CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

  • 2017年7月11日(火) 11時07分 防災マッカセナサイ!

    弾道ミサイルへの対策のおしらせ

    つい先日、北朝鮮がICBM(大陸間弾道弾)の発射実験に成功したというニュースが世界中を驚かせたのは、皆さん記憶に新しいかと思います。

    これまで、あまり現実味がなかった弾道ミサイルの脅威ですが、最近の国際情勢を見る限り、日本でも「あり得ない話」では無くなってきています。

    そこで政府では、弾道ミサイル落下時の行動について、国民の皆さんにとっていただく指針をまとめました。

    弾道ミサイルは、発射から10分程度で日本に到達する可能性があります。

    ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合、国からの緊急情報を瞬時に伝えるシステム「Jアラート」を活用して、

    ・防災行政無線で、特別なサイレン音とメッセージを流す

    ・携帯やスマホの緊急速報メールで緊急情報を流す

    といった方法で、国民の皆さんに伝えます。

    注)製造時期が古い携帯電話や、いわゆる格安スマホなどは、本体の仕様上、緊急速報メールの受信機能が最初から無い可能性があるので、緊急速報が受信できるアプリなどを入れておきましょう。

    国民保護に係る警報のサイレン音

    このサイレン音と緊急メッセージが流れたら

    ・屋外にいる場合は、出来る限り頑丈な建物や地下に避難する。

    ・建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。

    ・屋内にいる場合は、窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。

    もし近くにミサイルが落下した場合、有毒物質が周囲に散らばる恐れがあります。

    ・屋外にいる場合、口と鼻をハンカチなどで覆い、現場からただちに離れて、密閉性の高い屋内または風上へ避難しましょう。

    ・屋内にいる場合、換気扇を止めて、窓を閉め、目張りをして室内を密閉しましょう。

    もしものときの緊急連絡の受信方法や避難行動について、県のホームページや内閣官房「国民保護ポータルサイト」で事前に確認しておきましょう。

    内閣官房 国民保護ポータルサイト