CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

寺谷一紀のまいど!まいど!

番組内容

ナニワのアナウンサーこと寺谷一紀が神戸をキーステーションに生放送でお送りする関西ええとこまるかじりの情報ワイド番組。
毎回多彩なゲストをスタジオにお迎えして、“聴くカルチャー”をコンセプトに、格調高く個性的にお届けしています。

  • 2020年8月9日(日) 10時00分 まいど!いらっしゃい!ようおこし!

    歌い続けて111曲!金田たつえさんにお越しいただきました

    8月7日のゲストは、歌手の金田たつえさんにお越しいただきました。

    ご存じ「花街の母」で紅白歌合戦にも出場した金田さん。7月22日に発売した新曲「女房です」で111曲目を迎えたそうです。

    実は「花街の母」が売れるまでに6年かかったそうで、くじけそうになった時もありましたが「きっと良いことがあるから」と言ってくれた人がいたから頑張れたとのこと。

    現在はコロナの影響でお客さんの前で歌う機会がなくなっていますが、逆にお客さんに力を貰っていたことを改めて感じたられたそうです。

    娘さんから「いつでもお客さんの前で歌えるように」と言われて、現在は家で毎日歌の練習を続けているそうですよ。

     

    番組では新曲の「女房です」をご紹介しました。

    実は金田さんは「女房です」を歌っていると、いろいろ考えさせられるので恥ずかしいんだとか。

    歌詞が昔の自分と被っている所もあり、若い頃はこんな感じだったなと思うそうです。

    ぜひ聴いてみてください。

    女房です/妻よ~愛しき相棒よ~

  • 2020年8月2日(日) 10時00分 まいど!いらっしゃい!ようおこし!

    ブラジルより魂を込めて!

    31日のゲストは、歌手のエドアルドさんでした。

    ブラジルはサンパウロ生まれのエドアルドさん。

    幼いころに家庭の事情で日系人家庭で育てられたそうですが、その時に聴いた「浪花節だよ人生は」が歌手を目指すきっかけになったそうです。

    26歳の時、一念発起して来日するとアルバイトをしながらの下積み生活の末に、2015年「母きずな」という曲でデビューを果たしました。

    そんなエドアルドさんは、現在千葉県在住なんですが、USJの年間パスまで持っているほど関西が大好きなんだそうですよ。

    番組では、5月20日にリリースされた新曲「しぐれ雪」を披露して頂きました。

    現在は、新型コロナウイルスの影響でキャンペーンなども出来ない状況ですが、そんなハンデも吹き飛ばすくらい心を打つ歌でした。

    エドアルド オフィシャルサイト

  • 2020年7月26日(日) 10時00分 まいど!いらっしゃい!ようおこし!

    歌手の道越裕海さんにお越し頂きました

    24日のゲストは、歌手の道越裕海さんにお越し頂きました。

    寺谷さんがパーソナリティーを勤めていますFM千里の番組でアシスタントとして活躍中の道越さん。

    歌手になろうと思ったきっかけは、実は歌手を目指していたお母さんがステージに立つ姿を見たり、ご実家がカラオケ喫茶をしていたりと身近に歌手の方をみる機会が多かったそうで、物心ついた頃には「自分も歌手になりたい!」と思っていたそうです。

    その夢をお母さんに伝えたときは随分反対されたそうですが、今では誰よりも前に出て応援してくれているそうですよ。

    残念ながら、1月頃から新型コロナウイルスの影響でライブが中止や延期になり、現在はほとんど仕事がない状況が続いているとのこと。

    そこでデビュー15周年の4月27日にYouTubeチャンネルを開設して配信をスタートしたそうです。

    その「ゆうちゃんねる」では「お家で出来るボイストレーニング」などを配信していますよ。

     

    今回の放送では道越さんの曲「きずなみち」と「小さな力」をご紹介しました。

    「聞いてくれたひとが笑顔になれるように」とういうメッセージ込めて歌、リスナーのみなさんの心に届いたでしょうか?

    道越裕海 オフィシャルブログ

  • 2020年7月19日(日) 10時00分 まいど!いらっしゃい!ようおこし!

    今こそ日本の科学の底上げを!

    17日のゲストは「子どもの理科離れをなくす会」代表の北原達正さんにお越し頂きました。

    北原さんが「子どもの理科離れをなくす会」を作ったきっかけは、日本の学校教育に対して疑問を持ち、このままでは自分の子どもも就職できない世界になると思ったからだそうです。

    というのも、日本のメディアでは「科学は大事」と言うわりに、肝心の日本の教育は子どもたちに「科学で将来何ができるのか」を示していないため、実践的な科学教育に繋がらないそうです。

    なので北原さんの塾では将来の仕事につながる最先端科学を教えることをコンセプトにしているとのこと。

    放送を聴いてお子さんをを参加させたいと思った方はこちらをご覧ください。

    子どもの理科離れをなくす会 ホームページ

  • 2020年7月12日(日) 10時00分 まいど!いらっしゃい!ようおこし!

    コロナに負けるな! お好み焼き「千房」の挑戦をご紹介しました

    本日のゲストは、お好み焼き「千房」でおなじみ千房ホールディングス株式会社 代表取締役社長の中井貫二さん(写真右)とマーケティング部次長の小山佳昭さん(写真左)にお越しいただきました。

    今回の新型コロナウイルスの影響で、「千房」も4月から5月中旬まで全店で休業したそうですが、そのシャッターには「負けへんで 絶対ひっくり返したるっ」とインパクトのあるポスターを貼っていました。

    この言葉は小山さんが「休業のお知らせする際に前向きな気持ちを込めた休業の告知をしてほしい」と中井さんに頼まれて考えたとのこと。

    世間では、ほとんどの会社が社員の給与減や、最悪の場合、解雇などの方策を取らざるを得ない状況でしたが、「千房」ではアルバイト含め雇用は守り抜き、ボーナスの代わりに一時金と中井さん自ら手書きした激励の手紙を大入袋に入れて、中井さん自ら日本国内の店舗を回り従業員の方に手渡したそうです。

     

    そんな厳しい状況でも挑戦する姿勢は崩さず、6月11日には東京虎ノ門ヒルズにプレジデント千房「琥(こはく)千房 虎ノ門」をオープンさせました。

    「琥」のメニューは食材・エンターテインメント性などすべてにこだわり考えたそうです。

    食後のコーヒーには最高級銘柄の一つコピ・ルアクコーヒーを使用しているとのこと。

    価格設定も、ディナーは数万円という設定にしたそうで、開店前は会食などで使われることを想定していましたが、予想以上に幅広い層の方々が来店しているそうです。

    皆さんも機会があれば行ってみてください。

    千房 公式ホームページ