口市 守口のタヌキさん)
    「モロコシの泪残りし缶の底」(加東市 姫路のセントラルぱくっ~さん)
    「とうもろこし はじけて変身ポップコーン」(大阪府大阪市 ちひろさん)
    「幼き日トウモロコシでハーモニカ」(神戸市 ちょい丸親父さん)
    「ポタージュの口に残るやトーモロコシ」(姫路市 みよこさん)
    「とうもろこしモロコシ人と勘違い」(茨木市 蒼龍さん)
    「秋の虫 夜の鳴き声 涼し気に」(神戸市北区 たけしさん)
    「魚捌く こともなくなりハロウィン」(姫路市 さくら草さん)
    「焼き芋ノかおり換き立つ黄金色」(明石市 明石のレモントマトジュースさん)
    「温暖化 四季が無くなり句が詠めぬ」(茨木市 蒼龍さん)
    「秋の雲じっと見ている案山子かな」(淡路市 お散歩おじさんさん)
    「湯豆腐に紅葉おろしの色添えて」(大阪市守口市 守口のタヌキさん)
    「彼岸花 飛鳥の稲穂に赤い帯」(大阪市東住吉区 ラビットさん)
    「高騰で すだちが秋刀魚 待ち浴びる」(大阪市平野区 くずれ荘管理人さん)
    「柿の実をムクドリ制しカラスくう」(加古川市 しげおさん)
    「野分け来て倒れぬ様に にしき米」(多可郡 北はりまのムーミンパパさん)

    それでは出演者の皆さんが選んだ句をご紹介します。

    大田さんが選んだ句は、
    「カマキリのブローチもぞもぞ動きだす」(豊岡市 ブタのブーさん)

    大森先生が選んだ句は、
    「唐黍を咥えた獣 見てるだけ」(兵庫県丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「何処からか もろこし香る北海道」(多可郡 北はりまにムーミンパパさん)
    「朝どれのトウモロコシを丸かじり」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「秋の夜お酒が進むよラグビーで」(三田市 ひろちゃんさん)
    「去来忌や本棚整理 日が暮れる」(姫路市 さくら草さん)
    「去来忌や参る墓石の苔むして」(大阪府池田市 うさこさん)
    「去来忌に額に汗の散歩道」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「去来忌や日々を営み教え継ぎ」(兵庫県丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「去来忌や俳人仲間と句会行く」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「去来忌に何をか言わん知る由無し」(茨木市 蒼龍さん)
    「小倉山 嵯峨草庵に去来知る」(守口市 守口のタヌキさん)

    今週の特選句は、
    「祭屋台 焼きとうもろこしの香り立ち」(大阪府池田市 うさこさん)
    「トウキビを焼けば人来る夜店かな」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「秋しぐれ人込み抜けて去来塚」(姫路市 みよこさん)
    「去来忌や づくしの柿が落ちにけり」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「ノーベル賞 夫婦の絆ほほえまし」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)

    でした。

    次回のお題は渡り鳥雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    ※これまで紹介しました句をポッドキャストで聞くことが出来ます。

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。