CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

番組内容

ナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

  • 2022年1月17日(月) 10時36分 まいど!いらっしゃい!ようおこし!

    令和、期待の料理人をお迎えしました!

    1月14日のゲストは、大田先生のお弟子さんで若き料理人のお二人、岡本美幸さん(左)と出雲仁哉さん(右)にお越しいただきました。

    お二人ともまだ20代前半とお若いですが、昨年12月に開催された第59回技能五輪全国大会の日本料理部門に出場して、岡本さんが金賞、出雲さんが銀賞を受賞されたそうです。

    普段のお仕事の合間に、日々料理の腕を磨くべく、様々な努力を続けてきたお二人の姿に、大田先生も「必ず入賞できる」と思ったそうですが、結果は二人で金賞と銀賞という快挙に!

    情熱をもって仕事に取り組む若い人の姿を見ると、世の中まだまだ捨てたもんじゃないなと思いますね。

    現在、お二人は大田先生の「天地の宿 奥の細道」で料理の腕を振るっているので、ぜひ一度訪ねてみてくださいね。

  • 2022年1月15日(土) 15時00分 防災マッカセナサイ!

    「ひょうご安全の日のつどい」のおしらせ

    兵庫県では、毎年117日を「ひょうご安全の日」と定め、様々な事業を通じて、震災の経験と教訓を、次の世代につなげています。

    今年は、新型コロナの感染防止対策を徹底した上で、昨年と同様、追悼行事のみを実施します。

    会場は、HAT神戸の「人と防災未来センター」慰霊のモニュメント前で、追悼行事は1120分から、約1時間の予定で行います。

    当日は、新たに高校生による鎮魂の和太鼓演奏をオープニングで行う他、小・中・高校生の未来に向けたメッセージの発表など「震災を経験していない若者への経験・教訓の継承」をアピールします。

    また、阪神・淡路大震災の経験と教訓を発信するため、会場内で復興の歩みを紹介する映像を放映するとともに、兵庫県のWeb配信サービス「ひょうごチャンネル」でも配信を実施します。

    ひょうごチャンネル

    さら「人と防災未来センター」を無料開館しています。防災・減災のための体験や様々な情報を自由にご覧いただけます。

    会場では、感染防止策を徹底していますので、防災への意識を高める機会として、安心してご参加ください。

     

  • 2022年1月15日(土) 10時00分 一紀のいろいろ万華鏡

    非常食、備えてます?食べてます?

    1月14日の「いろいろ万華鏡」では、1月17日を控えて最新の非常食事情についてご紹介しました。

    ひと昔前まで非常食と言えば「水と乾パン」が定番でしたが、阪神淡路大震災や東日本大震災などの大規模災害の経験を踏まえて、ビックリするくらいバリエーション豊かな非常食が誕生しているんですよ。

    スタジオでは、寺谷さんが厳選した非常食を試食してみました。

  • 2022年1月14日(金) 06時50分 メッセージテーマ

    備えあれば患いなし!

    本日のメッセージテーマは用心してます!です。

    もうすぐ阪神淡路大震災から27年。

    近い将来に発生が予想される南海トラフ地震など、災害はいつ襲ってくるか分かりません。

    寺谷さんは、しっかり非常食を揃えているようですが、あっきんは・・・日本酒!?

    それで大丈夫!?

    メッセージをお待ちしています!

    メール:maido@jocr.jp

    FAX:078-361-0005

    番組 Instagramは、こちらです!

    寺谷一紀のまいど!まいど! 公式Instagram

  • 2022年1月10日(月) 10時00分 医療どぉ~ナル!

    ひとり親家庭の年末年始は?

    2022年最初の「医療どぉ~ナル!」では、年末年始にひとり親家庭がどのように過ごしたのか、支援活動を続けている「シンママ大阪応援団」の寺内順子さんにお話を伺いました。

    コーナー提供