CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

  • 2020年10月19日(月) 10時00分 大森保延のまごころ歳時記

    まごころ歳時記(10月16日)

    10月16日のお題は雑詠でした。

    まずは、大森さんの句から。
    「奈良盆地幾條煙る籾殻焼」
    「籾殻の焼けくすぶりて横一筋」
    「玉骨の館に置かれ籾摺臼」

    妙音新聞からは
    「疎開先籾殻小屋でかくれんぼ」(堺市 河内紀雄さん)
    「眼裏に家族総出の籾平」(御坊市 松本裕子さん)
    「稲わらの匂い残るや刈田かな」(鹿島郡 清水好子さん)
    「薄色の秋草の帯母の帯」(宇治市 古川正子さん)

    今週の藤岡玉骨の句は、
    「霧たちまち巻いて穂高の肩かくす」
    「はづむ音つまづく音も稲を扱く」
    「よぎりたるわが家の鼬籾むしろ」
    「いまはただ藁うつのみの砧槌」
    「籾摺の籾の二夕山あすのこと」

    続いて今週の寺谷さんの句は、
    「籾殻もリサイクルする令和かな」
    「マスク取りハッと気がつく金木犀」

    あっきんの句は、
    「旨し酒 細かな籾を取りにけり」
    「秋晴れに散歩しながら深呼吸」

    続いてリスナーの皆さんからの句をご紹介します。
    「籾の山 煙突刺して燻炭に」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「籾すりし香り漂う新米かな」(大阪市平野区 マサファイターさん)
    「籾焼きの煙がこもり子らが逃げ」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)
    「籾殻をついばむ雀冬支度」(神戸市垂水区 ちょい丸親父さん)
    「籾殻をかぶせ寒さを やわらげる」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「籾殻の枕に亡母気懐かし」(神戸市兵庫区 ラジオ派さん)
    「籾殻を撒くや騒がしすずめ達」(三田市 インコ・ママさん)
    「籾筵太陽光の惜しみなし」(三田市 キロマルさん)
    「新米を食し夢見の籾枕」(箕面市 箕面のとしジィさん)
    「木箱開け籾殻の中りんご出ず」(池田市 うさこさん)
    「籾選び春に備える篤農家」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)
    「雨を気に庭の筵に物を干す」(姫路市 みよこさん)
    「籾の殻集める孫の小さな手」(堺市 ニコニコオヤジさん)
    「空の白 浮かぶは雲か籾焼きか」(大阪市東淀川区 淀川ペンギンさん)
    「明日香路や籾がら焼きし かおりかな」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)
    「籾を手に満足そうな父の顔」(大阪市西成区 三児の母さん)

    「雨上がり香りのじゅうたん金木犀」(神戸市北区 マーブルさん)
    「カマキリも右往左往の散歩道」(淡路市 お散歩おじさん)
    「新米を食べて幸せ秋の空」(三田市 ひろちゃんさん)
    「細道に木の実転がる秋の風」(丹波篠山市 まさ・あっこさん)
    「稲雀蛤なるよな金色や」(大阪市福島区 恋するサボテンちゃんさん)
    「コスモスとローカル線の良きコラボ」(神戸市垂水区 垂水の玄さん)
    「秋雨は寒露に甘露 酒を呑む」(茨木市 阿修羅さん)
    「収穫の枝豆いっぱいエコバッグ」(川西市 心はいつも青春さん)
    「夜の闇独り占めたる木犀香」(三田市 キロマルさん)
    「枦干しの稲穂も見惚れる彼岸花」(箕面市 箕面のとしジィさん)
    「帰り道 薄暮に舞うやしろばんば」(草津市 グリーゼ581さん)
    「いずこより芳し香り金木犀」(池田市 うさこさん)
    「虫の音も遠くにきこえる秋深し」(大阪市東住吉区 ラビットさん)
    「野分来てまた巣篭もりと独り言」(大阪市平野区 気楽な隠居さん)
    「人すまぬ庭の柿の木鈴生りに」(姫路市 みよこさん)
    「出かけたいあの日のもみじ追思旅」(兵庫県高砂市 なたれゆしハルさん)

    ゲストの安倍さんが選んだ句は、
    「もみ殻を着せてよろこぶ花小鉢」(川西市 心はいつも青春さん)

    大森先生が選んだ句は、
    「籾を焼き大地の恵み祈りつつ」(淡路市 お散歩おじさん)
    「籾殻の山があちこち一段落」(茨木市 阿修羅さん)
    「籾殻のけむり薄暮に匂う道」(草津市 グリーゼ581さん)

    「寒波来て燗酒うまい夕げかな」(大阪市天王寺区 レトルトカレーさん)
    「紅葉狩りGO TO京都御朱印と」(赤穂市 風ちゃんさん)
    「台風を迎ふ雲形今いわし」(三田市 インコ・ママさん)
    「コロナ禍や人もまばらに運動会」(奈良県吉野郡 吉野の茶つみさん)

    今週の特選句は、

    「籾で焼く忘れられない芋の味」(神戸市北区 マーブルさん)
    「籾殻の山に飛び込み遊んだ日」(姫路市 姫路の夢太郎さん)
    「湯けむりで秋を感じる露天風呂」(大阪市平野区 くずれ荘管理人さん)

    でした。

    次回のお題は」「雑詠で募集します。

    お題にこだわらない句も歓迎ですよ。
    初心者の方も、子どもさんも大歓迎!どんどんご応募下さいね!

    〒650-8580 ラジオ関西 寺谷一紀のまいど!まいど! 「まごころ歳時記」係

    講評 大森保延さん
    昭和29年 辯天宗宗務総長大森慈祥氏と結婚。
          文化活動奨励室部長として、茶華道・俳句・絵画など
          辯天宗文化部の発展に寄与。
    平成7年  大和礼法弁才御流興隆。
    平成8年 大阪府より文化芸術表彰を受ける。
    平成9年 茨木西ロータリークラブ会長。
    平成21年
     〜22年 国際ロータリー2660地区IM2組ガバナー補佐に就任。
    昭和39年7月~平成29年6月 辯天宗婦人部総裁
    大阪府更正保護協会理事。
    茨木市更正保護推進協議会副会長。